残便感 改善 便秘解消

残便感につながる「器質性便秘(きしつせいべんぴ)」とは

残便感 改善

 

残便感は、なかなか治らない便秘でお腹が張っていたり、便が出そうで出ない感覚があったり、腹痛を伴うとさらに辛いものです。
勤務中や外出中は自由にトイレに行けないことも多いので、一刻も早く便秘からくる残便感を改善したいのに、便秘解消に効くと言われることをいろいろ試したけど治らない・・・そんな人は「器質性便秘(きしつせいべんぴ)」かもしれません。

 

便秘と一言で言っても、実はいくつか便秘の種類があり、一般的な便秘解消法では改善されない場合もあります。

 

まずは、便秘の種類と、その対策を知り、適切な改善方法に取り組んでみましょう。

器質性便秘は、一般的な便秘解消法では改善されません

残便感 改善

 

残便感を引き起こす便秘は、「器質性便秘」と「機能性便秘」に分かれます。
「機能性便秘」は普段の生活習慣などにより、腸などの消化器官の機能低下が要因で起こる便秘で、さらに「一過性便秘」と「習慣性便秘」に分かれます。
また、「習慣性便秘」は、「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」の3つに分かれます。

 

一方、「器質性便秘」は何かしらの疾患が原因となる便秘のため、食物繊維の摂取など一般的な便秘解消法では改善されません。

 

 

「器質性便秘」の特徴は?

 

残便感 改善

器質性便秘とは、腸に何らかの障害が起きて便のスムーズな通過が困難になっている症状を指します。

 

通常は食べたものは体内に取り込むと消化管を通過し、胃→小腸→大腸→肛門という経路をたどります。
しかし、なんらかの疾患により大腸が正常に働かなくなっていたり、腸管が狭くなるなどの形質異常が起きていたりすることで、排便がうまく行えずに便秘になる状態を、器質性便秘と言います。
この正常な排便が行われない状態で起こるのが、残便感です。

 

また、器質性便秘の場合、残便感以外にも次のような症状が併発している場合があります。

発熱
吐き気、嘔吐
ひどい腹痛
便に血液や粘液が混じる
突然の便秘

以上の症状を伴っている場合は、迷わず病院で受診してみましょう。

 

場合によっては一刻を争うような病気であることもあります。
ひどい便秘症状で残便感が生じていて、発熱などの他の症状があり不安や心配な時は、あれこれと悩まずに、早急に医師の判断を仰ぐことをおすすめします。

 

たかが便秘くらいで病院なんて・・・と思う人も多いようですが、便秘をあまく考えてはいけません。

 

器質性便秘を引き起こす様々な病気

器質性便秘は、疾患に由来するもので、時には命に関わる深刻な疾患が潜んでいる場合があります。
たかが便秘・・・と軽く考えずに、まずは病院で受診してみることが大切です。

 

では器質性便秘の原因となる疾患例を見ていきましょう。

 

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)

ストレスやプレッシャーを感じると下痢や便秘になってしまう「過敏性腸症候群」は、下痢のみ、便秘のみ、または下痢と便秘を交互に繰り返すなど、症状には個人差があります。

 

ストレスがかかる場所に行こうとすると急に腹痛が起きたり、下痢をしたりします。
症状がひどくなると通勤等に影響が出てしまったり、腹痛が起きる不安でさらにストレスがかかり、外出ができなくなってしまったりなど、普段の生活自体にも影響を及ぼすこともあります。
また残便感が苦痛をもたらせます。

 

これは、脳が不安やストレスを感じると、腸が痙攣して蠕動運動が強くなるため、このような症状が起きてしまうのです。
ストレスは腸の動きに直接影響するのです。

 

 

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)

ストレスにより自律神経が正常に働かない状態を言います。
残便感の他、心の不調をきたすことも多く、情緒不安定、イライラ、不安感、うつなどの症状も出ます。

 

自律神経が乱れると、腸の動きをコントロールしている副交感神経の働きが低下するため、蠕動運動が不活発になってしまい、便秘を引き起こします。
原因不明の便秘と下痢を繰り返している人は、自律神経失調症になっている可能性もあります。

 

自律神経失調症は、疲れが取れない、ふらつき、めまい、ほてり、冷え、動悸、息切れ、頭痛、胃痛、便秘、下痢、嘔吐、しびれ、イライラなど他にも症状は様々あります。
人によって一つの症状だけの人もいれば、複数の症状に悩まされる人もいます。
症状が現れたり消えたりする人もいるなど、症状の現れ方にも個人差が大きいのが特徴です。

 

 

大腸ポリープ(だいちょうぽりーぷ)

大腸にできるいぼのようなものを大腸ポリープと言います。
1mm程度のものから5cm以上といろいろな大きさのものがあるようです。
ポリープと聞くと、がんを心配してしまいますが、約8割が腫瘍性のものと考えられていて、全てががんになる訳ではありません。

 

自覚症状がほとんどないため、気づかないことも多いようです。
また、ポリープが進行してくると、便秘や下痢、血便、腹痛などの症状が出ます。
残便感があったり、下痢や便秘を交互に繰り返す場合も注意が必要です。

 

 

大腸がん(だいちょうがん)

大腸がんの罹患率は増加傾向にあり、40歳以上で年齢とともにその発症率は高まります。
がん死亡原因をみても女性第一位、男性第三位が大腸がんとなっています。

 

大腸がんは初期症状がないため、がん検診を受けて初めて気づくケースも多いようです。
たかが便秘と思って放置していると、知らずにがんが進行していることもあります。

 

大腸がんができやすい部位は約7割が肛門に近い直腸とS状結腸です。
直腸とS状結腸は便が長時間留まりやすい部位なので、慢性的に残便感があり便秘状態であれば、発ガン物質が直腸やS状結腸に留まり、発ガンの危険性も高まってしまうのです。

 

大腸がんになる原因としては食事の欧米化、運動不足、不満、ストレス、遺伝要因、高齢などがあります。
それらの多くは便秘の原因とも一致しており、慢性的に便秘状態であれば、大腸がんになる危険性も高まると言えます。
食生活に気をつけて、運動不足解消やストレス解消を心がけましょう。

 

 

腸閉塞(ちょうへいそく)、イレウス

腸閉塞は、腸の一部が狭くなるなど、食べ物が腸内をスムーズに通過できずに、詰まってしまい、排泄できなくなります。
そのため残便感や激しい腹痛、吐き気、嘔吐、悪心などを伴います。
嘔吐が続くと、小腸や大腸に詰まった内容物が逆流して、嘔吐物は下痢のような臭いになります。

 

腸閉塞は、腫瘍や癒着などの器質的な原因で起きる「機械的腸閉塞」と、腸の運動機能障害が原因で起きる「機能性腸閉塞」があります。
腹膜炎を起こすこともあるので早急に受診しましょう。

 

 

大腸憩室症(だいちょうけいしつしょう)

憩室(けいしつ)とは、腸管内側の壁が一部外側に袋状にとびだしたものです。
大腸に複数の憩室がある状態を大腸憩室症といい、多くは自覚症状がないようです。
腸運動の異常から便秘や下痢などが起きることがあり、過敏性腸症候群に似た症状です。

 

その憩室に便がたまり、血管を傷つけたことで炎症を起こすと「大腸憩室炎」になります。憩室炎になると、残便感や強い腹痛、発熱、下血といった症状を伴います。

 

 

巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう)

巨大結腸症は、肛門近くの結腸が異常に拡張し、蠕動運動が正しく機能しなくなり、便秘や残便感を引き起こします。
後天性の巨大結腸症の原因としては、手術後の腸管癒着や薬の副作用、代謝異常、腫瘍などが挙げられます。

 

 

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)

子宮筋腫は、月経の経血量が増える、不正出血、重い生理痛など、様々症状が現れますが、筋腫そのものが大きくなることで便秘を生じることもあります。
また筋腫の手術後、腸管が癒着することで起きる場合もあります。

 

子宮筋腫が大きくなると、筋腫が周囲の臓器を押しのけ、圧迫します。
膀胱が圧迫されれば頻尿となり、大腸が圧迫されると便秘になります。
下腹部が異様に出っ張り、触ると固い感触がする場合には早急に受診しましょう。

 

また手術後、腸管が癒着してしまうことで便秘になると、癒着した部分に腹痛が起きます。
癒着による腸の通過障害が起きてしまうと、腸の蠕動運動が異常に活発化し、強い腹痛が起き、便が肛門に移れなくなる便通障害が起きてしまうと、残便感の他、吐き気や嘔吐などの症状が現れ、痛みが強いと腸閉塞の可能性もあります。

 

 

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)

女性の方で普段は快便なのに、急に便秘になったという場合は、卵巣の病気のサインかもしれません。

 

卵巣嚢腫は、重い生理痛や頻尿、便秘、残便感が生じることがあります。
卵巣が肥大化し、周りの器官を圧迫することで頻尿や便秘を引き起こします。

 

卵巣は「沈黙の臓器」と言われる程、ほとんど症状が現れないため早期発見が難しいと言われています。
症状が現れるようになったときには、既に卵巣がこぶし程の大きさになっていた、ということもあり、卵巣は多少腫れていても自覚症状が少ないのが特徴です。

 

便秘が続いていたり、腹痛や不正出血があったり、ウエストサイズが極端に大きくなったなど異変を感じたら受診してみましょう。

 

 

骨盤内腹膜炎(こつばんないふくまくえん)

骨盤内腹膜炎とは、性感染症の一種で、骨盤内の子宮や卵巣、卵管などの器官を覆う腹膜が炎症を起こすもので、女性特有の病気です。
膣からの細菌感染が原因となりますが、性行為、免疫力低下により起こります。

 

症状が慢性的になると骨盤内の臓器が癒着を起こし、下腹部痛、お腹の張り、便秘、下痢、残便感などを起こします。

 

 

頸椎症(けいついしょう)

頸椎症とは、頸椎(首の骨)の間の椎間板が圧迫されることで、首の痛みや手足のしびれなどが起きます。
頸椎症は首の痛みだけでなく、身体のゆがみが生じることで自律神経が乱れ、自律神経は腸の動きをコントロールする働きもあるため、それにより便秘、残便感などの身体の不調を引き起こします。

 

最近はゲームやスマホを長時間使用する事で、頸椎症になるケースが増えています。
長時間下を向いていることで首がずれやすく頸椎症になるのです。
忙しい仕事のストレス発散に、ゲームやスマホを見ている人も多いと思いますが、やはりやり過ぎは禁物です。

 

 

低カリウム血症(ていかりうむけっしょう)

低カリウム血症は、体内のカリウム不足により、血液中のカリウムの濃度が下がってしまう状態です。
カリウムが減少すると、腸の蠕動運動が抑制され、腸内に便がたまってしまい、便秘となり残便感を感じることがあります。

 

拒食や過度の飲酒など、極端に偏った食生活により、長期間にわたってカリウムの摂取が不足することが一因として考えられます。

 

また嘔吐や下痢が続いたり、下剤を多量に服用したりすることで、カリウムが体外に大量排出してしまうこともあります。
甘草を含む漢方薬の長期服用もカリウムを大量排出する原因となるので、過剰服用には注意しましょう。

 

カリウムを多く含む食品はアボカド、納豆、バナナ、ほうれん草、スイカ、枝豆、パセリなどが挙げられます。

 

 

裂肛(れっこう)

裂肛は、肛門が切れる、いわゆる切れ痔の状態です。
便秘や下痢の便通異常で裂肛になってしまうことがあります。
その裂肛により、排便時の痛みを伴うので、便意を我慢してしまいがちです。
そして便意を我慢することで、さらに便秘となり残便感を感じる、という悪循環に陥ってしまうのです。

 

便秘の場合は、便の水分が減り、非常に硬くなっていることがあります。
時には石のような状態の時もあります。
その硬くなった便を力いっぱいいきんで出そうとすると、裂肛になるだけでなく、血圧の急上昇により脳出血などを起こす場合もありますから、要注意です。

 

 

本態性低血圧症(ほんたいせいていけつあつしょう)

本態性低血圧症は、常に血圧が低い状態であることです。
生まれつきのもので遺伝性もあると言われ、朝の目覚めが悪かったり寝つきが悪かったり、便秘のほかにも原因不明の腹痛や頭痛、倦怠感、残便感があります。

 

血圧が低いと胃や腸に十分な血液が行き渡らないために、便秘になりやすいのです。

 

しかしながら、健康診断等でも、血圧が高い場合と比べると、低いことに対しては特に注意を促されたり、改善を提案されたりすることは少ない印象です。
その分、血圧の低さに気付かない人も多いかもしれませんが、立ちくらみ・めまい・疲労感といった原因不明の体調不良は、販売員として働く上で、業務に支障が出ることもあります。
また、そのような体調不良がストレスの原因ともなりますし、そのストレスから便秘につながることもあります。

 

 

※これらの疾患は一例です。
あらゆる情報を参考にまとめていますが、記載内容がすべて正しいとは限りません。
なかなか治らない便秘や残便感に苦しんでいる方は、自己判断ではなく、まずは受診することから便秘の原因を特定しましょう。

 

器質性便秘は、まず受診から

残便感 改善

器質性便秘の場合、食生活や生活習慣の改善など、一般的な便秘解消法では効果がありません。
いろいろ試してみたけど、いっこうに便秘が解消されない・・・と悩んでいる人は、病院で受診して、まずは便秘の原因を特定することから始めましょう。

 

原因も分からず長期間続く便秘や残便感、さらには腹痛、出血、嘔吐などの症状が伴う場合は早急に専門医に診てもらいましょう。
疾患から由来する器質性便秘の場合、便秘を解消するための方法を探るのではなく、疾患そのものを治療することから始めなくてはいけません。
中には命に関わる疾患の場合もあります。

 

受診には内科、胃腸科、消化器内科、大腸肛門科(肛門外科)など、また女性特有の病気の場合は婦人科がありますが、「便秘外来」があれば、便秘について知識豊富な専門医による治療が受けられるのでオススメです。
しかし近くに便秘外来がない場合は、大腸肛門科に行きましょう。ただ、ここで気をつけないといけないのは、専門医がいる肛門科を選ぶことです。内科などで併設している肛門科の場合、肛門科の専門医ではないことが多く、適切な診察がされないこともあります。触診でお腹の張りを診ることやレントゲンを撮ることで、便秘の状況が分かったり、他の病気がないか血液検査や大腸内視鏡検査を行ったりすることもあります。

 

原因が分かっている器質性便秘からくる残便感

腸に疾患があることが分かっていて、治療中もしくは経過観察中などの場合、腸内環境を整えることで残便感が緩和されることがあります。

 

まとめ

1 一般的な便秘解消法を様々行ってみても改善されない場合は「器質性便秘」の可能性があります。

 

2 器質性便秘は、何らかの疾患により、腸管が狭くなるなどの原因で起きる便秘なので、まずはその疾患に対する治療が必要です。

 

3 器質性便秘には深刻な疾患が隠れているかもしれないので、早急に受診してみましょう。

 

4 便秘外来がおすすめですが、近くにない場合は、専門医がいる大腸肛門科を受診しましょう。

 

5 原因が判明している器質性便秘による残便かの場合、腸内環境を整えることで緩和されることがあります。

 

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る