残便感 むくみ 便秘

残便感を引き起こす便秘から起きる症状「むくみ」

スポンサーリンク

残便感,むくみ,便秘,腸内環境
残便感を引き起こす原因の一つに、便秘があります。また、便秘が「むくみ」を引き起こすことがあるのです。

 

  • 一日が終るといつも脚はパンパン・・・
  • 朝起きたらなんだか顔がパンパン・・・
  • マッサージやむくみ防止の着圧ソックスなどで、むくみ対策!と心がけているはずなのに、なんだかむくみが解消されない・・・

 

そんなすっきりしない「むくみ」が気になっている人はいませんか? 実はその「むくみ」、便秘が原因かもしれません。

 

便秘とむくみは密接な関係があり、むくみに悩んでいる人の約7割が便秘にも悩まされているとも言われています。特に女性に多い「便秘」と「むくみ」、どちらの悩みも解消出来るように、その原因と対処法を見ていきましょう。

 

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

 

むくみが気になっている人の多くが、便秘でも悩んでいる事実があります。

 

残便感を引き起こす便秘を放置していると、むくみもひどくなることがあります。このようなむくみの解消には、根本的な便通改善が必要で、腸内環境を整えることが必須となるのです!


 

「むくみ」が便秘によって起きるメカニズム

残便感を引き起こす便秘。その便秘によってむくみが生じることがあるのです。

 

では、どうして便秘によってむくみが起こるのか、そのメカニズムを見ていきたいと思います。

 

便秘が「むくみ」を引き起こす

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

便秘になると、長期間腸内にたまった便は腐敗し始め、スカトールやインドールなどの有毒ガスを発生させます。排出されずに体内に充満した腐敗ガスは、下腹部の静脈やリンパ管を圧迫します。すると血液の流れが滞り、水分が一部分に溜まってしまい、「むくみ」が生じてしまうのです。

 

さらに、圧迫されることでリンパ液や静脈血の流れが悪くなるため、脚に体液が蓄積されむくみはひどくなります。

 

水分だけじゃない!「毒素」の蓄積がむくみを招く

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

便が腐敗し有害な毒素を出すと、腸壁から水分とともに毒素も吸収されます。そして毒素は血液の中に送り込まれ、体内を巡ります。

 

体内では毒素をリンパに乗せ肝臓等に送り込もうとしますが、あまりにも毒素の量が多いと、この働きも滞ってしまうのです。そのため毒素は身体中の細胞にたまってしまい、むくみを引き起こします

 

水分が滞るだけでなく、便秘は毒素の蓄積をさせてしまうことからもむくみを起こしてしまうのです。

残便感の原因は水分不足からくる便秘。1日何Lの水を飲めば良い?

 

自律神経の乱れ

便秘とむくみが同時に発生しているときは、自律神経の乱れから生じていることがあります。自律神経の乱れから生じる便秘として「痙攣性便秘」が考えられます。痙攣性便秘は「ストレス性便秘」とも言われ、悪化すると便秘と下痢を繰り返す「過敏性腸症候群」や「自律神経失調症」を引き起こす可能性もあります。

 

また、自律神経は常に交感神経と副交感神経がバランスを取っていますが、そのバランスが乱れてくることを自律神経の乱れと言います。自律神経の中でも、腸の動きをコントロールしているのは「副交感神経」です。交感神経は活発な時に働いているのに対して、副交感神経は睡眠時やリラックスしているときに働く神経です。リラックスできる時間が取れずストレスがたまってしまったり、疲れているけれども寝つけない・・・という場合は、本来副交感神経が働くべきところ、交感神経が働いてしまっていると言えます。

 

そして、睡眠時、体は眠っていますが、副交感神経が働き、腸の動きをコントロールしています。眠っている間にも腸は動き、便は作られているのです。便秘解消のためにも、リラックスできる時間やストレス解消を意識し、十分な睡眠をとり、自律神経をバランス良く働かせましょう。

残便感の原因はストレスによる便秘や下痢。過敏性腸症候群にも注意!

 

女性に多い「便秘」と「むくみ」

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

むくみは、男性よりも女性に多く見られる症状です。

 

その原因の一つに、女性は男性よりも「皮下脂肪」が多い点が挙げられます。皮下脂肪が多いほど体液はたまりやすくなるのです。

 

また、下半身の皮下脂肪が多いほど便秘も起こりやすいと言われています。ぽっちゃり体型の人は特にむくみやすい体質になってしまっているとも言えるので、注意しましょう。

 

そして、皮下脂肪は、冷えが原因で増えてしまうのです。身体には体温が下がったり冷えたりすると、脂肪をため込むことで保温する働きがあります。締め付けの強い服装で血行が悪くなったり、日頃からスカートなどで脚が冷えやすかったりすると脂肪がつきやすくなってしまうのです。

 

便秘にもむくみにもダイエットにも、冷え対策は非常に重要です。入浴の際に、薬用ホットタブ重炭酸湯を入れることで体の芯まで温まり、血行促進に冷え対策、湯冷めを防止して快眠を誘う効果が期待できます。体を温めることで、便秘や残便感改善、むくみ解消につながります。

薬用ホットタブ重炭酸湯の詳細はこちらから

 

顔や脚だけじゃない!「むくみ腸」も要注意

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

顔や脚だけでなく、腸がむくむ「むくみ腸」をご存知ですか。

 

大腸は腸壁を通じて、便に含まれる水分を吸収しています。その水分がうまく排出されないと、腸管がむくんでしまい、「むくみ腸」となってしまいます。

 

むくみ腸の原因は様々ありますが、主に腸の血流障害が原因と言われています。腸の血流が滞ることで水分がスムーズに流れずに、その水分が腸壁にたまり、むくみが発生するのです。そしてこの血流障害は便秘や、下剤の使用で引き起こされると言われています。

 

腸がむくむと様々な影響をおよぼします。

太りやすくなる

腸そのものの働きが鈍くなってしまい、糖や脂質の分解障害を起こす事があります。そうなると、エネルギーがうまく消費されずに太りやすくなります。

 

しかも便秘で、さらにむくんでいる状態は、余計な老廃物がたまっているせいで脂肪が燃焼しにくくなります。太りやすく、痩せにくい・・・という最悪なコンディションになってしまうのです。

 

風邪などにかかりやすくなる

腸には免疫細胞が最も多く存在すると言われています。腸内環境の悪化は免疫力に影響してしまうのです。
むくみ腸のままでいることは免疫力低下を引き起こし、風邪や感染症などにかかるリスクが高まり、感染すると症状も悪化しやすくなってしまいます。

 

便秘の解消を妨げる

慢性的に便秘気味の人は、腸がむくんでいる場合が多いと言われます。

 

【むくみ腸チェック】
当てはまるものがある場合、むくみ腸の可能性があります。

 

  • 3日以上便通がない状態が1ヶ月に数回ある
  • 下剤を5年以上使用している
  • 膨満感が常にある
  • 残便感が毎回ある
  • おならが臭い

 

「むくみ腸」は便秘が慢性化している人に多く見られ、様々な弊害を引き起こします。早急に生活習慣や食生活を見直し、腸内環境を改善していきましょう。

 

「むくみ」に病気が潜んでいることも

多くの人がむくみに悩まされていると思いますが、慢性的なむくみが1週間以上続いたり、生活に変化がないのに突然むくみに悩まされるようになったりした場合は、何らかの病気が潜んでいることもあります。

 

むくみは便秘だけが原因ではなく、血管や肝臓、腎臓、心臓などが危険信号を出しているという可能性もあるのです。

 

下肢静脈瘤

静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れてしまうことで、血液が逆流し、血液が脚に溜まってしまう血管の病気です。
悪化すると、たまった血液により肌が黒ずんだり、湿疹やかゆみが生じます。

 

肝臓の病気

血管内に水分を保持するアルブミンという成分が、肝臓が弱っているとうまく生成されなくなります。
すると動脈の水分が血管の外に出やすくなり、静脈では血管に水分が戻りにくくなり、むくみを引き起こします。

 

腎臓の病気

腎臓が弱っていると、身体の中の余分な水分を尿として排出出来なくなり、むくみの原因になることがあります。

 

その他、血液を送り出す心臓が原因であったり、ほかの病気であったりする可能性もあります。いつもと違うむくみが気になる場合は、自己判断で放置せずに受診してみましょう。

 

多くの人を悩ませる「むくみ」

一般的にむくみを発生させやすい要因として下記のものが挙げられます。

  • 長時間同じ姿勢でいる
  • ヒールの高い靴を長時間履いている
  • アルコール、塩分、水分の摂り過ぎ
  • 寝不足など

 

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

長時間立ちっぱなしの勤務が多い販売員や座りっぱなしの事務員にとっては、むくみの要因は他の職業より多く当てはまると言えるでしょう。同じ姿勢が続くことは同様にむくみになりやすいので注意が必要です。

 

またエアコンが効きすぎた職場での勤務、ヒールを履いての長時間勤務など、血行不良を招く環境は、便秘にもむくみにもよくありません。そして、管理職になるとオーバーワークになりがちで、運動している時間もなく、夜遅く帰ってゆっくりする間もない・・・という人は、ストレス解消もできず、心身ともに悪循環に陥ってしまう事があります。なるべく日々マッサージやむくみ防止のグッズの活用、リラックスタイムとして薬用ホットタブ重炭酸湯でゆっくり入浴するなど、セルフケアを行っていきましょう。

 

便秘もむくみも、多くの人が悩みの種になっているでしょう。たかがむくみと放置していると、症状の悪化にストレスを感じ、心身ともに悪循環に陥ってしまい、仕事にも影響が出てしまいます。健やかな生活を送るためにも、便秘とむくみを根本的に解消していくことが重要です。

 

残便感を引き起こす便秘による「むくみ」の解消法

残便感の原因となる便秘によるむくみを解消するには、便秘の解消が一番重要です。
すぐにできる一般的なむくみの解消法を取り入れながら、むくみと便秘、両方の症状を緩和させていきましょう。

 

【便秘の原因となること】

 

まずは便秘の原因となることを知り、当てはまることがあれば、改善するようにしていきましょう!

 

残便感を引き起こす便秘の原因1 残便感の原因は睡眠不足からくる便秘。良質の深い眠りでスッキリ!
残便感を引き起こす便秘の原因2 残便感の原因は食生活の乱れからくる便秘。和食生活で解消できる!
残便感を引き起こす便秘の原因3 残便感の原因は水分不足からくる便秘。1日何Lの水を飲めば良い?
残便感を引き起こす便秘の原因4 残便感の原因は便意の我慢からくる便秘。朝の排便習慣で心配無用
残便感を引き起こす便秘の原因5 残便感の原因はストレスによる便秘や下痢。過敏性腸症候群にも注意!
残便感を引き起こす便秘の原因6 残便感の原因はダイエットや服装からくる便秘。意外なところに落とし穴
残便感を引き起こす便秘の原因7 残便感の原因は腸内環境の乱れ。善玉菌を増やせばスッキリ快便!

 

水分補給を十分に行う

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

便秘には十分な水分補給が必要です。目安としては食事も含めて、1日1.5〜2リットルを摂取するように意識してみましょう。

 

むくみを気にして水分を摂るのを控えている・・・という人もいるかもしれませんが、これは逆効果です。水分を摂取することは、血流を促進し、老廃物排出を促し、むくみにはむしろ効果的なのです。

 

どうしても水分摂取からのむくみが心配・・・という人は、一度水分の取り方について見直してみましょう。

 

冷たい水を一度に大量に飲むのではなく、常温の水をコップ1杯程度をこまめに飲むようにしましょう。塩分の多い食事は、食後に大量に水を飲んでしまいがちです。そうなるとむくみの原因になるので、バランスのいい食事と便秘が解消されるとしっかり食事を取ってもむくみが気にならなくなりますよ。

残便感の原因は水分不足からくる便秘。1日何Lの水を飲めば良い?

 

ゆっくり入浴し、余分な水分を排出する

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

ゆっくり入浴することは、水分の排出だけでなく、リラックスするためにも非常にオススメです。

 

副交感神経の働きを高め、睡眠にもいい影響を与えてくれます。便秘にもむくみにも非常に効果的ですので、忙しいから毎日シャワーで済ませてしまいがち・・・という人こそ、ゆっくり入浴できる時間をとるように心がけましょう。薬用ホットタブ重炭酸湯を使用すると、体の芯までポッカポカに温まりますのでおすすめです。

 

ストレスをためこまない

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

ストレスを抱えこんでしまいがちな人ほど、便秘やむくみになりやすく、便秘やむくみの症状が辛いと、その症状自体がストレスとなり、悪循環になりがちです。

 

自分に合ったストレス発散法をみつけ、普段からできるだけストレスを溜め込まないように心がけてみましょう。

残便感の原因はストレスによる便秘や下痢。過敏性腸症候群にも注意!

 

運動を習慣づけ、代謝を促す

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

代謝が悪いとどうしてもむくんでしまいがちです。
軽い運動でいいので、体を動かすことを習慣にすると、代謝を促し、むくみにも便秘にも効果的です。

 

特にウォーキングは、全身の血流を促進させることができるのでオススメです。ストレス解消にもつながり、自律神経のバランスが安定すると胃腸の働きにもいい影響を与えてくれます。

 

便秘とむくみに効果的な食事を意識する

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

便秘とむくみの解消には、食生活の見直しも重要です。塩分の多い食事や、辛い食べ物などを好んで摂る人は、できるだけ薄味で脂肪分の少ない食事に意識的に変えていきましょう。濃い味付けは体液を濃くし、リンパが詰まりやすくなり、むくみの原因になります。

 

食生活の改善には、便秘とむくみの両方に効果的な栄養素を覚えておくと便利です。「マグネシウム」と「カリウム」には次のような効果があります。

  • マグネシウム・・・水分を腸内に吸収させ便を柔らかくする
  • カリウム・・・体内の塩分濃度を下げ尿として排出する

 

納豆

マグネシウムが豊富な食べ物に「納豆」があります。納豆は便秘に効果的な食物繊維やオリゴ糖も乳酸菌も含まれています。整腸効果と共に、体内の血流を良くする効果もあるので、朝食など毎日の食事に積極的に取り入れていくことをオススメします。

 

きゅうり

むくみ解消には「きゅうり」もオススメ食材です。きゅうりに含まれる水溶性食物繊維が便を柔らかくし、また血中の塩分を吸収する働きもあるためむくみに効果があると言われています。

 

ココア

むくみに効く意外な飲み物に「ココア」があります。ココアにはマグネシウムが多く含まれています。またリグニンという成分も含まれていて、善玉菌のエサになるため、腸内環境を整える働きがあるのです。

 

腸内環境を整え、血液の流れを良くする食生活を意識すると、便秘とむくみを解消するだけでなく、免疫力を高めるなど、身体にもいい影響を与えてくれるでしょう。

残便感の原因は食生活の乱れからくる便秘。和食生活で解消できる!

 

腸内環境を整えて、便秘によるむくみ解消

便秘によるむくみを解消するには、便秘を解消することが一番重要です。そして、残便感をも引き起こす便秘は、腸内環境を整えることが根本的に便通を改善することにつながります。便秘(や下痢)になっている時は、腸内の悪玉菌が増えて腸内環境が乱れていますので、積極的に善玉菌を増やすことが大切なのです。

 

腸内の善玉菌を増やすには、いくつかの方法があります。

 

オリゴ糖で腸内のビフィズス菌(善玉菌)を活性化する

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

腸内環境を整えるのに、一番のおすすめはオリゴ糖です。オリゴ糖は腸内のビフィズス菌(善玉菌)のエサとなり、活性化させて増やす働きがあります。腸にもともとすんでいる菌を増やすので、もっとも効果が期待できるのです。そして、腸内のビフィズス菌は30種類以上あると言われていて、それぞれに好みのオリゴ糖が変わるため、好みのものでないとエサとすることができません。そのため、配合されているオリゴ糖の種類が多い方が良く、イチオシは、「カイテキオリゴ」になります。

 

「カイテキオリゴ」は最多の6種類ものオリゴ糖と、スッキリ効果を高める食物繊維が2種類配合されています。さらに、独自のEOS理論によって製造されていて、腸内のビフィズス菌をほぼ活性化させることができるのです。これは、「カイテキオリゴ」独自の方法で、これにより、多くの方が効果を実感しているのです。

 

そして、「カイテキオリゴ」は、コーヒーや牛乳などに入れて飲んだり、熱に強いので料理に入れて調理をしても摂取ができます。手軽に摂れるため、毎日続けていくことができるのです。

オリゴ糖でビフィズス菌を活性化させるなら「カイテキオリゴ」

 

乳酸菌(善玉菌)を口から摂って増やす

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

直接口から乳酸菌を摂って、腸内の乳酸菌(善玉菌)を増やす方法があります。乳酸菌というと、ヨーグルトを思い浮かべますが、ヨーグルトに配合されている菌は腸に届く前に胃酸や胆汁の影響で死滅してしまうことがほとんどなのです。また、腸内の乳酸菌は食生活や居住環境によって種類が変わるため、より多くの種類を摂ることが必要です。

 

そこでおすすめなのは、「乳酸菌革命」です。「乳酸菌革命」は、ビフィズス菌やラブレ菌、ガセリ菌という三大乳酸菌をはじめ、16種類もの乳酸菌がギュッと詰まっているサプリメントです。しかも、腸に生きたまま届きやすい有胞子乳酸菌で、耐酸性カプセルを採用して胃酸などから乳酸菌を守る工夫がされています。

 

また、1日2カプセルが摂取目安で、ヨーグルト10個分の乳酸菌を摂ることができるのです。手軽に簡単に豊富な乳酸菌を摂ることができるので、毎日続けやすいのです。

手軽に豊富な乳酸菌を摂って善玉菌を増やすなら「乳酸菌革命」

 

ケフィア(発酵乳)で善玉菌を増やす

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

発酵乳で善玉菌を増やしたい場合は、「オリジナルケフィア」がおすすめです。「オリジナルケフィア」は、ヨーグルトに似た発酵乳ですが、ヨーグルトよりも酸味が少ないため食べやすいものです。また、ヨーグルトは1〜2種類の乳酸菌で発酵していますが、「オリジナルケフィア」は多種の乳酸菌と多種の酵母で発酵しているため、より善玉菌を増やしやすいのです。

 

さらに、「オリジナルケフィア」は、自宅で常温で発酵することができ、牛乳だけでなく、豆乳や加工乳でも作れます。種菌を入れるものを変えると、味や食感が変わりますので、毎日飽きずに続けることができるのです。

発酵乳で善玉菌を増やすなら、「オリジナルケフィア」

 

乳酸菌発酵エキスで直接体に有用な成分を届ける

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

今まで、あらゆる乳酸菌サプリメントを試したけれど、効果をあまり感じられなかった、という人には、「善玉元気」がおすすめです。「善玉元気」は、他の乳酸菌サプリメントとは全く異なり、乳酸菌発酵エキスが配合されているのが大きな特徴です。乳酸菌発酵エキスは、短鎖脂肪酸や必須アミノ酸、遊離アミノ酸など352種もの体に有用な成分が含まれています。そして、その有用な成分を直接体に届けることができるため、胃酸の影響や乳酸菌の種類などを考慮する必要がなく、効果を得やすいのです。

 

「善玉元気」は、食べやすく、持ち運びにも便利な、スティックゼリー型です。粉末やカプセルを飲み続けるのが苦手な人にも、デザート感覚で食べられる「善玉元気」は非常におすすめです。美容効果が高い成分も配合されていますので、便通改善以外の効果も期待できます。

食べやすいスティックゼリーの乳酸菌発酵エキス配合「善玉元気」

 

残便感,むくみ,便秘,腸内環境

 

腸内環境を整えて便通と残便感改善、むくみ解消をするならば、イチオシは、「カイテキオリゴ」と「乳酸菌革命」のダブル摂取!2つの方法を一度に試すことで、効果的に善玉菌を増やすことが期待できます。

 

また、毎日のヨーグルト習慣を「オリジナルケフィア」に変えたり、美容効果もある「善玉元気」を取り入れるのもおすすめです。


 

まとめ

1 残便感の原因の一つは便秘です。便秘を放置すると、「むくみ」の原因となることがあります。
2 便秘になると、腸内にたまった便が腐敗し、発生した有毒ガスが排出されずに体内に充満すると下腹部の静脈やリンパ管を圧迫し、血流が滞り、水分が一部にたまることで「むくみ」を発生させます。
3 顔や脚だけでなく腸がむくんでしまう「むくみ腸」があります。慢性的に便秘がちな人は、腸がむくんでいると考えられ、身体に悪影響を及ぼします。
4 慢性的なむくみが1週間以上続くようであれば、何らかの病気のサインかもしれません。早急に受診しましょう。
5 便秘を解消するには、原因を改善すると同時に、乱れた腸内環境を整えることが重要です。腸内環境尾整えることで便秘になりにくくなります。

【腸内環境を整えるのに、おすすめのアイテム】
オリゴ糖でビフィズス菌を活性化させるなら「カイテキオリゴ」
手軽に豊富な乳酸菌を摂って善玉菌を増やすなら「乳酸菌革命」
発酵乳で善玉菌を増やすなら、「オリジナルケフィア」
食べやすいスティックゼリーの乳酸菌発酵エキス配合「善玉元気」

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る

 

スポンサーリンク