残便感 イライラ 不安

残便感による便秘から起きる症状「イライラ・不安定」にはこんな原因もあった!

スポンサーリンク

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘
残便感が生じる原因の一つは便秘です。便秘になるとイライラしてしまう・・・普段から便秘がちだと、そう感じている人も少なくないでしょう。

 

便秘が続くとお腹が張って辛いですよね。しかし便秘によるイライラの原因はそれだけじゃないんです。

 

心身共に元気でいないと、仕事をするにも、日常の些細なことをするにも、非常に辛いものです。そうならないためにも便秘で起きる症状「イライラ・不安定」について、メカニズムや対処法を見ていきましょう。

 

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

 

腸の動きと精神状態は密接な関係があり、ストレスは直接腸の働きに影響してしまいます。

 

便秘になるとイライラして精神的に不安定になり、さらにそのストレスが便秘を引き起こす・・・という悪循環を招いてしまうこともあります。


 

 

「イライラ・不安定」が便秘によって起きるメカニズム

便秘によって、「イライラ」や「不安定」が起きる原因ついて見てみましょう。

 

便秘による有害物質「アミン化合物」

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

残便感の原因である便秘になると、本来排出されるはずの便がスムーズに排出されずに腸内にとどまってしまいます。腸にとどまる時間が長くなると、便は腐敗して有害物質を発生させ、腸内は悪玉菌が増加してしまいます。

 

その有害物質の中に「アミン化合物」があります。悪玉菌によって作り出されたアミン化合物は自律神経の機能を乱し、イライラの原因となるのです。

 

自律神経とは

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。
活動している時は交感神経が優位に働き、睡眠中やリラックスしている時は副交感神経が優位になります。本来は交感神経と副交感神経がバランスを取りながら、体の様々な働きをコントロールしているのですが、このバランスが乱れると、体の不調や精神的に不安定な状態を引き起こしてしまうことがあります。

 

単に便が出ないからイライラするというだけでなく、腸内で発生した有害物質「アミン化合物」が自律神経のバランスを乱してしまうことも、イライラの原因だったのです。

 

幸せホルモン「セロトニン」の不足

精神状態を脳に伝達する「セロトニン」という物質があります。「幸せホルモン」とも呼ばれ、落ち着きや眠気のような、静的な「快」を与える働きがあります。

 

そのセロトニンは95%が腸で作られていると言われています。腸がきれいになると、セロトニンが活性化し、心の病気や不安等を解消しやすくなります。しかし便秘で腸の中が汚れていると、セロトニンが不足して、不安やストレスが増すようになってしまいます。

 

腸をきれいにすることは便秘解消だけでなく、精神の安定にもつながるのです。

 

イライラがさらに便秘を悪化させる

「副交感神経」は腸の動きをコントロールしています。副交感神経は睡眠中やリラックスしているときに働くので、副交感神経を正常に機能させるためにも十分睡眠をとることやリラックスする時間はとても大切です。

 

しかしイライラやストレスをためこむと、交感神経が優位になりすぎて、副交感神経が正常に機能しなくなることがあります。すると自律神経のバランスが乱れ、腸の動きにも大きな影響を与えてしまいます。

 

ストレスがたまると便秘になったり、緊張すると下痢になったりするという人も多いでしょう。特にイライラした状態は便秘を悪化させてしまいがちです。ストレスの多い現代社会では、全くストレスなく働くのは難しいことですよね。しかし便秘とイライラの悪循環に陥らないように、なるべくストレスはためこまないように意識しましょう。

残便感の原因はストレスによる便秘や下痢。過敏性腸症候群にも注意!

 

便秘以外でも・・・「イライラ・不安定」を招く病気

便秘以外でも、イライラと落ち着かない状態が続いたり、イライラからつい周囲の人にあたってしまったり・・・そんな症状が起きることがあります。

 

一時的なものであれば、気分転換をしてみたり、ストレス解消できるようにその原因に対してアプローチしてみるのですが、訳もなくイライラしたり、不安定な精神状態が続く場合は、病気が原因である可能性もあります。

 

月経前症候群(PMS)

生理前のイライラに悩む女性も多いでしょう。
排卵によって女性ホルモンのバランスが変わり、イライラしやすくなり、生理が始まるとだんだんなくなっていきます。
生理前イライラしてくるのはあきらめるしかない、と思っている女性は多いと思いますが、婦人科を受診し、緩和できることもあります。
婦人科の受診はなかなか行きづらい・・・という若い女性の方もいると思いますが、もしそのような症状で悩んでいるようなら一度受診してみてはどうでしょうか。

 

働く上でも、生理前のイライラは避けたいものです。
いつでも万全な体調で働くためにも気になるような場合は、受診してみましょう。

 

自律神経失調症

ストレスなどにより自律神経のバランスが崩れ、体の不調だけでなく精神的にも影響が出てきます。
神経が敏感に反応するようになってしまい、以前なら気にもしなかったことでついカッとなってしまったり、日常的にイライラしたりしている、という症状が出てきます。
ほかにも原因不明の不安感や緊張感、動悸、息苦しさ、不眠、また頭痛、微熱、便秘、下痢など体の不調も引き起こしてしまいます。

 

仕事のストレスによって自律神経失調症になってしまう方もいます。重症化してしまうと大変ですので、過度なストレスや働きすぎには注意しましょう。

 

うつ病

憂鬱になってふさぎ込んでしまうだけが、うつ病ではありません。
イライラや怒りの感情を抑えられなくなったり、またそういったことで気分が落ち込んでしまったり、自分で感情をうまくコントロールできなくなっていまいます。その感情の起伏に悩み、次第に他者との接触を取りたくなくなってしまうこともあります。

 

近年、うつ病により求職したり退職したりする方が多いようです。会社員として働く中でも、売り上げノルマやクレーム対応など大きなストレスの要因となりそうなこともあります。一人で抱え込み過ぎないよう注意しましょう。

 

更年期障害

40代〜50代の女性で、訳もなくイライラしたり、気分が落ち込みやすくなったり、他にもむくみやほてり、動悸等があるようなら、更年期障害かもしれません。

 

女性ホルモン「エストロゲン」の減少が原因で、その分泌が低下すると「セロトニン」の機能が低下してしまいます。セロトニンが不足することで感情がコントロールできなくなってしまいます。

 

更年期なんてまだ先の話・・・と思っている年齢の人でも、生理不順や無月経の場合は、更年期障害と同じ症状が現れる「若年性更年期障害」の可能性もあります。特に働き続けている女性は、非常にハツラツとしていて若い印象を受けることが多いと思います。しかしながら、年齢とともに体の変化は出てきますので、たまにはゆっくりと自分の体と向き合ってみることをおすすめします。

 

甲状腺の異常

甲状腺系のホルモンに異常が出るケースです。

 

代表的な甲状腺異常の病気に「バセドウ病」があります。男性よりも女性の発症が多く、特に若い女性の割合が多い病気です。精神的な疾患ではなく、甲状腺のホルモンが高値になったことで次のような症状が現れます。

 

  • 感情が不安定になり起こりやすくなる
  • 神経が過敏になりリラックスできない
  • 音に敏感になる
  • 訳もなく泣いてしまう

 

甲状腺の異常がある場合は、甲状腺がある喉仏の下辺りが腫れ上がっていたり、動悸やむくみなどがあります。症状が当てはまる人は、受診して検査を受けましょう。

 

「イライラ・不安定」が日常生活に及ぼす影響

「イライラ・不安定」である状態のまま日常生活を送っていると、知らず知らずのうちにトラブルを招いてしまうかもしれません。

 

仕事がおろそかになる

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

精神的に不安定なままでいると、自分では気づかぬうちに業務態度がおろそかになり、その結果、トラブルにつながることにもなりかねません

 

体調が悪いときに仕事が順調に進まないのと同様に、精神的に不安定な状態ではどうしてもいい仕事はできなくなってしまいます。その結果、取り返しのつかないミスを犯したり、大クレームという事態を招いたり、さらにそれがストレスとなり便秘が悪化、という悪循環も引き起こしかねません。

 

人間関係の悪化

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

生活をしている限り、仕事でもプライベートでも人間関係がつきものです。

 

職場の人間関係が良好であることは、仕事をする上で大事な要素です。常にイライラしていると、後輩に対してきつくあたってしまったり、逆に上司からも注意されたりと、職場での人間関係に影響してしまいます。その結果、業務に支障が出たり、職場に居づらくなったりしてしまうこともあります。

 

またプライベートにおいても、友人やご近所、親戚、子供を通した保護者同士の関係など、あらゆる人間関係があります。些細なことであっても、不安定な気持ちのまま接すれば、思いもよらぬトラブルにつながってしまうことがあります。

 

そのような状態はストレスの原因にもなりますし、最悪、転職や転居も余儀なくされてしまいます。またストレスは、便秘の便秘の原因ともなりますので、残便感をさらに悪化させることにもなりかねません。

 

モチベーション低下

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

便秘によってイライラしたり、精神的に不安定な状態が続いたりすると、ミスやトラブルが発生しがちで、モチベーションの低下にもつながりかねません。
仕事でも家事でも、モチベーションが低下することで、何事にもやる気が起きなくなる可能性も出てきます。

 

また、精神的に病んでしまうと、うつ病などを発症してしまう可能性も出てきます。

 

便秘による「イライラ・不安定」の解消法

便秘が原因でイライラしてしまうときの対策は、やはり何と言っても「便秘解消」! そして「ストレス解消」が重要です。

 

ストレスの解消

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

仕事の悩みや人間関係、家事との両立、経済的問題・・・挙げればキリがないほど誰もが色々なところでストレスを抱えています。そしてそのストレスが便秘を引き起こすこともあります。

 

例えば、ノートに書き出してみる、誰かに話してみる、話しにくいことはSNSを利用してみたる・・・自分のイライラの原因をまずは吐き出すことから、そのストレス解消が始まる事もあります。自分の好きな趣味や運動をするのもいいでしょう。家事との両立で悩む人は、全力で頑張るのを少しやめてみるのも一つの手かもしれません。普段から積もり積もったイライラは、一旦リセットすると少し気が楽になるものです。

 

また、なかなか治らない手強い便秘を解消しなければ、そのイライラは続くのですから、なんとか便秘を解消するように、できることから始めてみましょう。

残便感の原因はストレスによる便秘や下痢。過敏性腸症候群にも注意!

 

今すぐ試せる!イライラ対策

原因である便秘がすぐに解消できればいいのですが、なかなかすぐには治ってくれない手強い便秘・・・。

 

まずこのイライラをなんとかしたい!という方は、次のことを試してみましょう。

 

温かい水分をとる

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

温かいものは気持ちを落ち着かせてくれる効果があります。
特に、ハーブティーは心を落ち着かせてくれる作用があるものもあり、リラックスするためにもオススメです。またハーブティーの中には利尿作用や腸内の善玉菌を増やしたり、悪玉菌を殺菌してくれたりする効果があるものもあるようです。
自分に合うハーブティーを探して、色々試してみるのもいいでしょう。

 

また同じ温かい飲み物でも、濃いコーヒーなどカフェインが多く含まれる飲み物は注意が必要です。カフェインは興奮作用がありますので、コーヒーや紅茶が飲みたい場合はミルクを多めにするのがオススメです。

 

ゆっくり入浴

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

忙しくていつもシャワーで済ませてしまう・・・という人も、ゆっくり入浴する時間を持つとリラックスでき、副交感神経の働きを高めてくれます。

 

特に半身浴がオススメです。半身浴は体の内側から温まるので血行促進にもなり、老廃物を排出してくれたり、気持ちを落ち着かせたりしてくれる効果もあります冷えは便秘を引き起こしやすいので、便秘解消のためにも、ゆっくり入浴して体を温めましょう。

 

また便秘がひどくなると体臭も気になる・・・という人は入浴して発汗することで、悪玉菌が生成した有害物質を排出していきましょう。

 

夜ゆっくり入浴してリラックスすることは、睡眠の質を高める効果もあります。

薬用ホットタブ重炭酸湯で体の芯まで温まることでリラックス効果と快眠効果が期待できます

 

深呼吸

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

ついカッとなってしまうとき、イライラしてしまいがちなとき、何か原因が分かっている時はその原因から少し離れて一度深呼吸してみましょう。

 

改めて深呼吸することで、一時クールダウンされ、そのイライラが軽減されるかもしれません。

 

体を動かす

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

ウォーキング等の軽い運動を習慣にするのがオススメではありますが、運動しなくては!と気負う必要はありません。軽いストレッチやラジオ体操、散歩でも、自分がリフレッシュできると思える動きからでもいいので、まずは体を動かしましょう。

 

体を動かさずに日々イライラをためこんでしまうと、さらに状態が悪化してしまうかもしれませんよ。

腸内環境を整えて、便秘になりにくくしましょう

便秘によるイライラは、便秘を解消することが第一です。

 

残便感を引き起こす便秘の原因1 残便感の原因は睡眠不足からくる便秘。良質の深い眠りでスッキリ!
残便感を引き起こす便秘の原因2 残便感の原因は食生活の乱れからくる便秘。和食生活で解消できる!
残便感を引き起こす便秘の原因3 残便感の原因は水分不足からくる便秘。1日何Lの水を飲めば良い?
残便感を引き起こす便秘の原因4 残便感の原因は便意の我慢からくる便秘。朝の排便習慣で心配無用
残便感を引き起こす便秘の原因5 残便感の原因はストレスによる便秘や下痢。過敏性腸症候群にも注意!
残便感を引き起こす便秘の原因6 残便感の原因はダイエットや服装からくる便秘。意外なところに落とし穴
残便感を引き起こす便秘の原因7 残便感の原因は腸内環境の乱れ。善玉菌を増やせばスッキリ快便!

 

一つひとつ便秘の原因となることを改善することも大切ですが、その時間や余裕がないこともあります。また、改善しないといけないと思えば思うほど、それがストレスの原因となってしまうこともあります。

 

ですから、できる範囲で改善をしつつ、腸内環境を整えることが大切です。善玉菌を増やして腸内環境を整えることで、便秘になりにくい状態を作れます。そうすることで、便秘によるイライラも防げるようになりますので、非常におすすめです。

 

ビフィズス菌のエサとなる「カイテキオリゴ」

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

腸内環境を整えるのに、一番のおすすめは「カイテキオリゴ」です。「カイテキオリゴ」は便秘解消だけでなく、残便感の原因となる下痢にも効果が期待できますし、腸内のビフィズス菌(善玉菌)を増やす働きによって腸内環境を整えることができます。さらに、腸内のビフィズス菌は30種類以上の種類があり、それぞれに好みのオリゴ糖が異なると言われていますが、「カイテキオリゴ」であれば、6種類ものオリゴ糖が配合されているだけでなく、独自のEOS理論によって腸内のビフィズス菌をほぼ活性化させることができるのです。

 

そして、1〜2種類でできているオリゴ糖では、好みでない場合善玉菌を増やすことにつながりません。また、腸に届く前に消化してしまう消化性オリゴ糖であると、ビフィズス菌のエサとなることができません。特に、スーパーなどで安価で販売されている液体シロップのオリゴ糖は、1種類の消化性オリゴ糖の場合が多く、また配合量が少ないため、効果がのぞめないのとカロリーの高さが心配になります。くれぐれも、安価なものを簡単に選択せず、しっかりと効果が期待できる「カイテキオリゴ」を摂り入れるようにしていきましょう。

独自のEOS理論で、腸内のビフィズス菌をほぼ活性化できる「カイテキオリゴ」

 

腸内の乳酸菌となる「乳酸菌革命」

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

腸内の善玉菌となる乳酸菌を直接口から摂る方法もあります。おすすめは、「乳酸菌革命」です。「乳酸菌革命」は、カプセル状の乳酸菌サプリメントで、ビフィズス菌やラブレ菌、ガセリ菌という三大乳酸菌をはじめ16種類もの乳酸菌を配合しているのです。腸内の乳酸菌は、食生活や居住環境によって種類が異なるため、高い効果を期待するには、「乳酸菌革命」のように16種類もの乳酸菌を摂り続ける方がおすすめなのです。

 

しかも、「乳酸菌革命」は、1日2カプセルが摂取目安で、それだけでヨーグルト10個分の乳酸菌を摂ることができてしまうのです。しかも、有胞子乳酸菌で腸まで生きたまま届きやすく、耐酸性カプセルを採用して胃酸などから乳酸菌を守っているのです。乳酸菌の種類の多さと、乳酸菌を守る工夫が「乳酸菌革命」の大きな特徴であり、効果を実感しやすい理由でもあるのです。

生きたまま腸に届く、16種類の乳酸菌を手軽に摂れる「乳酸菌革命」

 

発酵乳なら「オリジナルケフィア」

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

腸内の乳酸菌を増やす方法として、発酵乳もその一つです。発酵乳というと、ヨーグルトを思い浮かべる人が多いと思いますが、一般的なヨーグルトの場合、1〜2種類の乳酸菌のみで発酵していて、腸に届くまでに死滅してしまう菌であることがほとんどなのです。

 

しかしながら、腸内の善玉菌を増やすには、腸まで生きたまま届く菌を摂る必要があります。そこでおすすめの発酵乳が「オリジナルケフィア」です。「オリジナルケフィア」はロシア・コーカサス地方が発祥地で、ヨーグルトのような発酵乳ですが、多種の乳酸菌と多種の酵母で発酵しているのが大きな特徴です。しかも、自宅で簡単に手作りすることができ、いつでもフレッシュな状態のものを食べることができます。また、牛乳だけでなく、豆乳や加工乳でも作ることができ、食感や味が異なりますので、飽きずに毎日摂り続けることができます。

腸内改善にヨーグルトを食べるなら、「オリジナルケフィア」がおすすめ

 

乳酸菌発酵エキスならば「善玉元気」

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

もし、今までに、オリゴ糖や乳酸菌を試したことがあり、効果をあまり感じられなかった人の場合には、「善玉元気」がおすすめです。「善玉元気」は、従来の乳酸菌サプリメントとは大きく異なり、有機大豆を多種の乳酸菌やビフィズス菌で発酵させた乳酸菌発酵エキスでできていることが大きな特徴です。しかも、乳酸菌発酵エキスは「短鎖脂肪酸」や「必須アミノ酸」、「遊離アミノ酸」など352種もの体に有用な成分となります。

 

そのため、「善玉元気」は胃酸などの影響も受けず、腸内菌を介さずに直接体に有用な成分を届けることができるのです。また、スティックゼリー状なので、食べやすく、持ち運びにも便利です。これらのことから、今まで他のサプリメントで効果を実感できなかった人にも、おすすめなのです。

直接体に有用な成分を届けられる「善玉元気」

 

残便感,腸内環境,イライラ,不安,便秘

 

残便感解消のためには、腸内環境を整えることが第一です。

 

そこでもっともおすすめの組み合わせは、「カイテキオリゴ」に「乳酸菌革命ですが、ヨーグルトを食べる習慣がある人には「オリジナルケフィア」がおすすめですし、新タイプのサプリメント効果ならば「善玉元気」がおすすめです。


 

まとめ

1 残便感の原因である便秘により起きる「イライラ・不安定」の症状には、腸内で発生する有害物質「アミン化合物」や「セロトニン」の不足が関係します。
2 便秘により起きる「イライラ・不安定」が起き、さらにそのストレスで便秘が悪化する悪循環に陥りやすくなります。
3 便秘による「イライラ・不安定」の対策は、便秘解消とストレス解消です。
4 「イライラ・不安定」の対策に、便秘になりにくい腸内環境を整えましょう。

【腸内環境を整えるのに、おすすめのアイテム】

独自のEOS理論で、腸内のビフィズス菌をほぼ活性化できる「カイテキオリゴ」

生きたまま腸に届く、16種類の乳酸菌を手軽に摂れる「乳酸菌革命」

腸内改善にヨーグルトを食べるなら、「オリジナルケフィア」がおすすめ

直接体に有用な成分を届けられる「善玉元気」

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る

 

 

スポンサーリンク