残便感 膀胱炎 残尿感 便秘

残便感による便秘から起きる症状「膀胱炎」、意外と知らない便秘との関係

スポンサーリンク

残便感,膀胱炎,改善,便秘,残尿感
残便感の原因となる便秘ですが、実は、膀胱炎を引き起こすこともあるのです。

 

便秘と膀胱炎・・・同じトイレの悩みでも、原因や理由など全く別ものと思っていませんか?
実は便秘の人は膀胱炎にもなりやすいのです。

 

ではなぜ便秘だと膀胱炎になりやすいのでしょうか。その原因や関係性をみていきましょう。

 

残便感,膀胱炎,改善,便秘,残尿感

 

残便感を引き起こす便秘を放置していると、膀胱炎を発症することがあるのです。

 

細菌性膀胱炎の原因菌の80%は大腸菌のため、便秘を解消することにより、膀胱炎の予防にもつながるのです。


 

 

「膀胱炎」が便秘によって起きるメカニズム

残便感,膀胱炎,改善,便秘,残尿感

膀胱炎には、膀胱が細菌に感染することにより炎症を起こす細菌性の膀胱炎(急性膀胱炎)と、非細菌性の膀胱炎があります。

 

細菌性膀胱炎の原因菌の80%は大腸菌と言われています。便秘により膀胱炎になりやすいのは、便の中に含まれる大腸菌などの細菌が、尿道口から侵入し膀胱炎を引き起こすためです。

 

つまり、便秘になると、長時間便が腸にとどまった状態になり、その間便の中の大腸菌は爆発的に増加します。便秘により大腸菌が非常に多い便が排出され、その細菌が尿道口から侵入し膀胱に入ると、膀胱炎を引き起こすのです。

 

女性が「膀胱炎」を発症しやすい理由

膀胱炎は男女共に発症しますが、女性の方が膀胱炎になりやすく、女性の5人に1人がかかると言われています。実は、女性が膀胱炎にかかりやすい原因は体の構造にあります。

 

女性は男性よりも尿道が短く、肛門、膣、尿道口が近いため、尿道から細菌が侵入しやすいのです。

 

また女性の膀胱の大きさは男性より大きく、尿が体内にとどまる時間が長くなります。そのため、女性の方が一度感染すると、菌が増殖するまでに十分な時間があることになり、膀胱炎を発症しやすくなっているのです。

 

膀胱炎の症状

膀胱炎の主な症状には、排尿痛、頻尿、尿の濁りがあります。また尿の悪臭や血尿が生じ、悪化すると尿道炎や腎盂腎炎の原因にもなります。

 

排尿痛

排尿痛は、膀胱の粘膜が炎症のため刺激されることから生じます。排尿の終わり頃に、腹部や尿道口に焼けつくような、または突き上げられるような痛みがあります。
また炎症が膀胱から尿道全体になると、排尿の始めにも痛みが生じ、悪化すると強い痛みになります。

 

頻尿

頻尿は、尿意を感じる回数が多くなることで、1日に10回以上トイレにいきたくなるような状態を指します。
通常膀胱は100〜150mlほど尿がたまると尿意を感じるのですが、膀胱炎になると10〜20ml程度のごく少量であっても、尿意をもよおします。これは膀胱の炎症によって尿意刺激が頻繁に起こるためです。

 

排尿後にも残尿感があったり、トイレに行ったばかりでもまたすぐ尿意を感じてトイレに向かうのは、炎症による刺激が原因です。

 

尿の濁り

膀胱に炎症が生じると、血液に含まれる白血球が防御のために集積し、それが尿に混ざると、尿の色が白っぽく濁ります。

 

また細菌により膀胱の粘膜が炎症を起こし、ひどくなるとそこから出血することもあり、それが血尿の原因となります。

 

膀胱炎になってしまったら・・・

抗生剤による治療

残便感,膀胱炎,改善,便秘,残尿感

膀胱炎を発症したら、まずは受診して、病院で処方される抗生剤を服用しましょう。

 

そこで最も重要なことは、自己判断で服薬を中断しないようにすることです。膀胱炎の原因菌が完全に死滅されないまま放置してしまうと、またしばらくすると再度症状が現れてしまいます。

 

処方された抗生剤は全て飲みきることが大切です。きちんと服薬をすることで、膀胱炎の症状はすぐに緩和されていくでしょう。

 

【日常生活の注意点】

水分補給を十分にする

水分を多めに摂ることで、新たに尿が作られます。しっかり水分補給をすることで、膀胱内にたまってしまった細菌を洗い流します。

 

膀胱炎になると頻尿のため、つい水分補給を控えてしまいがちですが、水分を控えるほど痛みが強くなります。尿が膀胱にたまるほど痛みが和らぐので、水分は多めに摂りましょう。

 

トイレを我慢しない

膀胱炎になると排尿時の辛い痛みのためにトイレに行くのを我慢したくなりますが、逆効果になってしまうので、尿意が起きたらトイレに行くようにしましょう。
しっかりした水分補給と排尿が、膀胱内の細菌を排出することにつながり、膀胱内での雑菌の繁殖を防ぐことになります。

 

デリケートゾーンは清潔に

膀胱炎の予防は、まず膀胱内に菌を入れない事です。
女性は排便後、前から後ろに向かって拭くようにし、汚れたペーパーが尿道口に触れないようにしましょう。

 

下腹部を温めて冷やさないようにする

体が冷えると免疫力が下がります。
温めることで痛みが緩和されることもあるので、下腹部を温めて冷やさないようにしましょう。

体の芯まで温めるには、薬用ホットタブ重炭酸湯を入れての入浴がおすすめ

 

便秘以外で起こる「膀胱炎」との違い

膀胱炎は女性がかかりやすいと言われますが、一般的には女性は細菌性膀胱炎の場合が多く、男性は非細菌性膀胱炎であることが多いようです。

 

女性に多い膀胱炎の原因

便秘以外にも、女性は生理、妊娠、性交渉などの際に感染、発症しやすいと言われています。細菌性膀胱炎の予防には、デリケートゾーンを清潔にしておくことが大切です。

 

生理

生理中は膣内で菌が繁殖しやすい環境になります。
膣内で大腸菌等の細菌が増えてしまうと、尿道へと流れこみやすくなり、膀胱炎を招きます。
生理中はナプキンをこまめに交換し、清潔さを保つよう意識しましょう。

 

妊娠

妊娠でお腹が大きくなってくると、下腹部が圧迫されるため大腸と膀胱が近くなります。妊娠後期は頻尿になりやすいのはそのためです。
トイレを我慢してしまったり、軽度の癒着で大腸から大腸菌が膀胱に浸潤しやすくなってしまいます。

 

性交渉後はトイレへ

性行為は細菌が尿道に侵入しやすくなります。万一入っても排尿すると菌も一緒に流れます。
陰部を軽くシャワー等で洗い流すとさらに膀胱炎の予防に効果的です。

 

 

男性に多い膀胱炎の原因

男性に多い膀胱炎の症状としては

  • 尿量が低下して残尿感が常にある
  • 排尿時や排尿後にムズムズとした違和感がある

などが挙げられます。

 

男性の場合、原因は細菌ではなく、前立腺肥大症や、膀胱や前立腺の機能低下による排尿障害や夜間頻尿が考えられます。痛みよりも、違和感などがあるのが特徴です。

 

排尿機能を整える市販薬もありますが、症状が続くようであれば、受診してみましょう。

 

治らない膀胱炎は別の病気の可能性も

残便感,膀胱炎,改善,便秘,残尿感

抗生剤を飲みきっても治らないという人は「間質性膀胱炎」の可能性があります。間質性膀胱炎は排尿時ではなく、尿意を我慢すると痛むことが特徴です。膀胱炎が治らない場合は泌尿器科を受診してみましょう。

 

また膀胱炎を何度も繰り返していたり、悪化したりすると「腎盂腎炎」になる可能性もあります。膀胱炎が悪化すると、菌が尿管を逆流し腎臓へ達してしまい、腎盂腎炎を引き起こします。一般的な膀胱炎では発熱は伴いませんが、腎盂腎炎になると、高熱や全身の震え、寒気などが起こり、背中(左右の腎臓付近)に激痛を生じます。入院し治療が必要となるので、膀胱炎を自己判断で放置しないようにしましょう。

 

「膀胱炎」が日常生活に及ぼす影響

残便感,膀胱炎,改善,便秘,残尿感

「膀胱炎」が人間関係に影響することもあり得ます。

 

「膀胱炎」は、トイレに自由に行けない職業や職場、生活環境の方にとっては、非常につらいものです。頻尿になると、トイレのために何度も席を離れなくてはならず、業務や生活に大きな支障をきたします。頻尿、排尿痛などの膀胱炎の症状だけでも大きなストレスになる上に、頻繁にトイレに行っていては、まわりの人間関係にも影響をおよぼしかねません。

 

膀胱炎は昨日まで何事もなく元気に過ごしていても、急に発症することも多いので、体調不良で休みにくい多忙な人こそ、普段から体調管理や生活習慣には気を配っていく必要があります。

 

「膀胱炎」になりやすい要因

膀胱炎になりやすい職業や生活環境、状況には下記のような特徴があります。

  • 普段から自由にトイレに行けない
  • 立ち仕事(座り仕事)で同じような姿勢が多く血行不良で冷えやすい
  • 限られた人数でのシフト勤務で、人間関係でストレスを感じてしまう

 

治ってもまた再発し、そのストレスから免疫力が低下し膀胱炎に・・・の悪循環に陥る事もあります。膀胱炎を繰り返していると、職を離れざるを得ない状況になってしまう可能性も高くなってしまいます。膀胱炎に悩まされている方は、まずは膀胱炎にならないための体質改善、生活改善に取り組みましょう。

 

便秘による「膀胱炎」の解消法

残便感,膀胱炎,改善,便秘,残尿感

膀胱炎は完治した後も、繰り返し発症してしまうことも多く見られます。残便感があり便秘がちの場合は、やはり便秘の解消と腸内環境の改善に取り組むことが重要です。大腸菌などの悪玉菌を減らすことは、便秘と共に膀胱炎の予防にもなるのです。

 

また、便秘になると必ず膀胱炎になるというわけではありませんが、膀胱炎を発症する可能性は非常に高いと言えます。

 

便秘になる→大腸菌の爆発的増加→膀胱が細菌感染しやすくなる、という悪循環を断ち切るよう便秘を解消しなければ、膀胱炎のリスクを抱え続けることになります。便秘気味で膀胱炎を繰り返す、という方は、まず便秘を解消することで膀胱炎の再発を防ぎましょう。

 

便秘対策は膀胱炎予防にも効果あり

しっかり水分補給+トイレを我慢しすぎない
尿意を我慢すると膀胱炎になり、便意を我慢すると便秘になってしまいます。便秘や膀胱炎になりやすい方は、トイレに自由に行けない環境で働いているケースが多く、トイレを我慢しがちです。そのため水分補給を控える人もいますが、逆効果になってしまうので注意しましょう。

 

膀胱炎の場合はトイレの回数が減ると、尿が濃くなりさらに雑菌が繁殖しやすくなります。便秘対策にも膀胱炎の改善にも水分補給は重要です。

 

体を冷やさない

体が冷えるとトイレが近くなり、血行不良による冷えや、体の抵抗力も落ちてしまいます。冬だけでなく、夏もエアコンの効いた職場で働く人は、特に冷えに悩まされる人が多いようです。下着を工夫したり、カイロを貼るったりするなど、冷え対策を行いましょう。
特に下腹部を温めるように心がけましょう。ゆっくり入浴すると、冷え解消+リラックス効果もあり、便秘対策にもオススメです。

体の芯まで温めるには、薬用ホットタブ重炭酸湯がおすすめ

 

ストレスや疲労をためこまない

本来膀胱は感染を防御する力も備わっていて、多少の菌では感染を起こさないようになっているのですが、疲れがたまっていたり、体調不良や睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどで抵抗力が低下してしまうと、膀胱炎を発症しやすくなります

 

免疫力をアップさせることを意識して

「免疫力」とはウィルスや病原菌が体内に入ってきた時に戦ってくれる力です。腸には多くの免疫細胞が集まっていて、とても重要な働きをしています。
腸内環境を整えることは免疫力をアップにもつながり、便秘にも膀胱炎にも効果的です。

 

膀胱炎予防にオススメ食品

膀胱炎の予防に効果的な食品や飲み物をオススメします。残便感を引き起こす便秘対策にもなるものもあるので、積極的に取り入れてみましょう。効果的な食材を組み合わせたり、お好みで普段の食事に取り入れてみましょう。

 

白湯

膀胱炎にも便秘にも、水分補給には体を温めてくれる白湯がオススメです。

 

クランベリージュース

クランベリーにはアントシアニンというポリフェノールが豊富に含まれますポリフェノールは抗酸化作用が強く膀胱内の細菌の増殖を抑えます。
また「キナ酸」という成分も多く含まれています。尿がアルカリ性に傾くことも細菌が増える一因で、キナ酸には尿を酸性に保つ作用や強い殺菌成分もあることから、膀胱炎に効果的と言われています。

 

どくだみ茶

強い利尿作用があり、体を内側から温める効果も高いと言われます。しかし膀胱炎の症状が進んでしまうと逆効果になる場合があるので、注意が必要です。

 

ヨーグルト

便秘対策には定番のヨーグルトに含まれる、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、腸内環境を整えてくれるだけでなく、膀胱炎の原因となる雑菌を体外へ排出する働きもあります。

生きたまま腸に届くヨーグルトで腸内の善玉菌を増やすなら、「オリジナルケフィア」がおすすめ

 

パイナップル

抗酸化作用、抗炎症作用のある「プロメライン」という成分が含まれます。

 

海藻類

便秘にも効果的な食物繊維を含む海藻類には、ビタミンAも豊富に含まれています。ビタミンAは粘膜を強化する働きがあり、膀胱の炎症を防ぐためにも効果的です。

 

レンコン

抗炎症作用があり、古くから止血効果の高い食べ物とされてきました。
免疫力アップ効果も高い食品です。

 

セロリ

利尿作用や殺菌効果も高いと言われています。

 

残便感を引き起こす便秘による膀胱炎を改善するには

残便感を引き起こす便秘は、膀胱炎の原因ともなります。膀胱炎につながらないよう対策をするには、便秘を改善することが一番重要です。

 

まずは、便秘の原因となることを確認し、思い当たる節がある場合は改善するようにしましょう。

 

便秘の原因となること

 

残便感を引き起こす便秘の原因1 残便感の原因は睡眠不足からくる便秘。良質の深い眠りでスッキリ!
残便感を引き起こす便秘の原因2 残便感の原因は食生活の乱れからくる便秘。和食生活で解消できる!
残便感を引き起こす便秘の原因3 残便感の原因は水分不足からくる便秘。1日何Lの水を飲めば良い?
残便感を引き起こす便秘の原因4 残便感の原因は便意の我慢からくる便秘。朝の排便習慣で心配無用
残便感を引き起こす便秘の原因5 残便感の原因はストレスによる便秘や下痢。過敏性腸症候群にも注意!
残便感を引き起こす便秘の原因6 残便感の原因はダイエットや服装からくる便秘。意外なところに落とし穴
残便感を引き起こす便秘の原因7 残便感の原因は腸内環境の乱れ。善玉菌を増やせばスッキリ快便!

 

また、人によってはすべての原因を解消することは難しいでしょう。その場合は、便秘によって乱れた腸内環境を整えるようにして、便秘になりにくくしていきましょう。便秘を改善すること、それが一番重要です。

 

残便感,膀胱炎,改善,便秘,残尿感

そして、腸内環境を整えるには、一番のおすすめの方法は、「カイテキオリゴです。腸内のビフィズス菌(善玉菌)は、オリゴ糖をエサにして、活性化し増えるのです。また、腸内のビフィズス菌は30種類以上あると言われていて、それぞれに好みのオリゴ糖が異なります。そのため、「カイテキオリゴ」のように6種類ものオリゴ糖が含まれていて、さらには独自のEOS理論で腸内にすむビフィズス菌のほとんどを活性化できるものが良いのです。特にEOS理論は他にはない、「カイテキオリゴ」独自の製法です。

 

それから、オリゴ糖商品はいろいろな種類のものが販売されていますが、安価なオリゴ糖食品は注意が必要です。1種類のオリゴ糖でできているものだとタイプが合わなければ腸内のビフィズス菌は活性化しないですし、液体状シロップのもののように腸に届く前に消化されてしまう消化性オリゴ糖では腸内のビフィズス菌のエサにはなりません。

 

しっかりと、腸内のビフィズス菌を増やすには、「カイテキオリゴ」がイチオシなのです。

カイテキオリゴ」は腸内のビフィズス菌を活性化させ、善玉菌を増やす働きをします

 

残便感,膀胱炎,改善,便秘,残尿感

それと、オリゴ糖の次におすすめしたいのが、直接口から乳酸菌を摂って、腸内の善玉菌を増やす方法です。乳酸菌革命」は、ビフィズス菌やラブレ菌、ガセリ菌という人気の三大乳酸菌をはじめ、16種類の主役級の乳酸菌がカップセルの中にぎゅっと詰まっています。腸内の乳酸菌は、食生活や居住環境によって種類が異なりますから、「乳酸菌革命」のように多種の乳酸菌を摂れることが大切です。

 

特に、「乳酸菌革命」の場合は、1日2カプセルが摂取目安で、ヨーグルト10個分の乳酸菌を摂ることができます。しかも、有胞子乳酸菌で生きたまま腸に届きやすいですし、耐酸性カプセルを採用して胃酸などから乳酸菌を守る工夫もなされています。毎日、手軽に乳酸菌摂り続けられるので、「乳酸菌革命」がイチオシなのです。

乳酸菌革命」であれば、1日2カプセルで16種類の乳酸菌を摂取可能!

 

残便感,膀胱炎,改善,便秘,残尿感

 

もっとも高い効果を期待するならば、カイテキオリゴ乳酸菌革命のダブル摂取がおすすめです!

 

ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を摂取することと、乳酸菌を直接口から摂ることは、善玉菌を増やす別の方法となりますから、どちらか一方を試すよりは両方を一度に試す方が効果が期待できるのです。


 

まとめ

1 残便感を引き起こす便秘を放置すると、膀胱炎を発症することがあります。
2 便に含まれる大腸菌などが原因菌となるため、便秘の人は膀胱炎になりやすいです
3 膀胱炎の症状には排尿痛、頻尿、尿の濁りなどがあり、悪化すると腎盂腎炎などの原因にもなります。
4 腸内環境を整えることは便秘解消だけでなく、膀胱炎予防にもなるので、オリゴ糖や乳酸菌、発酵食品、海藻類等効果的なものを意識して取り入れるようにしましょう。

カイテキオリゴ」でビフィズス菌(善玉菌)のエサとなるオリゴ糖を摂取

乳酸菌革命」で16種類もの乳酸菌を(善玉菌)を手軽に摂取

 

便秘と膀胱炎は、発症する原因も関係性がありますが、予防や対策として共通する部分も多くあります。
便秘解消と膀胱炎予防のために、日々の生活を見直しながら、体質改善に取り組みましょう。

 

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る

スポンサーリンク