残便感 便秘 放置 激しい腹痛 嘔吐

残便感の原因である便秘から起きる症状「腹痛・嘔吐」、一刻も早く和らげたい!

残便感,便秘,腹痛,嘔吐
残便感の原因の一つは便秘です。

 

便秘がひどくなるとお腹が張る・・・
キリキリとした腹痛で仕事中も辛い・・・
忙しい人ほど、残便感による腹痛になってから自分が便秘であることに気づく場合もあるでしょう。

 

そのまま便秘が解消されないままでいると、次第に吐き気、嘔吐まで起こってしまい、日常生活にまで支障をきたしてしまいます。また、便秘による腹痛、嘔吐は、時には命に関わる重大な病気によるものもあるので注意が必要です。

 

そこで、残便感を引き起こす便秘によって起こる腹痛や嘔吐の症状、原因、解消法などについて見ていきましょう。

 

「腹痛・嘔吐」が便秘によって起きるメカニズム

便が何日も出ないまま、普段通りの食生活を送っていけば、当然排出されずにいる便は次から次へと腸にたまっていきます。たまっていくのに便が腸から肛門に運ばれないと、余計な栄養分や水分がどんどん吸収され、便は硬くなりさらに排出されにくくなってしまいます。

 

すると次第に便は腐敗し、悪玉菌が増え、「アンモニア」や「インドール」「スカトール」など有害物質であるガスが発生します。このガスが腸内に充満し、腸を圧迫することでお腹の張り、腹痛を引き起こします。

 

 

有毒ガスが内臓を圧迫して腹痛に!

残便感,便秘,腹痛,嘔吐

腸内環境が乱れ、有毒なガスがたまりすぎると、腸が膨れて腸壁を刺激したり、腹部が張って胃を圧迫したり、胃が刺激されることで痛みが起きます。

 

またガスだけでなく、腸内でどんどんたまっていく便が、さらに水分を吸収され、硬くなってしまいます。すると、排便が困難になり、お腹が重いと感じるだけでなく、内臓を圧迫して腹痛を起こすのです。

 

便秘が原因の場合は胃もたれや胃炎などの症状も伴うため、胃がキリキリ痛み、食欲もなくなってしまい、さらに便秘が悪化してしまう・・・という悪循環に陥ってしまいがちです。

 

 

胃の中で行き場をなくし、吐き気を催す・・・

残便感,便秘,腹痛,嘔吐

便秘になると、腸に便がたまった状態となり、それ以上胃から腸へと食べた物を送ることが出来なくなってしまいます。そうなると胃の中で行き場をなくしてしまい、戻そうとする動きが働き、吐き気を催します。

 

体は「下がダメなら上から!」と働くのですが、こういった状況になると腸内環境はかなり悪化している状態です。

 

悪玉菌が発生させる有毒なガスは血液中に溶け込み全身を巡り、様々な体の不調を引き起こします。過敏性腸症候群などの腸疾患、大腸がん、腸閉塞などの重大な病気を引き起こす要因にもなりかねません。

 

便秘による腹痛、嘔吐の症状があるようなら、便秘解消に取り組む生活改善が必要ですが、既にそういった病気から便秘が起きている場合もあります。

「腹痛・嘔吐」を伴う「器質性便秘」は要注意!

腹痛や吐き気を伴う便秘で、注意が必要なのは「器質性便秘」です。器質性便秘は、内臓の病気により起きる便秘で、重大な病気の可能性があります。

 

特に次の症状があり、いつもと違う痛みの場合は、早急に受診しましょう。

 

□非常に激しい腹痛
□吐き気、嘔吐
□悪寒
□便に血や粘液が付着している
□下痢や便秘が繰り返し起きる

 

大腸がん

大腸が腫瘍や筋腫などが原因で狭くなり、便秘を引き起こしやすくなります。
下痢と便秘を繰り返す、血便、腹痛などの症状がありますが、初期の自覚症状は気づきにくいため、気づいた頃にはがんが進行しているということもあります。

 

早期発見のためにも、定期的な検診や、気になる症状があれば早めに受診することをおすすめします。

 

腸捻転、腸閉塞

腸の一部がねじれる腸捻転や、腸の内容物により腸がふさがってしまう腸閉塞が起きると、便秘や激しい腹痛を起こします。吐き気、嘔吐、めまいが起きることもあります。
悪化が早いので一刻も早く受診しましょう。

 

過敏性腸症候群

ストレス等による自律神経の乱れが原因です。「下痢型」「便秘型」と下痢と便秘を繰り返す「混合型」と3つのタイプに分かれます。
便秘の他にも、腹痛、吐き気、嘔吐、また頭痛などの様々な体の不調も引き起こしてしまいます。

 

風邪、インフルエンザ

自律神経が乱れると風邪を引きやすくなり、かつ便秘も起きやすくなります。
風邪の場合は、風邪のウィルスによって吐き気が起きているので、便秘解消よりも風邪を治す事が先決です。
また嘔吐で薬を受けつけられなくなる場合等は、浣腸や下剤でまず便やガスを出すことを優先にすることもあります。

 

月経前症候群

女性の場合、月経前症候群の症状として便秘と吐き気を催すこともあります。
この場合は月経が始まるのを待つしかありませんが、毎月のことなので、普段から症状に悩まされるようなら、婦人科を受診してみることをオススメします。

 

子宮筋腫

成人女性の4人に1人が発症すると言われるほど、女性にとっては身近な病気です。
腫瘍の種類やできる場所によっても異なりますが、腫瘍が直腸に近い位置で大きくなると直腸を圧迫してしまい、便をうまく排泄できなくなることがあります。

 

上記以外にも腹部手術後の腸管癒着、卵巣嚢腫など様々な疾患が原因になることがあります。
自己判断で済ませずに、腹痛や嘔吐がある場合は早めに受診しましょう。

 

「腹痛・嘔吐」が日常生活に及ぼす影響

便秘により「腹痛・嘔吐」を伴うと、日常生活に、身体的にも精神的にも非常に苦痛になります。

 

長時間の座り仕事が多い人は注意

残便感,便秘,腹痛,嘔吐

ガスがたまりやすい人の特徴として、座っている時間が長かったり、ストッキングなど締め付けられる服装などが挙げられます。締め付けられる服装は腸を圧迫したり、エアコンの効いた店内で、ずっと座ったままなど同じ姿勢で働いていると、腸の働きを鈍らせてしまうこともあります。

 

事務職や内勤などはまさにそのケースで、職場によってはトイレにも自由に行きにくく、業務が多い日などは休憩も取りにくい事があります。そうなるとつい便意を我慢して、次第に便秘が悪化し、腹痛を招き、ガスがたまり続け、吐き気を催してしまうことがあります。

 

たかがオナラ・・・が仕事に支障をきたす

残便感,便秘,腹痛,嘔吐

特に女性の場合、オナラが出そうになると、とっさに我慢してしまいますよね。かつ仕事をしている人は職種によって自由にトイレに行くことができないので、普段からオナラは我慢することが日常的になっている、という方も多いでしょう。
しかしそのままではどんどん体外に出せないまま、ガスが腸内にとどまってしまいます。

 

たかがオナラ・・・と思っているうちに、ガスがたまりお腹がパンパンに張ってきて、腹痛を引き起こしてしまいます。終日立ち仕事の場合は、立っているのが非常に辛くなりますし、座り仕事でも苦しくなってきます。ひどくなり吐き気を催してしまうと、もう全く仕事になりません。

 

まずは勤務中に便意やオナラを我慢しないように、朝出かける前に自宅でゆっくりトイレに行く習慣をつけましょう

 

便秘による腹痛が腰痛の原因にも

残便感,便秘,腹痛,嘔吐

腹痛になるとどうしても姿勢が悪くなりがちです。お腹をかばうような姿勢になってしまい、知らず知らずのうちに腰に負担がかかってくることがあります。

 

運動不足の人は特に筋力が弱く、便秘の上に腰痛になってしまうと、トイレでいきむことが非常に辛くなってしまいます。いきむ力が弱いことも便秘の原因となりますので、注意しましょう。

 

残便感からくる便秘による「腹痛・嘔吐」の解消法

お腹の痛みを今すぐどうにかしたい!
便秘で腹痛が起きてしまっているときは、まずお腹にたまった便やガスが出やすくなるようにすることで痛みを和らげていきましょう。

 

お腹を温める

残便感,便秘,腹痛,嘔吐

腹痛の時はまずお腹を温めるようにしましょう。重ね着、腹巻きなどでお腹周りを冷やさないようにしたり、締め付けるようなきつめの服装は冷えを招くので気をつけましょう。

 

便がスムーズに出ていない場合、排出されない便が硬くなってしまっている可能性が高くなっています。冷たい飲み物や食べ物は、内臓を冷やしてしまうので避け、温かい飲み物などをとると血流も良くなり、体を内側からあたためてくれます。ぬるめの白湯をとると、胃腸が温まり、カチカチの便を柔らかくする効果がありますよ。

 

温かい飲み物とはいえ、コーヒーは注意が必要です。胃が弱っているときにカフェインが刺激し、腹痛が悪化する可能性があります。

 

うどんなど、温かくて消化によい食べ物をとるのもオススメです。

 

お腹のマッサージ

お腹の痛みを和らげるには、やっぱりお腹にたまった便とガスを早く出したいですよね。

 

そんな時には超カンタンな「“の”の字マッサージ」をやってみましょう。おへその下から時計回りに、おへそまわりを「の」の字を書くようになでるだけです。

 

ポイントは摩擦でお腹が温まってくるまで続けてみること! 1〜2分程度でお腹が温まってきます。すぐに便まで出なくても、お腹を温めて少しずつガスを出すことからでも始めましょう。

 

吐き気、嘔吐は体の最終サイン

便秘で嘔吐まで起きてしまっているときは、体がもうNGサインを出しているようなものです。一刻も早く楽になれるよう対処が必要です。

 

吐き気が起きたときに、まず少しでも体が楽になるポイントをおさえておきましょう。

 

身体の右側を下にして横になる

右側を下にすることで、胃腸の消化運動を助けます。勤務中等、横になるのが難しい場合は壁にもたれるなど少しでも楽な体勢をとりましょう。

 

締め付けている部分は緩める

腹痛の時も、吐き気の時も体が楽になることが重要です。ズボンやスカートのウエスト部分をゆるめたり、首元のボタンをはずす等、締め付けている部分を開放してみましょう。

 

ガムやタブレットを噛む

ミントの香りは吐き気を抑えるのに効果的です。ミント自体が苦手な場合は逆効果になってしまいますが、抵抗がなければガムやタブレット等を噛むことで軽い吐き気ならば少し軽減できるでしょう。

 

吐き気が強い場合、吐けそうなら吐く

吐き気が強く、今にも吐きそう・・・という場合は我慢せずにもう吐いてしまいましょう。身体はもう何も受け付けられない最終サインを出しています。

 

吐くことは非常に辛いですが、胃腸が身体を楽にしようとしているのです。

 

吐いた後は便が出るまで「プチ断食」

吐き気が起きるほどに便が出なくなっている場合は、便が出るまでなるべく胃に食べ物を入れない「プチ断食」をするのもオススメです。

 

胃腸は消化と排便を同時にはできないので、プチ断食で消化活動を休ませることで、排便活動に集中させます。

 

しかしここで注意したいポイントがあります。
・吐き気があるときのみなど、限度を守って行うこと
・常温の水や白湯などで、水分補給はしっかりしましょう。

 

便が作られるにはある程度の食事量が必要ですし、栄養が偏れば便秘を悪化させます。

 

食べられる時は消化にいい食事や果物を

吐き気が少しおさまったり、何か食べたいという時は、消化しやすいものや便秘と吐き気に効く食べ物を取るのもオススメです。

 

梅干し

梅干しはクエン酸が多く含まれ、このクエン酸は腸内環境を整え、さらにその酸っぱさが腸に刺激を与え活発になります。梅干しは吐き気を取り除く効果もあり、昔は船酔い止めに梅干しを持っていっていたほどです。

 

しかし塩分も多く含まれているので、梅干しは1日1粒を目安にし、取りすぎないようにしましょう。お腹を温めるためにもうどんやおかゆなど消化しやすい食事に、梅干しをプラスするのもいいでしょう。

 

りんご

リンゴには水溶性植物繊維が含まれ、便秘に効果的な果物です。リンゴに含まれるペクチンが吐き気を取り除く効果があります。しかし固形物は苦しくて食べれない・・・という辛い状況の時はリンゴジュースでも大丈夫です。

 

便秘と吐き気に効果があるリンゴを、朝食に取り入れるのもオススメですよ。

 

残便感からくる便秘による「腹痛・嘔吐」をなくすには

残便感からくる便秘による「腹痛・嘔吐」を根本的になくすには、便秘を解消することが重要です。便秘を解消しなければ、一時的に良くなったとしても、また繰り返される可能性があります。

 

便秘を解消するには、まずは便秘の原因となっていることを改善していきましょう。

 

残便感を引き起こす便秘の原因1 「睡眠不足」がさらに便秘を悪化させている!
残便感を引き起こす便秘の原因2 その「食習慣」が原因かも!?食生活を見直すと・・・
残便感を引き起こす便秘の原因3 勤務中の「水分不足」が便秘を悪化させている!
残便感を引き起こす便秘の原因4 「便意の我慢」続けてしまうと次第に便意が・・・
残便感を引き起こす便秘の原因5 最大の原因は「ストレス」!?その便秘、悪化してしまうと・・・
残便感を引き起こす便秘の原因6 便秘の原因になりやすい「服装とダイエット」とは?
残便感を引き起こす便秘の原因7 「腸内環境の乱れ」!生活習慣の乱れやストレスが原因かも!

 

当てはまることがあれば、改善するようにしましょう。

 

また、生活習慣や仕事の都合などで、どうしてもすべてを改善するのが難しいことがあります。その場合は、腸内環境を整えるようにして、便秘になりにくくしていきましょう。

 

善玉菌を増やして、腸内環境を整えることで、便秘を防ぎ、便秘からくる腹痛や嘔吐を解消できます。もちろん、便秘からくる残便感も改善できます。

 

 

 

まとめ

・残便感の原因の一つは便秘です。
・便が排出されずにいると、腸内で便が腐敗してしまい、有毒ガスが発生し、腸内に充満し、たまった便とともにお腹の張りや、腹痛を引き起こします。
・便が腸内にたまり続けると、胃から腸に食べた物を運べなくなり、吐き気を催します。吐き気、嘔吐は腸内環境がかなり悪化しているサインです。
・腹痛、嘔吐を伴う器質性便秘は重大な病気の可能性もあります。いつもと違う痛みや長引く症状等、気になるときは受診しましょう。
・便秘による腹痛や嘔吐は、仕事や家事等日常生活に支障をきたします。
・腸内環境を整えて、便秘を解消することが重要です。便秘が解消すれば、残便感も改善されます。

 

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る