残便感 肌荒れ ニキビ 便秘

残便感による便秘から起きる症状 肌荒れ・ニキビ

スポンサーリンク

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘
残便感の原因の一つが便秘です。そして、便秘を放置していると、あらゆる症状が出てきます。肌荒れやニキビもその一つ

 

なかなか改善されない肌荒れや大人ニキビなどの肌トラブルに悩んでいる・・・そんな方はいませんか?
もしかすると、その肌荒れや大人ニキビは、便秘が原因かもしれませんよ。普段から残便感を感じる便秘体質で、お肌トラブルを抱えている・・・という人は、便秘が原因の可能性が高いかもしれません。

 

では、便秘と肌荒れ、ニキビ等の関係性を見ながら、肌トラブルと便秘解消に取り組んでみましょう。

 

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

 

残便感がある便秘からの肌荒れやニキビ場合、スキンケアを一生懸命頑張っても根本的な解決にはつながりません。

 

便秘をしっかりと解消して、残便感を改善しない限り、肌荒れもニキビもきれいには治らないんです。


 

便秘が原因で肌荒れやニキビになってしまう理由

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

便秘は、単に便がスムーズに出なくなるだけでなく、美容にも影響を及ぼします。その一つが肌荒れやニキビです。

 

便は本来腸に便がたまると、直腸に送られ、排便のサインが脳に送られ、便意が起き、その時に排便されるのが理想です。しかし便秘になると、便はスムーズに排泄されずに長期間腸にとどまり、そのため腸内環境は悪化します。老廃物を必要以上にとどまらせていると、便は腐敗が進み、有害物質を発生させてしまいます。

 

体内を循環する血液と共に有害物質も運ばれ、汗や皮脂などとなり毛穴から体外へ放出されます。肌細胞には汚れや余分な水分を排出する機能がありますが、有害物質を排出しようとすることで、通常の肌細胞の働きでは新陳代謝が追いつかなくなってしまうのです。そのため、汚れも十分取り除くことができず肌荒れや大人ニキビなどお肌の不調を引き起こしてしまうのです。

 

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

また、腸内では常に「善玉菌」と「悪玉菌」が勢力争いをしている状態です。有害物質は、腸内で有益な働きをする「善玉菌」を減少させ、有害な働きをする「悪玉菌」を増加させます。さらには腸内環境が優勢になった側につく「日和見菌」の働きも相まって、悪玉菌はどんどん勢力を増していくのです。

 

これら菌の集まりは「腸内フローラ」と言われています。腸内フローラのバランスが偏り、悪玉菌が増加してしまうと、腸内環境はが増えてバランスが悪くなります。

 

そして、便秘で長期間腸に便がとどまり排泄できずにいると、悪玉菌の活動を促してしまい、さらに有害物質やガスが発生し、それらは腸壁から吸収され、血液中に溶け出して全身を巡ります。それが肌荒れやニキビの原因となります。

 

こうして、便秘で残便感があると、腸内に溜まった便によって有害物質やガスが発生し、肌荒れやニキビを引き起こし、そして、腸内環境が悪化することでより悪玉菌増えて、さらに肌荒れやニキビの要因を作り出したり、便秘を悪化させます。どんどん悪循環に陥ってしまい、便秘も残便感も、肌荒れもニキビも、すべてが悪化していくことになるのです。

 

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

便秘になる → 有害物質やガスが発生(※肌荒れやニキビの要因) → 腸内環境悪化 → 悪玉菌が増える → 悪玉菌の活動を促す → 有害物質やガスがさらに発生(※肌荒れやニキビの要因) → 便秘が悪化 というようなサイクルを繰り返すようになってしまいます。

 

腸内環境悪化がもたらす悪循環

さらに、腸内環境の悪化は肌トラブルの要因となる便秘を引き起こすだけでなく、様々な不調を招く原因となります。ですから、たかが残便感、たかが便秘、たかが肌荒れやニキビ、と放置するのは危険なのです。

 

自律神経の働きを弱める

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

腸内環境の悪化は自律神経の働きを弱めることにもつながります。

 

自律神経は腸の動きをコントロールしたり、新陳代謝を司ったりする役割もあります。このため自律神経が乱れると、排便のトラブルも起こりやすく、さらにはお肌のトラブルも生じやすいのです。

 

最近ストレスでお肌の調子も悪くて・・・という人は、便秘になっていないかチェックしてみましょう。

 

ストレスによって自律神経のバランスが乱れてしまわないように、腸内環境を整え、ストレスに強い体づくりを目指しましょう。

 

腸内のビタミン合成に影響

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

腸内環境は皮膚の新陳代謝にも影響します。

 

ビタミンは美容において重要な栄養素ですが、ほかにも糖質の代謝を促す、血液を作る、骨を健康にする、免疫機能を正常に保つなどの働きもあります。重要な役割のビタミンですが、実は腸内で善玉菌がビタミンを合成しているのをご存知ですか?

 

善玉菌はビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、ナイアシン、ビオチン、ビタミンK、葉酸など約11種類ものビタミンを生成する働きがあります。善玉菌が少なくなってしまった腸内環境では、これらビタミンの供給量も減少してしまうために、皮膚の新陳代謝が追いつかなくなってしまい、肌トラブルを起こしやすくなります。

 

主なビタミンの働き

ビタミンB1

ビタミンB1は不足するとむくみや肩こりが起こりやすくなり、ビオチンは皮膚細胞を活性化させる働きがあります。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は皮膚や髪、爪の再生に関与して、有害な過酸化脂質を分解します。
不足すると唇の荒れや口唇炎、口角炎を引き起こし、肌荒れも起きやすくなります。

 

ビタミンB6

ビタミンB6は、アミノ酸の代謝や神経伝達に用いられて、不足することで痙攣やてんかん発作、貧血などが起きやすくなります。

 

ビタミンK

ビタミンKは、出血した場合に血液を固める働きと、骨にカルシウムを沈着させて丈夫な骨を作る働きがあります。
骨粗しょう症の改善にも、ビタミンKが大切だと言われています。

 

葉酸

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種であり、ビタミンB12とともに赤血球の合成を行います。
それには、葉酸が欠けても、ビタミンB12が欠けても駄目だと言われています。

 

また、細胞分裂・増殖が活発に行なわれる胎児にとっては必要不可欠な栄養素であり、妊娠前や妊娠初期には非妊娠時の2倍くらいを摂取するよう言われています。

 

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

 

このようにビタミンを合成する腸内の善玉菌を増やすことは非常に重要なのですが、腸内環境が崩れ悪玉菌が増えてしまうと、逆にビタミンを分解するアイリナーゼという酵素が増えてしまい、ビタミンを破壊してしまうのです。
各ビタミンにはそれぞれ重要な役割がありますので、腸内環境が悪化することが体内にとってどれだけ悪影響化が分かりますね。


 

ニキビの悪化要因「活性酵素」を生む

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

腸内の悪玉菌は「活性酵素」を発生させます。
活性酵素はニキビを悪化させる要因の一つと言われています。悪玉菌が優位の腸内環境では、多くの活性酸素を発生させてしまいます。

 

腸内環境悪化は、ビタミンの生成を妨げるだけでなく、悪影響をおよぼし活性酵素を増やしてしまうのです。

 

以上のように、便秘による腸内環境悪化は、腸内のバランスが崩れ、お肌のトラブルが起きやすい状況にしてしまいます。便秘と肌トラブルを悪化させないためにも、善玉菌を増やしていく生活を心がけましょう。

 

スキンケアで治らない肌荒れ・ニキビは便秘が原因かも?

美肌は、スキンケアだけでなく、体の内側からつくられるものです。表面的なスキンケアだけでは改善できない肌トラブルは、しっかりと体の内側から見直しましょう。

 

思春期ニキビとの違い

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

大人のニキビは、思春期のニキビとは異なります。

 

思春期ニキビは、皮脂が過剰に分泌されることでできます。

 

一方、大人ニキビは体内のバランスが不安定になっているときに起こりやすくなります。例えば、女性の場合、月経前はニキビができやすい・・・という人もいるでしょう。ホルモンバランスの変化が、お肌に大きく影響をおよぼします。

 

同様に便秘は腸内のバランスが崩れ、体内に様々な悪影響が生じますが、その一つが、肌荒れや大人ニキビとなるのです。

 

スキンケアをしても治らない

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

化粧水や保湿剤をいつもより多く塗ってみたり、洗顔をより丁寧にしたみたり、スキンケアをしてみても肌荒れやニキビ改善されない場合は、原因として便秘を疑ってみましょう。

 

便秘による肌荒れや大人ニキビは、皮脂の過剰分泌によって起きる思春期ニキビとは異なるため、スキンケアでは改善されないのです。

 

それどころか、外部から刺激を与えることで、肌荒れやニキビが悪化することもあるので、注意が必要です。

 

軽視できない便秘による肌荒れやニキビ

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

「たかが便秘・・・」と軽く考えてしまうことはありませんか?
特に排便に関することは人には言いにくく、便秘で悩んでいても相談しにくいことから、便秘を悪化させてしまうこともあります。

 

また便が長期間出ないというほどでもない、自分は便秘ではないと思っていても、排便回数は個人差があるので、何日出なければ便秘、という明確な定義はありません。毎日排便があっても、残便感でお腹が張っていたり、すっきりしない状態が続いたりしていれば、便秘と言えるのです。特に注意しないといけないのは、コロコロとした固く丸い便です。毎日出ていたとしても、このような便の場合は便秘状態である可能性が高いです。

 

なかなか治らない肌荒れやニキビに悩まされている人は、一度自分の便秘や生活習慣について考えてみましょう。

 

肌荒れやニキビが日常生活に与える影響は?

肌荒れやニキビが日常生活に与える影響とはどんなことがあるでしょうか?

 

好感度の低下

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

人の見た目の印象というのは非常に大切です。

 

もし人と接する仕事をしているならば、なおさらです。自分が客として接するならば、肌荒れしている販売員とお肌ツルツルの販売員であれば、やっぱりお肌ツルツルの方が良いですよね。営業職であっても、接客業であっても、同じでしょう。

 

肌荒れやニキビができていると、どうしても気になって気分が落ち込みやすくなります。販売員や営業職のような見られる仕事であるとなおさら。何となく気分が落ちている販売員や営業よりも、お肌ツルツルで元気ハツラツという方が好感度も高くなるでしょう。その好感度が売り上げにも多少なりとも影響する可能性大です。

 

また、プライベートでも同じことが言えます。友達や知り合いなどと接する場合も、肌荒れやニキビが気になって気分が落ち込みがちであると、印象も暗くなってしまい、マイナスに働いてしまうこともあるでしょう。恋人や夫婦間の関係にも、悪影響を与えてしまうこともあるかもしれません。

 

たかが肌荒れやニキビでも、気になればなるほど、人の気持ちに大きな影響を与えるのです。女性だけではなく、男性でも、です。

 

清潔感の欠如

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

肌荒れやニキビがある人は、清潔感に欠ける、という印象を持たれやすいです。特に、男性にそのような印象を持つ人が多いと言われています。ちょっと意外ですね。

 

例えば、営業職や接客業という人と接する職業の場合、一般的に爽やかなイメージがありますので、清潔感に欠けるというのは非常にマイナスになってしまいます。また、食品を扱う販売員の場合、清潔感に欠けるというのは、非常にイメージが良くないですね。

 

プライベートでもそうです。男性でも女性でも、清潔感に溢れている人の方が印象が良いです。恋人関係だけでなく、清潔感が溢れている人の方が、好感度が高く好かれますね。

 

ブランドイメージの悪化

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

例えば、アパレルの場合、販売員がブランドイメージとなることがあると思います。そのブランドの洋服や小物を身に着け、マネキンとしての機能も果たしていることが多いと思います。それも業務の一つだったりしますよね。そんなシーンで、肌荒れやニキビがひどいと、不本意ながらもブランドイメージに傷をつけていることもあるでしょう。お客様はそのブランドのイメージを見定めていることがあります。

 

仕事上のことであっても、スタッフの印象が店舗や企業のイメージを左右してしまうこともあるのです。自信を持って業務にあたるためには、たかが肌荒れやニキビと思わずに、改善した方が良い影響を与えるでしょう。

 

また、これはプライベートでも言えることです。本来の自分のイメージが、便秘による肌荒れやニキビによって印象がマイナスになってしまうことがあります。

 

業務への支障

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

肌荒れやニキビによって、直接、業務に支障をきたすこともあります。

 

例えば、美容部員として働く販売員の場合、肌荒れやニキビがあることで、メイクができなかったり、取り扱う商品への説得力に欠けてしまったりすることになります。

 

より美しく見せるためのスキンケアやメイク関連商品の販売となりますし、時には実演も含みますから、美容部員が肌荒れやニキビをおこしていては業務をこなることさえできなくなってしまいますね。そして、表面的なスキンケアを頑張るほど、肌を傷つけて悪化させてしまっていることもあります。

 

最悪、辞職を余儀なくされてしまうこともあるかもしれません。

 

自信喪失

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

たかが肌荒れやニキビと思いがちですが、気になっている人にとっては大きな悩みの種であることが多いです。残便感や便秘、それによる肌荒れやニキビに悩まされる人はとても多くいて、思っている以上にマイナス要因となり、ダメージを受けてしまっていることがあるのです。

 

肌荒れやニキビがひどく、なおかつ、スキンケアをしても一向に治らない、という状態となってしまうと、自分自身への自信喪失にもつながりかねません。人によっては人前に出ること自体が嫌になってしまうほど、思い悩む原因ともなりがちです。そうなってしまうと、出勤するのも外出するのも苦痛となってしまいますよね。それだけ、働いたり生活していく上では、肌荒れやニキビというのは大きな影響を与えてしまうのです。

 

そんな自信喪失の原因となる肌荒れやニキビ、もしかしたら、便秘が原因によるかもしれません。

 

便秘による肌荒れやニキビを解消するには

便秘による肌荒れやニキビを解消するには、スキンケアなどの直接的に肌荒れやニキビを治そうとしてもなかなか効果が現れないものです。原因となる便秘を解消しない限り、一時的に良くなったとしても、再発する可能性が高いのです。

 

まずは、便秘の原因を徹底分析してみましょう。便秘解消にはまずは、原因を知ることが大切です。便秘の原因となることはいろいろとありますので、まずは自分自身に当てはまるものがどれなのか、確認をしていきましょう。そして、原因を探って、解消を試みてみましょう。

 

残便感を引き起こす便秘の原因1 残便感の原因は睡眠不足からくる便秘。良質の深い眠りでスッキリ!
残便感を引き起こす便秘の原因2 残便感の原因は食生活の乱れからくる便秘。和食生活で解消できる!
残便感を引き起こす便秘の原因3 残便感の原因は水分不足からくる便秘。1日何Lの水を飲めば良い?
残便感を引き起こす便秘の原因4 残便感の原因は便意の我慢からくる便秘。朝の排便習慣で心配無用
残便感を引き起こす便秘の原因5 残便感の原因はストレスによる便秘や下痢。過敏性腸症候群にも注意!
残便感を引き起こす便秘の原因6 残便感の原因はダイエットや服装からくる便秘。意外なところに落とし穴
残便感を引き起こす便秘の原因7 残便感の原因は腸内環境の乱れ。善玉菌を増やせばスッキリ快便!

 

どうでしょうか?

 

「私の便秘は、きっと●●が原因だ!」というものがあれば、改善するよう心掛けてみましょう。

 

しかしながら、生活している中で、規則正しく食事を取ったり、適度な運動をすることも、仕事などによって難しいかもしれません。また何かしらストレスが溜まりがちですし、何のストレスもない状態で生きることは非常に難しいでしょう。そうなると、便秘の原因をすべて改善するのは、それほど簡単なことではなかったりもします。

 

ですから、これらの便秘の原因が多少あったとしても、便秘になりづらい腸内環境を整えることが大切なのです。そうすることで、便秘になりにくくなるだけでなく、便秘が原因となる肌荒れやニキビも防げるようになりますし、残便感も改善できるのです。

 

さらに、善玉菌が多く腸内環境が整っていると、肌ツヤが良くなるとも言われています。

 

肌荒れやニキビを解消するには腸内環境を整えよう

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

残便感が生じている場合、便秘や下痢が要因となって腸内の悪玉菌が増え、腸内環境が乱れがちです。そのことが原因で、肌荒れやニキビができてしまっていることもありますし、便通を悪化させていることもあります。腸内環境が乱れていると、体にさまざまな症状を引き起こしてしまうのです。

 

そのため、便秘による肌荒れやニキビを解消するには、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えてあげることが重要です。便通改善にもなりますし、肌もきれいになります。

 

そして、善玉菌を増やす方法としては、二つおすすめがあります。一つはオリゴ糖、もう一つは乳酸菌です。

 

オリゴ糖を摂って、腸内の善玉菌を増やす方法

一番のおすすめは、オリゴ糖を摂って、腸内の善玉菌を増やす方法です。

 

オリゴ糖は、腸内のビフィズス菌(善玉菌)のエサとなり、ビフィズス菌を活性化させて増やす働きがあります。もともと腸内にある善玉菌を増やすことができますので、もっとも効果が期待できて、おすすめの方法となります。

 

効果の得られやすいオリゴ糖の選び方

また、気をつけないといけないのは、オリゴ糖の選び方です。オリゴ糖は大豆やたまねぎ、バナナなどに含まれる成分ですが、食材に含まれる量は少なく、毎日必要量を摂り続けるのは難しいのです。そのため、オリゴ糖食品を摂るのが良いのですが、オリゴ糖食品も数多くあり、選び方を間違えると期待する効果も得られません。

 

というのは、オリゴ糖食品にはパウダー状のもあれば、液体シロップ状のものもあり、非常にたくさんの種類のものが販売されています。特に液体シロップ状のものは、スーパーなどで手軽に購入することができ、しかも安価なので選ばれやすいのです。しかしながら、液体シロップ状のものは、オリゴ糖よりも糖分(砂糖)の含有量が多く、腸に届くまでに消化してしまう消化性オリゴ糖が配合されていることが多いのです。腸内のビフィズス菌のエサにするには、消化性オリゴ糖ではなく、腸まで消化せずに届く難消化性オリゴ糖を摂る必要があります。

 

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

それから、腸内にすむビフィズス菌は、30種類以上あると言われていて、種類によって好むオリゴ糖も変わります。1種類の難消化性オリゴ糖を大量にとっても、好みのものでなければ善玉菌を増やすことにはつながらないのです。そこでおすすめなのは「カイテキオリゴ」です。カイテキオリゴ」は、最多の6種類ものオリゴ糖が配合されているだけでなく、独自のEOS理論により、それらのオリゴ糖の組み合わせで腸内のビフィズス菌をほぼ活性化させることができるのです。さらに2種類の食物繊維も配合されているので、スッキリ感も高まり、腸内環境を整えやすいのです。

 

カイテキオリゴ」は、赤ちゃんから、大人、高齢者、妊婦まで幅広く愛用者がいて、効果を実感しています。通信販売のみの販売方法にも関わらず、人気が非常に高いオリゴ糖商品でもあるのです。

【おすすめのオリゴ糖】「カイテキオリゴ

 

乳酸菌を摂って、腸内の善玉菌を増やす方法

乳酸菌を摂って、腸内の善玉菌を増やす方法もあります。

 

乳酸菌(善玉菌)を口から直接摂って、腸内の善玉菌を増やす方法があります。それぞれの腸環境に合う乳酸菌を摂ることで、善玉菌を増やし腸内環境を整えることができるのです。

 

効果の得られやすい乳酸菌の選び方

乳酸菌というと、ヨーグルトなどの発酵乳を思い浮かべる人も多いと思いますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸に届くまでに死滅してしまうものがほとんどなのです。腸内の善玉菌を増やすには、腸まで生きたまま届く菌を摂らないと期待する効果が得られないのです。また、腸内の乳酸菌は食生活や居住環境で種類が異なってきますので、より多い種類の乳酸菌を摂ることが大切なのです。

 

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

そこでおすすめなのは、「乳酸菌革命」です。「乳酸菌革命」は、ビフィズス菌やラブレ菌、ガセリ菌という三大乳酸菌をはじめ、16種類の主役級の乳酸菌がカプセルにギュッと配合されています。1種類の乳酸菌ですと、タイプが合わずに体外に排除されてしまう可能性が高くなってしまいますので、「乳酸菌革命」で、主要の16種類の乳酸菌を一気に摂ることが非常に重要なのです。しかも、「乳酸菌革命」は、有胞子乳酸菌で腸まで生きたまま届きやすく、さらに耐酸性カプセルを採用して胃酸などから乳酸菌を守る工夫がされています。多種類の乳酸菌が、生きたまま腸に届きやすいので、その分効果が得られやすいのです。

 

そして、「乳酸菌革命」は、1日に2カプセルの摂取目安で、ヨーグルト10個分の乳酸菌を摂ることができます。毎日ヨーグルト10個分を摂り続けるのは、量も多すぎますし、カロリーの高さも気になります。その点、「乳酸菌革命」はカプセル2粒で良いので、気楽に飲み続けられるのが大きな利点です。

【おすすめの乳酸菌】「乳酸菌革命

 

発酵乳で乳酸菌を増やすなら「ケフィア」

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

もし、発酵乳で腸内の乳酸菌(善玉菌)を増やしたいならば、「オリジナルケフィア」がおすすめです。

 

オリジナルケフィア」は、ヨーグルトが1〜2種類の乳酸菌で発酵しているのに比べ、多種の乳酸菌と多種の酵母で発酵しているのが大きな特徴です。その分、腸内環境を整えるのに、より高い効果が期待できるのです。そして、「オリジナルケフィア」は家庭で簡単に手作りできるので、常にフレッシュなものを食べることができます。常温で発酵するのが利点です。

 

しかも、牛乳だけでなく、豆乳や低脂肪乳などでも作ることができて、食感や味が異なるため、毎日飽きずに続けることができます。腸内の善玉菌を増やすには、毎日食べ続けることが大切です。

【おすすめの発酵乳】「オリジナルケフィア

 

残便感,活性酸素,肌荒れ,ニキビ,便秘

 

便通異常による肌荒れやニキビを改善するには、腸内環境を整えて、便秘や下痢になりにくくすることが一番重要です。

 

そのためには、「カイテキオリゴ」で腸内のビフィズス菌(善玉菌)を活性化させて増やすこと、乳酸菌革命」で腸内の乳酸菌(善玉菌)を増やすこと、ヨーグルトではなくオリジナルケフィア」を食べて腸内環境を整えやすくすることが非常に重要で、なおかつおすすめの方法になります。3つ同時に試すことでより高い効果が期待できます。


 

まとめ

1 残便感は主に便秘により起こります。
2 便秘になると、有害物質を発生させ、血液中に溶け出して、全身を巡ります。その有害物質が肌荒れやニキビなどの肌トラブルを引き起こします。
3 便秘は腸内環境を悪化させ、自律神経の働きを弱め、腸内のビタミン合成にも影響が出ます。また、悪玉菌はニキビの悪化要因、活性酵素を発生させます。
4 若い頃のニキビとは異なり、大人ニキビは体内のバランス(腸内環境)が不安定になっているサインです。
5 腸内環境整えて、便秘になりにくい状態を作ることが大切です。善玉菌を増やし腸内環境を整えることで、便秘になりにくくなるだけでなく、肌ツヤが良くなると言われています。

【腸内環境を整えるためのおすすめアイテム】

腸内のビフィズス菌(善玉菌)を活性化させて増やす「カイテキオリゴ
腸内の乳酸菌(善玉菌)を増やす「乳酸菌革命
ヨーグルトを「オリジナルケフィア」に変えて腸内環境を整える

 

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る

 

スポンサーリンク