残便感 便秘 放置 痔

残便感による便秘から起きる症状「裂肛」「痔核」排便時に出血していたら・・・

残便感,痔,便秘
残便感の原因の一つには便秘があります。
そして、便秘で思い切りいきんでいたらトイレットペーパーに出血が!?
ついに痔になってしまったとショックを受けながらも、人には言えずそのままにしている人はいませんか。

 

痔なんて恥ずかしい・・・と思いがちですが、実は日本人の3人に1人は痔を患っている、と言われるほど、多くの人が痔に悩んでいるのです。

 

便秘もなかなか人には言いにくい悩みですが、痔の悩みはさらに相談しにくく、一人で抱えてしまったり、放置してしまったりしがちです。しかし自己判断で放置し、悪化してしまうと、最悪の場合、手術になってしまう可能性もあります。

 

そうならないためにも、今すぐ痔にならない便秘対策を始めましょう!

 

「裂肛」「痔核」が便秘によって起きるメカニズム

残便感を引き起こす便秘ですが、どのようにして、便秘が痔を引き起こすのでしょうか。便秘によって起きる痔、と一言で言っても、種類によって原因も症状も異なります。

 

便秘により起こる痔には、主にいぼ痔と言われる「痔核(じかく)」、切れ痔と言われる「裂肛(れっこう)」があります。

 

残便感,痔,便秘

 

便秘により起きる痔の種類には、「裂肛(れっこう)」と「痔核(じかく)」があります。
便秘になると、便が長時間腸にとどまるため水分が吸収され、硬い便になってしまいます。その硬い便を無理矢理出すこと自体が、肛門部分に負荷をかけたり、傷つけたりしてしまうことで、痔を引き起こすのです。


 

 

【裂肛(れっこう)/切れ痔】

硬い便を無理矢理出そうといきんだときに、肛門の粘膜が裂けてしまい、その傷口から便の細菌が入り、炎症を起こしてしまいます。便秘がちな女性に多い症状です。

 

便は強いアルカリ性の老廃物で、さらに腸内で便の腐敗が進むと、刺激の強い便になり炎症を起こしやすい物質になります。

 

裂肛(切れ痔)・・・出血量は少なく、排便時に痛みを伴います。
  【原因】硬い便、下痢便

 

裂肛を繰り返すと、裂け目が深くなり炎症が起きて、潰瘍やポリープができてしまい、肛門が狭くなる(肛門狭窄)ことがあります。

 

【痔核(じかく)/いぼ痔】

硬い便を強くいきんで排出しようとすると、肛門周囲の血管に負荷がかかります。肛門の血液循環が悪くなり、肛門周囲の静脈がうっ血して、いぼのような膨らみができます。

 

痛みが出る前にまず出血が起こるのが特徴です。少量の出血から便器の中が真っ赤になるほどの出血まで個人差があります。

 

生まれつき肛門の粘膜や皮下組織や弱い人、高齢者に起こりやすいと言われ、妊娠や出産の際に痔になってしまうケースも多くあります。

 

痔核(いぼ痔)

内痔核・・・肛門の内奥部にできる

初期の内痔核では、痛みは少なく排便時に出血と共にいぼが出ます。しかし進行すると、排便時にいきむと、いぼが肛門の外に出るようになり(脱肛)、排便の度に指で押し戻す必要があります。さらに進行してしまうと、指でも押し戻せなくなってしまいます。
【原因】排便時の強いいきみ、長時間同じ姿勢、妊娠や出産

 

外痔核・・・肛門の手前側にできる

いぼが炎症を起こし、大きく腫れて痛みを伴います。
【原因】便秘、下痢、アルコールや刺激物の過剰摂取、冷え、ストレス

 

便秘と痔の悪循環

便秘や下痢は痔をつくる原因となり、さらに痔になると便秘も悪化してしまう、という悪循環に陥ることも多くなります。

 

便秘になる

硬い便を強くいきんで無理に出そうとする

痔になる

排便時の痛みから、便意を我慢しがちになる

便秘の悪化

 

このように便秘と痔は、共に症状を悪化させてしまう可能性が高いのです。

 

便意を我慢しない

痔があると、便秘は我慢せずに排便しないといけない、と分かっていても排便時の痛みは辛く我慢してしまいがちです。しかし便意の我慢は悪循環しか招きません。

 

便意の我慢を続けることで、便意さえ感じられなくなると、無理ないきみばかりで、痔も便秘も悪化する一方です。少しずつでも便が出やすくなるように、便意を感じたらなるべくすぐにトイレに行きましょう。便意を我慢すると、残便感を悪化させる原因にもなってしまいます。

 

また排便前の一工夫で、痛みが軽減することもあります。排便時にオリーブオイルや馬油、ワセリンなどを肛門に塗ると便のすべりが良くなり、痛みが軽減されることもあるので試してみてください

 

おしりは清潔に

また患部が汚れたままでは傷の治りが悪くなってしまうので、おしりは常に清潔にすることを心がけましょう。

 

排便の後はウォシュレットやおしりふきシート等で、やさしく肛門を清潔にしましょう。ただし、トイレットペーパーで強く拭いてしまうと、刺激が強く、痔が悪化してしまう可能性がありますので気をつけましょう。

 

ウォッシュレット症候群に注意!

おしりをきれいにしようとウォッシュレット(温水便座)を愛用している人は多いと思いますが、使いすぐにはくれぐれも要注意です。ウォッシュレットを長時間使い過ぎたり、水圧を高くしてしまうと、肛門が切れしまったり(切れ痔)、痔を悪化させる原因となってしまいます。「弱」で10秒内の使用にしましょう。

便秘だけじゃない!下痢の排便トラブルも要注意

下痢もまた、残便感や痔の原因となる排便トラブルのひとつです。

 

下痢は腸の蠕動運動が異常に活発になることで、便の水分が腸内で吸収されずに泥状便や水様便の状態で、肛門に圧力をかけたまま勢いよく排泄されます。そのため肛門の粘膜を傷つけて炎症を起こし、裂肛や、あな痔と言われる「痔瘻(じろう)」が起こりやすくなります。

 

【痔瘻(じろう)/あな痔】

下痢等により、肛門小窩に便が入り込み、直腸や肛門の粘膜が、大腸菌などの細菌によって炎症を起こし、モグラが穴を掘るように穴が広がり、膿がたまります。化膿し、周囲が腫れ、痛みを伴う上に、場合によっては38〜39度の高熱が出ることもあります。この化膿した状態を肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)と言い、いわば痔瘻(あな痔)の前段階です。
そして、肛門周囲膿瘍が進行すると肛門周囲に穴が貫通してしまいます。それが痔瘻となります。痔瘻は手術による根治治療が必要になります。

 

また、おしりを清潔に保つためにウォシュレットなどの使用は有効ですが、水圧には注意が必要です。ウォシュレットの水圧が強すぎると、肛門内に汚水が逆流し、痔瘻の原因になってしまうこともあるので、刺激が強くなりすぎないよう適度な使用を心がけましょう。

 

【下痢になる原因】

暴飲暴食

アルコールの過剰摂取

強い香辛料の過剰摂取

冷え

ストレス

 

痔瘻は主に下痢になりやすい男性に多いと言われます。仕事上のストレスをなかなか解消出来ない、仕事の付き合いで飲酒の機会も多くなりがち、という人は下痢になりやすく、痔にもなりやすい要因を抱えているのです。

 

<便秘でも起きる痔瘻>
基本的には下痢しやすい男性に多い痔瘻。しかし、便秘でなることもあるのです。

 

それは、直腸性便秘です。直腸性便秘は直腸に便が溜まる便秘ですので、直腸に溜まった便が肛門小窩に入り込むことによって、痔瘻を起してしまうのです。

 

勤務中に自由にトイレに行き用を足すことができにくい方や移動が多い方などは、便意を我慢することで便秘になる人が多いです。これは直腸性便秘になりやすい原因です。

 

痔瘻は悪化すると手術でしか完治方法がなくなってしまいます。痔瘻にならないようにするためにも、便秘は解消しておきましょう。

 

 

痔と思っていたら・・・間違えやすい病気の可能性も

残便感,痔,便秘

排便時に出血があり、痔と思っていたところ、受診してみたら大病だった、というケースもあります。

 

裂肛の場合は肛門付近からの出血なので、血の色は鮮やかな赤です。しかし腸から出血した場合は、時間が経過し黒っぽい血になります。赤黒い出血があった場合は、腸の病気が考えられます。

 

大腸がんや潰瘍性大腸炎、大腸ポリープなどの可能性もあるので、心配なことがある場合は早急に受診することをおすすめします。

仕事の内容でなりやすい?!「裂肛」「痔核」

痔になりやすい原因に、職業も関係していることがあります。

 

長時間同じ姿勢で仕事をしている人は注意!

残便感,痔,便秘

長時間座ったままの仕事の人は、肛門部分がうっ血しやすいために痔核(いぼ痔)になりやすくなります。たとえば、事務職や携帯ショップなどのスタッフで、座ったままの業務が長時間になる場合は、同じ姿勢が続くので、動けるときには意識して歩いてみたり、ストレッチしたり、体を動かしてみましょう。

 

また、立ち仕事中心のアパレル販売員や美容師などにとっては一見関係ないように思われますが、実は立ち仕事の場合も血液が滞りがちになると、肛門部分はうっ血しやすいため、同様にいぼ痔の原因になるのです。

 

どちらも長時間同じような姿勢が続く場合は軽い運動を行うことが大切です。血流が滞らないようにしましょう。

 

喫煙者も痔になりやすい

残便感,痔,便秘

職場環境にもよりますが、サービス業に従事している人の喫煙率が比較的高いとも言われています。喫煙者も痔になりやすい要因があるので、注意が必要です。

 

ニコチンが体内に吸収されると、血管が縮み、血行が悪くなります。これもうっ血しやすくなる要因ですので、痔核(いぼ痔)になりやすいという傾向があります。

 

季節問わず冷え対策を

残便感,痔,便秘

職場によってはエアコンの効いた環境で長時間過ごすため、冷えに悩まされる人も多いようです。血行が悪いと痔になりやすくなるので、体を動かすことと冷え対策が大切です。

 

また痔の痛みがあるときは、患部を温めると痛みが和らぎます。勤務中は下着を重ね着したり、冬はカイロを利用したり、夜はしっかり入浴することで肛門部を温めるようにするといいでしょう。

 

また、痔瘻の場合は肛門部を冷やす方が炎症を抑える効果があります。

 

便秘による「裂肛」「痔核」の解消法

痔の症状を改善させるためには、市販薬を使用したり、普段からおしりを清潔に保つよう心がけていると思いますが、何よりも、痔を悪化させる最大の原因、便秘や下痢にならないことが最も重要です。

 

残便感を感じている人は、すでに便秘や下痢になっている可能性が高いですから、早急に改善するようにしましょう。

 

生活習慣を見直す

残便感,痔,便秘

朝食はしっかり摂り、朝必ずトイレに行く習慣で排便リズムを整える
朝食は必ず摂り、出かける前に必ず自宅でトイレに行くようにします。家事や育児で排便リズムを整えられるように生活習慣を見直しましょう。

 

勤務中はトイレに自由に行けない上に、痔の痛みからつい便意を我慢してしまいがち・・・という人は、ますます便秘を悪化させることになります。朝自宅でトイレに行く習慣をつけると、日中の便意の我慢をしなくて済むようになりますよ。

 

運動不足解消

残便感,痔,便秘

運動不足や長時間同じ姿勢での仕事は、血行不良を招き、痔になりやすくなってしまいます。
また筋力不足は便を押し出す力も弱くなるため、便秘になりやすい体質になってしまいます。
ストレッチやウォーキングなど軽い運動で体を動かすようにしましょう。

 

腸内環境改善を意識した食生活に

残便感,痔,便秘

硬い便にならないように、食物繊維や発酵食品などを積極的に摂り、腸内環境を整えるよう意識してみましょう。

 

また水分不足は便秘になりやすいので、水分補給を意識して行いましょう。常温の水を少しずつ飲むこと、また食事の際は汁物を合わせて摂ることをお勧めします。
特に食物繊維の豊富な具沢山のお味噌汁などは、便秘解消には一石二鳥です。

 

また痔の場合は、刺激の強い食べ物やアルコールも控えましょう。辛みの強い食べ物は、肛門をはじめ消化器官の粘膜を刺激し、充血させることがあるので、食べ過ぎないように気をつけましょう。

 

ゆっくり入浴

残便感,痔,便秘

忙しい人ほど、シャワーだけなど入浴時間を短くしてしまいがちですが、ゆっくりと入浴することはお尻を清潔にするだけでなく、様々な効果をもたらしてくれます。
痔にとっては「入浴が最高の特効薬」と言われるほどです。ただし、痔の種類によっては熱いお風呂が刺激になることもあるので、ぬるめの半身浴でゆっくりつかることをお勧めします。

 

血行促進やリラックス効果など、入浴は副交感神経の働きを高め、自律神経のバランスを整えてくれます。副交感神経は腸の働きをコントロールする役割があるので、便秘にならない生活習慣の一つとして、ゆっくり入浴することはとても大切なのです。

 

なかなか治らないときは受診しましょう

残便感,痔,便秘

肛門科の受診は抵抗がある人も多いでしょう。特に女性は恥ずかしくてなかなか受診する気になれないですよね。
しかし最近は「○曜日は女性のみ」という女性外来を設けている病院があったり、女医さんがいる病院であったり、少しでも女性が受けやすくしているところもあるようです。

 

軽度の痔であればぬり薬や坐薬などで治療できるところを、日常生活に支障が出るほど悪化してしまうと手術が必要になってしまうこともあります。

 

痔瘻は手術による根治治療が必要ですが、裂肛で約1割、痔核で2〜3割程度が手術の対象となると言われます。悪化して飛び出したままになってしまった痔核や、痔核が多数で着て肛門全体がひっくり返ってしまった脱肛(だっこう)、または裂肛を繰り返して潰瘍になってしまった場合は手術が必要になります。悪化して手術が必要になってしまう前に肛門科を受診してみましょう。

 

その際、肛門科の専門医がいる病院を選ぶようにしましょう。内科などに併設されている肛門科の場合は、担当医は肛門科専門の医師ではない可能性もあります。肛門科の専門医でない場合、適切な処置がされないこともありますから、必ず、肛門科の専門医を受診するようにしましょう。

残便感から痔になるのを防ぐために

残便感の原因は主に便秘です。便秘が続くと、痔を引き起こす要因にもなりがちです。そのため、痔の発症や再発を防ぐには、便秘の改善が非常に重要です。

 

まずは、便秘の原因となることを見直し、改善することが大切です。

 

残便感を引き起こす便秘の原因1 「睡眠不足」がさらに便秘を悪化させている!
残便感を引き起こす便秘の原因2 その「食習慣」が原因かも!?食生活を見直すと・・・
残便感を引き起こす便秘の原因3 勤務中の「水分不足」が便秘を悪化させている!
残便感を引き起こす便秘の原因4 「便意の我慢」続けてしまうと次第に便意が・・・
残便感を引き起こす便秘の原因5 最大の原因は「ストレス」!?その便秘、悪化してしまうと・・・
残便感を引き起こす便秘の原因6 便秘の原因になりやすい「服装とダイエット」とは?
残便感を引き起こす便秘の原因7 「腸内環境の乱れ」!生活習慣の乱れやストレスが原因かも!

 

思い当たることがある場合は、改善するようにしましょう。

 

残便感,痔,便秘

 

生活環境や仕事などの関係で、どうしても改善できないこともあるでしょう。その場合、便秘で悪化した腸内環境を整えるようにすることが非常に重要です。善玉菌を増やし乱れた腸内環境を整えることで、便秘や下痢になりにくくなります。そうすることで残便感の改善にもつながります。


残便感による痔を防ぐために、腸内環境を整える

まとめ

・残便感の主な原因の一つは便秘です。
・便秘になると硬い便を無理矢理いきんで出すため、肛門部分が裂けたり、負荷をあたえてうっ血することで、裂肛(切れ痔)や痔核(いぼ痔)が起こりやすくなります。
・残便感による下痢は、裂肛や痔瘻(あな痔)の原因となります。痔瘻を完治させるには手術しか方法はありません。
・残便感による痔の改善には、便秘にならないよう生活習慣の見直しや腸内環境を整えることが重要です。

 

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る