残便感 改善 便秘解消

残便感に悩む人はとてもに多い

残便感,改善,解消
残便感の主な原因は、「便秘」です。
実は、便秘に悩む日本人は5人に1人と言われているほど多く、赤ちゃんから高齢者まで、男女関係なく、たくさんの人が便秘を解消したいと願っているのです。そして、便秘による残便感に悩む人も非常に多くいます。

 

また人々の生活には、睡眠不足や食生活の乱れ、無理なダイエット、便意の我慢など便秘になりやすい原因が多く含まれています。しかしながら、規則正しい生活をして、栄養バランスの良い食事を正しい時間に3食とり、便意を感じ時に速やかにトイレに行き排泄をする、という便秘改善に必要なことが容易にできないこともあるのです。

 

便秘を解消したくてもなかなか原因を改善できない、そのような環境の中で、残便感を改善する手立てはあるのでしょうか?
しかも、手軽で、お金がかからない方法は何でしょうか?
探っていきたいと思います。

 

このページの目次

 

1 
2 
3 
4 
5 
6 
7 
8 

便秘の原因から改善方法を探ってみよう!

 

ではまず、便秘の原因となることから、便秘解消のための改善方法を探っていきましょう。

 

主な便秘の原因となること

 

残便感を引き起こす便秘の原因1 「睡眠不足」がさらに便秘を悪化させている!
残便感を引き起こす便秘の原因2 その「食習慣」が原因かも!?食生活を見直すと・・・
残便感を引き起こす便秘の原因3 勤務中の「水分不足」が便秘を悪化させている!
残便感を引き起こす便秘の原因4 「便意の我慢」続けてしまうと次第に便意が・・・
残便感を引き起こす便秘の原因5 最大の原因は「ストレス」!?その便秘、悪化してしまうと・・・
残便感を引き起こす便秘の原因6 便秘の原因になりやすい「服装とダイエット」とは?
残便感を引き起こす便秘の原因7 「腸内環境の乱れ」!生活習慣の乱れやストレスが原因かも!

 

便秘の原因となることについて、一つひとつ見ていきたいと思います。

 

 

不規則な生活、睡眠不足に注意!

 

残便感,改善,解消

不規則な生活や睡眠不足は、便秘の原因となります。

 

例えば、シフト制で勤務している場合、閉店時間が遅い店舗などで勤務している場合、残業続きの勤務の場合、帰宅時間も遅くなりがちです。当然のことではありますが、退勤する時間が遅いほど、睡眠不足になることも多くなります。また24時間営業のコンビニや工場などで夜勤専門で働く場合、睡眠時間の長さだけでなく、日中の睡眠で眠りが浅くなってしまうと、睡眠の質にも影響してきます。

 

就寝中は自律神経の「副交感神経」が活発に働いています。副交感神経は腸の動きをコントロールしていて、就寝中は体や脳を休めながらも、消化管ホルモンの「モチリン」を分泌し、消化した食べ物を腸に移動しやすくしています。しかしながら、本来寝ているはずの時間に起きていると、活動しているときに優位になる「交感神経」が刺激され、副交感神経の働きは低下してしまい、モチリンの分泌が十分行われなくなってしまいます。モチリンの分泌が不十分であると、便が作られず、便秘の原因となってしまうのです。

 

また副交感神経の機能が低下してしまうと、自律神経のバランスが崩れ、様々な体の不調を引き起こしてしまいます。

 

残便感,改善,解消

 

とはいっても、簡単にシフトを変更したり、職場を変えたりすることはできないです。
現職から他の職業に転職をしても、次の職業にまた違う便秘の原因があれば同じことですし、現状の生活スタイルで便秘は解消できないのでしょうか?


 

残便感,改善,解消

 

このような勤務スタイルだからといって、全員が便秘になる訳ではないですよね。
他の職業であっても、便秘になる原因は共通するので、職を変えただけで便秘を完全に解消できるとは限りません。
そのため、多少の不規則な生活習慣があっても、便秘になりにくい腸内環境を整えておくことが大切です。


 

 

食生活を見直してみましょう

 

残便感,改善,解消

決まった時間に、栄養バランスの良い食事を三度とらないと、便秘になりやすくなります。

 

シフト制で勤務していたり、食事を摂れないほどの激務の場合、食事を決まった時間に取ることが難しい場合が多いですよね。特に閉店時間が遅い店舗に勤務している場合や残業が多い場合は、夕食は夜遅い時間になりがちです。本来ならば毎日だいたい同じ時間に三食しっかりとることが理想ですが、勤務状況や職業によっては難しいのが現状です。

 

しかし日々少しずつでも工夫しながら、食生活の改善を意識してみましょう。栄養バランスの良い食事を意識して、インスタント食品やファーストフード、栄養の偏った外食を控えましょう。

 

そして、夕食は就寝2時間前(できれば3時間前)にとり、寝る間際になってしまうときには消化の良いものを摂るようにしましょう。お腹一杯に食べてすぐ寝る、ということも便秘の原因となってしまいます。

 

また、朝食は必ずとるようにしましょう。朝は食欲がない・・・という人は飲み物だけでも腸の動きを刺激します。

 

それから、外食が多く、肉中心の食生活・・・という方は、食物繊維をとりやすい和食にしてみるのもオススメです。便のかさを増し、排便しやすくしたり、蠕動運動を促したりする働きを持つ食物繊維は、便秘解消に効果的です。

 

残便感,改善,解消

 

とはいっても、勤務時間内に勝手に夕食を摂ることは無理ですし、深夜に自宅に戻ってから自炊をするのも大変。
明らかな暴飲暴食は止めるにしても、現状の食生活で便秘は解消できないのかしら?


 

残便感,改善,解消

 

勤務時間を考えると、規則正しい食生活というのは、意外と難しいのかもしれませんね。
外食であっても、できるだけ栄養バランスの良い食事を意識した方が良いですが、同時に、サプリメントの力を借りて、腸内環境を整えることもおすすめします。
腸内環境を整えることで、便秘になりにくい状態を保つことが可能となります。


 

 

水分補給をしっかりと

 

残便感,改善,解消

どの便秘のタイプでも、やはり便秘解消には水分補給が不可欠です。

 

勤務環境ア職種によっては、自由にトイレに行くことができないのと同様に、水分補給も思うようにはいかない場合があるようです。
また、頻繁にトイレに行きたくならないように・・・、むくみが気になって・・・、とあえて水分を摂らないようにしている人もいるでしょう。

 

しかし水分不足は便秘を引き起こします。体内に入った水分は必要量を体内で吸収され、残った水分が便と一緒に排泄されます。しかしながら、摂取する水分自体が少ないと、ほとんどが体内に吸収されてしまい、便の水分が少なくなり、硬い便となりスムーズに排便されなくなってしまいます。つまりは便秘となってしまうのです。

 

1日に必要な水分量とは?

1日に必要な水分量は「体重×0.04」と言われています。
例えば、体重50kgの場合
50×0.04=2
1日2リットル前後の水分補給が必要です。

 

それと食事制限のダイエットをしていると、食事に含まれる水分の摂取量も減ってしまうので注意が必要です。食べる量が減っているのに全然体重減らない、という場合、実は便秘が原因かもしれません。腸内に便が溜まっている分、体重が重くなっているのです。

 

また、水分補給にはコツがあります。コップ1杯程度の常温の水をこまめに飲むように心がけましょう。一度に大量の水を飲んでも正しい水分補給にはなりません。
尚、コーヒー等のカフェインの含まれた飲み物、アルコール類は利尿作用があるので、水分補給としては含まれません。
そして、喉が渇いていなくても、必ず水分補給をするようにしましょう。ご自身に、喉が渇いているという感覚がなくても、体は水分を欲しているのです。

 

残便感,改善,解消

 

とはいっても、毎日2リットルを飲むのは難しいです。2リットルって大きなペットボトル1本分ですよね。
忙しい生活の中で、そんなに水ばかり飲んでいられません・・・


 

残便感,改善,解消

 

2リットルというのは非常に多く感じるかもしれませんが、純粋な飲み物だけでなく食事からとる水分も含まれるので、食事の時はスープや汁物のみそ汁なども一緒にとるようにするなど、普段から水分を意識してみるといいでしょう。
そうすれば、食事以外の水分としては1リットルほどとればよい計算になります。1リットルであれば、それほど難しい量ではないのではないでしょうか?


 

 

便意をなるべく我慢しない!

 

残便感,改善,解消

便意を感じた時に排泄せずに、我慢をすることで便秘を引き起こします。

 

しかしながら、外出中や勤務時間中は、便意が起きても我慢してしまいがちです。何気ないその行為が、次第に便意を感じにくくさせてしまうのです。

 

というのは、日常的に便意を我慢していると、腸に便がたまっている状態を脳が感知しにくくなり、次第に便意自体が起こりにくくなってしまいます。腸に便がたまっていても便意が起きないために、便は長期間腸にとどまり、便の水分が吸収されてカチカチで硬くなってしまい、便秘となってしまうのです。

 

そのため、勤務中自由にトイレに行けない人や日中外出が多い人こそ、朝のトイレタイムが重要です。

 

いつも起きてから出かけるまで時間に余裕のない人は、少し早めに起きて朝食をとり、出かける前に必ずトイレに行く習慣づけをしましょう。

 

朝は食欲がないから朝食よりメイクなど身だしなみを整える時間優先!という若い女性も多いでしょう。しかし、日々そのような生活で、便秘になってしまうと、肌荒れやお腹の張りなども引き起こしてしまいます。

 

朝食をとることで腸の動きを活発にさせ、そしてトイレに行く習慣をつけて排便リズムを整えましょう。
そうすることで、勤務中や外出中に便意を我慢せずに過ごせるようにしましょう。
便意を感じたら必ずトイレに行くことが大切です。

 

残便感,改善,解消

 

とはいっても、便意を感じた時に移動中や会議中だとトイレに行くことはできないし、朝のうちに排便と言われても簡単に習慣づけられるものでしょうか?
自分の意志で排便できるようになるのでしょうか?


 

残便感,改善,解消

 

便意を感じたからといって、本当に緊急事態でない限り、会議などの重要な仕事を放り投げてトイレに駆け込むことはできないですよね。
朝のうちに排便をする習慣をつけるには、習慣づける訓練が必要です。
初めのうちは出なくても、同じ時間にトイレに座ることで、身体に覚えさせるのが大切です。


 

 

日々ストレス解消を!

 

 

残便感,改善,解消

ストレスをため込むと、自律神経のバランスが乱れ、便秘を引き起こします。

 

不規則な生活や睡眠不足になりがちで、その上ストレスをためこんでしまうと、それが腸の動きに直接影響を及ぼす事があります。仕事上のストレスや、職場やまわりの人との人間関係、経済面でのストレス、・・・など、人々は多くのストレス要因を抱えています。

 

しかしストレスが全くない状況で生活したくても現実には難しく、ストレスはなるべくためこまないこと、上手に発散することが大切です。

 

例えば、ゆっくり入浴する、音楽を聴きながら読書をする・・・など、リラックスできる時間をもつようにしましょう。リラックスタイムや十分な睡眠は副交感神経の働きを優位にし、腸の動きを良くします。
またウォーキングやストレッチなど、軽い運動をするのもオススメです。

 

また、休日はスポーツや趣味の時間をもつなど、自分に合ったストレス解消法をみつけ、ストレスをためこまない生活を心がけましょう。

 

残便感,改善,解消

 

とはいっても、仕事をしていると日々新しいストレスの元が降りかかってくるし、ストレス発散もしたくても時間的に余裕がないのです。
日常の生活の中にも、ストレスの原因となることがたくさん潜んでいます。
また休みの日は、日頃の疲れでぐったりとダラダラしてしまうことも多いのですが・・・


 

残便感,改善,解消

 

確かに、全くのストレスがない環境で働くどころか生きていくのは難しいと思います。
あらゆるストレスの要因となることが、至る所にあります。
その中でもやはりストレスを溜めない、発散する、というのが重要です。
そして、多少のストレスでは便秘にならないように腸内環境を整えることが重要です。


 

 

無理なダイエットはNG! 運動不足解消で健康的なダイエット

 

 

残便感,改善,解消

無理なダイエットや運動不足は、便秘を引き起こしやすいです。

 

特に若い人はファッションやスタイルに対する意識が高い人が多く、つい無理なダイエットをしてしまいがちです。また健康のために、ダイエットをしている人もいるでしょう。
しかし、ダイエットで食事制限をしていると、つくられる便のかさが減ってしまい、いくら出そうとしても押し出すことができなくなってしまいます。

 

便秘の中で最も多い「弛緩性便秘」は、腹筋力が少ない痩せ型の女性や運動不足の人がなりやすいと言われます。

 

食事制限等で痩せて、腹筋が弱いと、十分にいきむことができず、排便がスムーズにできなくなってしまうのです。

 

スタイルに気をつかう人は、無理な食事制限ではなく、カロリーと栄養バランスを意識して、日常的に運動を習慣にすることで健康的なダイエットに取り組んでみましょう。

 

残便感,改善,解消

 

とはいっても、体型は気になりますしは、退勤後にジムに通うのは時間的にも費用的にも簡単ではないんですよね。
大手のジムはどこも月1万円以上しますし。


 

残便感,改善,解消

 

遅くまで働いた後にジムに通うには、時間的にも体力的にも難しいかもしれませんね。
毎月1万円以上の負担というのも、気軽には払えない額かもしれません。
であれば、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えることで、便秘になりにくい腸内環境を整えておくことが大切です。


 

 

下剤や浣腸の使い過ぎには注意!

 

 

残便感,改善,解消

下剤や浣腸の使い過ぎは便秘を悪化させます。

 

便秘でお腹が張った状態で生活すること、仕事をすることは非常に辛いものです。
そんな辛い状況を少しでも緩和できたら・・・と便秘薬を使用する人もいるでしょう。

 

しかし、刺激性下剤や浣腸は、便意と関係なく、腸を刺激することで無理矢理便を出します。
一時的には改善されても、長期間常用すると、便意が起こらず便が出なくなり、また下剤に頼る・・・といった悪循環に陥ることもあります。下剤を使わないと便が出なくなってしまう危険性があるのです。

 

つまりは、刺激性の便秘薬の常用は便意を無視し続けることになります。
下剤の種類によっては癖になりにくいものもあるので、自分に合った下剤を選び、どうしても必要な時に用量を守って使用しましょう。

 

下剤による一時的解消は、応急処置にしか過ぎません。
根本的な便秘解消を目指して、生活習慣を見直してみましょう。

 

残便感,改善,解消

 

とはいっても、そのまま放置しているとどんどん便秘が悪化してしまいそうで怖いです。
より悪化しないうちに、下剤や浣腸で出してしまった方が良いと思うのですが…


 

残便感,改善,解消

 

普通は、腸の蠕動運動で便が直腸までおりてきて、便意を感じ、排泄を促すようになります。
しかしながら、下剤や浣腸を常用していると、便意を感じなくなり便秘が悪化することになります。
悪化しないように下剤や浣腸を使っているつもりでも、実際は下剤や浣腸を使うことで便秘を悪化させてしまっている可能性があるのです。


一番手間がかからず、安価に便秘を解消する方法は?

 

残便感,改善,解消

一つひとつの便秘の原因について改善方法を見ていくと、一見容易そうだけれども、現実的には難しいことが多いですね。

 

例えば、勤務時間の変更や、食事を摂る時間など、簡単に変更できないこともありますし、規則正しい食生活といっても帰宅時間や自炊などの手間を考えるとなかなか難しいこともあります。

 

そこで、多少の便秘の原因があっても、便秘になりにくい腸内環境を整えておくことが重要になるのです。

 

便秘になりにくい腸内環境を整えるとは?

 

では、便秘になりにくくするために、腸内環境を整えるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

便秘になっている時は、腸内の悪玉菌が増えて、悪玉菌優勢になっている状態です。そのため、便秘を解消し、便秘になりにくくするには、腸内の善玉菌を増やし、便秘の原因となる悪玉菌を抑えることが必要です。
その方法としては、善玉菌となる乳酸菌などを直接増やす(プロバイオティクス)か、すでに腸内にあるビフィズス菌などを増やす(プレバイオティクス)か、2つあります。

 

プロバイオティクス

善玉菌を増やす食品を口から摂る方法
腸内細菌のバランスを改善する善玉菌に当たるビフィズス菌、乳酸菌など

 

プレバイオティクス

すでに腸内にある善玉菌にエサとなる栄養源を与え、善玉菌を増やす方法
善玉菌の増殖を促進する食品成分:オリゴ糖、食物繊維など

 

 

手軽に善玉菌を増やすには?

手軽にということであれば、サプリメントがおすすめです。善玉菌となる乳酸菌などを直接増やす(プロバイオティクス)ためには「乳酸菌革命」で乳酸菌を増やし、すでに腸内にあるビフィズス菌などを増やす(プレバイオティクス)には「カイテキオリゴ」でビフィズス菌を増やすのが得策です。

 

残便感,改善,解消残便感,改善,解消

乳酸菌(善玉菌)を増やす「乳酸菌革命」の詳細はコチラから

ビフィズス菌(善玉菌)を増やす「カイテキオリゴ」の詳細はコチラから

 

そうすることにより、腸内の善玉菌を増やすことができ、魅力的な腸内フローラが整います。
そして、便秘になりにくい腸内環境となるのです。

 

残便感,改善,解消

ただし、全くお金がかからないとは言えません。
1日当たり、乳酸菌革命は88円、カイテキオリゴは80円かかりますので、168円の出費が必要です。

 

とはいえ、1ヶ月あたり5200円ほどの出費です。
1日1本のペットボトル飲料を我慢する程度でまかなえる金額です。

 

飲み会や合コンを1回我慢したり、外食による出費を抑えたり、被服費を抑えたりすることで、ねん出できる額です。
下剤や浣腸にかける費用を回せると思えば、それほど高くありませんし、体に優しいのが一番のオススメポイントです。

 

そして何より、腸内環境を整えて便秘を解消するということは、便秘より起きていた肌荒れや腹痛、体調不良などの症状も解消できますし、善玉菌が増えることで免疫力もアップしますから風邪やインフルエンザになりにくくもなります。健康で働けるということは、もっとも理想的なことです。

 

もちろん、必要以上に荒れた食生活や生活習慣のままに、サプリメントだけで便秘を解消することは難しいでしょう。

 

最低限できる改善を行った上で、サプリメントを摂取することで、腸内環境を整え便秘になりにくくするということです。
サプリメントは特効薬ではありませんので、あくまでも、便秘になりにくくする助けになるということです。

 

またサプリメントは万人に効くものではないですし、その効果には個人差があります。まずは3ヶ月試してみて、効果が感じられないようであれば他のものを試し、自分の体に合うものを探すのが大切です。

まとめ

 

残便感の原因となる便秘を解消するはどうしたら良いのでしょうか?
一番手間がかからず、お金がかからない方法はあるのでしょうか?

 

私たちの生活上には、便秘になりやすい要因が数多くあります。
しかし生活習慣を見直すことで改善できることあるので、意識的に取り組んでみましょう。

 

不規則な生活、睡眠不足に注意
栄養バランスの良い食事を意識し、三食しっかりとるようにする
水分補給をしっかりする
便意を我慢しないように、朝は朝食をとりトイレに行く習慣をつける
自分に合ったストレス解消法でストレスをためこまない
ダイエットする場合は食事制限ではなく、運動を心がける
下剤の使い過ぎには注意

 

 

ただし、場合によっては、生活環境や勤務状況で、安易には改善できないことも多くあります。

 

その中で、便秘になりにくい腸内環境を整えることは最も重要なのです。
またその方法としては、サプリメントを摂取するというがあります。

 

サプリメントであれば手軽に摂れますし、金額的にも1日200円以下で取り入れることが可能です。
手軽に、そして安価に便秘解消を望める方法と言えるのです。

残便感の原因となる便秘を手軽に解消するアイテム

 

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る