残便感 原因 便秘 腸内環境の乱れ

残便感につながる便秘の原因 腸内環境の乱れ

スポンサーリンク

残便感解消,便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

 

腸は非常にデリケートで、生活習慣の乱れやストレスの影響を受けやすく、それに応じて腸内環境が変わってきます。
そして、腸内環境が悪化すると便秘になりやすくなり、残便感を引き起こすことになります。

 

  • 仕事が忙しくてお昼の休憩もままならない・・・
  • 食事は外食やコンビニなどのお弁当などで済ませてしまいがち・・・
  • 残業やプライベートの充実などで帰宅が遅くなりがち・・・
  • 業務で常に緊張状態が続いている上に、職場の対人関係に悩んでいる・・・
  • 会社や職種によっては売り上げノルマを課せられストレスに感じている・・・
  • 仕事と家事、育児の両立に難しさを感じている・・・

など日常生活の中でいろいろなプレッシャーやストレスを感じることになります。

 

その結果、腸内環境の乱れに影響し、便秘が悪化してしまうのです。

 

ここでは腸内環境の乱れの原因から、腸内細菌とそのバランスについて考え、腸内環境を改善していく方法をお伝えしたいと思います。

 

残便感,悪玉菌,原因,解消,便秘,腸内環境

 

腸内環境の乱れは、便秘(や下痢)や残便感を引き起こしますし、便秘(や下痢)によって腸内環境が乱れることにもなり、悪循環に陥りやすいです。また、腸内環境を整えることで、便秘(や便秘)になりにくくなり、残便感を改善することにもつながります。

 

腸内環境を整えるには、善玉菌を増やすことが重要で、それにはオリゴ糖や乳酸菌サプリ、ケフィアヨーグルトなどを利用するのがおすすめです。そして、腸内環境を整えたら、朝のうちに排便する習慣をつけることが、残便感の原因となる便秘を解消することにつながります。


 

 

腸内環境の乱れの原因

残便感の主な原因となる便秘の解消といえば、「腸内環境の改善」が重要です。

 

そして、腸内環境について考えるには「腸内細菌」のはたらきが大切になってきます。人間の腸内には1000兆個以上の細菌が存在し、種類だけでも1000類以上と言われ、それらは「腸内細菌」と言われます。その「腸内細菌」には大きく3つのグループがあります。善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。

 

有益な働きをする「善玉菌(ぜんだまきん)」

販売員の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

  • 腸内で発酵を進め、便を増やし、軟らかくし、色を黄色くし、臭いを弱める
  • 消化・吸収の補助、ビタミン合成、感染防御、免疫刺激

 

善玉菌の種類:乳酸菌・ビフィズス菌・納豆菌・酵母菌・麹菌など

 

有害な働きをする「悪玉菌(あくだまきん)」

残便感解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

  • 腸内で腐敗を進め、便を減らし、固くし、色を黒くさせ、臭いを強める
  • ガス(おなら)発生、細菌毒素産生、発がん性物質産生

 

悪玉菌の種類:大腸菌・ウェルシュ菌・ピロリ菌・ETBF菌など

 

優位な菌の味方となる「日和見菌(ひよりみきん)」

  • 善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると、優勢な方に荷担し、その働きを助長する

 

日和見菌の種類:バクテロイデス・ユウバクテリウム・嫌気性連鎖球菌など

 

これらの菌の集まりを、顕微鏡でのぞくとまるでお花畑に見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

理想的な腸内細菌のバランス
「善玉菌:悪玉菌:日和見菌」=「2:1:7」
の割合で保たれていることです。

 

残便感解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

このバランスを維持できることが理想的ですが、善玉菌と悪玉菌は常に勢力争いをし、ちょっとしたきっかけで腸内フローラのバランスが偏ると、腸内環境が悪くなったりするのです。日和見菌はどちらか優位になった方の菌に加勢するので、善玉菌より悪玉菌が多い状態が続けば、日和見菌が悪玉菌の増殖を助けることになってしまいます。すると、一気に悪玉菌優勢となり、便秘を起こしやすくするのです。

 

さらに、善玉菌が優勢の状態を保っていられれば、多少、食生活や生活習慣が乱れたとしても、便秘にならない強い腸となるのです。

 

そのため、便秘や残便感改善には、これらの腸内細菌のバランスを整えることがとても重要なのです。

 

食生活と悪玉菌と便秘の関係

残便感解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

腸内環境の悪化の主な原因である便秘は、食べ物のカスが腸内に長く停滞した状態のことです。長くとどまった食べカスは腐敗して、腸内環境を悪化させていきます。

 

この腐敗には、悪玉菌の働きが影響しています。

 

例えば、肉中心の食生活は悪玉菌が増える一因です。肉類は通常は胃や小腸で分解、吸収されますが、日常的に肉中心の食生活を送っていたり、肉類を一度に大量に摂ったりした時など、胃や小腸に負担がかかりすぎて疲れていると、きちんと消化されずに大腸まで運ばれてしまいます。

 

残便感解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

そうすると、肉類のタンパク質は悪玉菌の大好物なのです。悪玉菌は消化されていないタンパク質を分解、腐敗させ、アンモニアやインドール、スカトール、発癌物質などの有害物質を作り出します。これらの有害物質が便秘や下痢などの原因になるのです。

 

外食やコンビニ弁当、ファーストフードなどが中心の食生活を送っていると、自然と肉類の摂取量が多くなり、悪玉菌を増やす食習慣となってしまいます。また、野菜を食べずに、インスタント食品やお菓子などの偏食も悪玉菌を増やす原因となります。

 

便秘は悪玉菌にとって絶好の腸内環境となり、悪玉菌はさらに増殖し、便秘を長期化させるという悪循環を招くのです。そして、残便感もどんどん悪化していってしまうのです。

 

生活習慣や自律神経の乱れが「悪玉菌」を増やす!

販売員の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

腸内環境には、食生活だけでなく、生活習慣の乱れやストレス、自律神経の乱れも影響してきます。不規則な時間にとる食事睡眠不足、運動不足、ストレスなどは、すべて悪玉菌が増える原因となります。

 

職種などによっては、交代勤務で昼食や夕食をとるために不規則となりがちですし、勤務中は動きが少なく運動不足にもなりがちです。職場によっては24時間交代制や夜勤勤務ということもありますから、睡眠不足となる人もいるでしょう。

 

それに、働いているとはスタッフ間の人間関係でもストレスが溜まりがちですが、客商売であるとクレームなどがあればさらに大きなストレスを感じることとなります。時には理不尽な内容でのクレームが発生することもありますから、自分自身に非がないことであれば、より一層ストレスが大きくなります。

 

また、残業やシフト勤務のために、夕食時間が遅くなってしまう方も多いです。ファーストフードやインスタント食品などが多く摂っていると、食物繊維の摂取が少なくなり、悪玉菌が増える要因となります。

 

それから、自律神経のバランスも腸内環境に直接影響してきます。ストレスは自律神経を乱し、腸内環境に影響をおよぼします。

 

自律神経と腸内環境の関係

自律神経とは「交換神経」と「副交感神経」があり、意識とは無関係に体の動きをコントロールしている神経です。これらが交互にバランスを取りながら心身を整えているのです。

 

興奮時に優位になる交感神経が活発になる時間が多いと疲れやすくなってしまい、反対に、副交感神経はリラックスモードの時に優位になります。相互のバランスを取るためにも、リラックスタイムは必要なんです。そして副交感神経は腸の動きをコントロールしていて、自律神経の乱れは腸内環境にとても影響しやすいのです。

 

仕事やプライベートではストレスを感じる要因がたくさんありますから、趣味や音楽、スポーツなど、自分の好きなことで、普段からストレス解消ができるようにしていきましょう。

 

自律神経のバランスが乱れないために

  • 夜はリラックスタイムを摂るようにする。
  • 遅い時間は飲食をなるべく避ける。
  • ストレスをためないように自分の好きな趣味や音楽、スポーツなどの時間をとりリフレッシュする。

 

ストレスをため続けると腸内の抵抗力が弱まります。すると悪玉菌が増え、便秘となりやすくなりますので、心身ともに元気であることが、腸内環境を整えることになるのです。

 

「善玉菌」を増やすために

残便感解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

便秘の改善には腸内環境を整えること、すなわち腸内細菌の「善玉菌」を増やすことが大切です。

 

善玉菌を増やすことにより、多少の食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどが溜まっても、便秘になりにくい腸をつくることができるのです。

 

そして、善玉菌を増やし、腸内環境を改善するには「プレバイオティクス」と「プロバイオティクス」があります

 

プレバイオティクス

  • すでに腸内にある善玉菌(ビフィズス菌)にエサとなる栄養源を与え、善玉菌を増やす方法

善玉菌の増殖を促進する食品成分:オリゴ糖、食物繊維など

 

プロバイオティクス

  • 善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌)を増やす食品を口から摂る方法

腸内細菌のバランスを改善する善玉菌に当たるビフィズス菌、乳酸菌を含む発酵乳や発酵食品など

 

つまり、善玉菌を増やして腸内環境を整えるには、ビフィズス菌、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖の摂取が重要なのです。

 

では、それぞれの特徴と効果的な摂取のしかたを見ていきましょう。

 

「オリゴ糖」+「ビフィズス菌」で相乗効果!

残便感,悪玉菌,原因,解消,便秘,腸内環境

残便につながる便秘の解消には、「オリゴ糖」+「ビフィズス菌」の組み合わせがもっともオススメです。

 

「オリゴ糖」は、胃酸や消化酵素で分解されない成分を含んでいるため、分解されずにそのまま大腸に届くという優れた性質を持っています。「ビフィズス菌」は代表的な善玉菌ですが、オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなります。そのためオリゴ糖を摂取することで、腸内にすむビフィズス菌がどんどん増え、オリゴ糖によって増えた腸内細菌が乳酸や酢酸を生み出し、腸内を酸性にします。酸性した腸内は悪玉菌には居心地が悪く活動が抑えられ、逆に善玉菌が腸の動きを良くします。腸内の善玉菌を増殖させるなど、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

 

ということから、ビフィズス菌だけでなく、オリゴ糖を一緒に摂ることで、善玉菌をさらに増やすことができるのです。

 

オリゴ糖を多く含む食材

オリゴ糖を多く含む食材には、バナナ、はちみつ、大豆、たまねぎ、キャベツ、アスパラガス、じゃがいも、ごぼう、にんにく、とうもろこしなどがあります。しかしながら、食品のオリゴ糖含有量は少量なのです。

 

そして、オリゴ糖は、粉末や液体の状態でも販売されていて、特定保健用食品を利用するのもオススメです。食品からはなかなか大量に摂取できないオリゴ糖ですから、粉末や液体状のオリゴ糖食品を利用することで、効率良くオリゴ糖を摂取することができます。

 

残便感,悪玉菌,原因,解消,便秘,腸内環境

特におすすめなのは、「カイテキオリゴ」です。「カイテキオリゴ」には、6種類ものたくさんのオリゴ糖と、2種類の水溶性食物繊維も配合されています。腸内のビフィズス菌は30種類以上あると言われていて、それぞれに好みのオリゴ糖も変わってきます。もし1種類のオリゴ糖をたくさん摂っても、ビフィズス菌の好みのでなければ、腸内の善玉菌を増やすことにはならないのです。カイテキオリゴ」は、独自のEOS理論によってつくられており、腸内のビフィズス菌をほぼ活性させることができます。そのため、食材や他のオリゴ糖食品よりも効率良く腸内の善玉菌を増やすことができるのです。

腸内のビフィズス菌をほぼ活性化できる「カイテキオリゴ

 

ビフィズス菌を含む食品

次にビフィズス菌を含む食品ですが、ビフィズス菌は人や動物の腸内にすむ腸内細菌で、食品からは摂取できません。そのため、ビフィズス菌を含む食品ない、というのが正しいです。しかし、ヨーグルトなどには、「ビフィズス菌配合」という表記がよく見られます。これは、ビフィズス菌を添加して作られているということになります。乳酸菌のように、自然発酵させて増やすことはできないのです。

 

そのため、ビフィズス菌を増やすには、ヨーグルトなどに添加されているものから摂るのも一つの方法ではありますが、多くのものが腸に届く前に胃酸などで死滅してしまうのです。また、ビフィズス菌は偏性嫌気性菌で酸素を嫌う性質があります。

 

残便感,悪玉菌,原因,解消,便秘,腸内環境

そこでおすすめなのは、「乳酸菌革命」です。乳酸菌革命」には、16種類もの主役級の乳酸菌が配合されるのですが、その中に、ビフィズス菌もしっかりと入っています。時に、ビフィズス菌は乳酸菌の一種という考え方もされているため、まとめて乳酸菌と言われています。

 

乳酸菌革命」に配合されているビフィズス菌

  • ビフィドバクテリウムロンガム(ビフィズス菌)
  • ビフィドバクテリウムピフィダム(ビフィズス菌)
  • ビフィドバクテリウムアドレッセンティス(ビフィズス菌)

 

さらに、「乳酸菌革命」は、生きたまま腸に届く有胞子乳酸菌が豊富に配合されていたり、耐酸性カプセルを採用して胃酸などから乳酸菌を守る工夫がされています。オリゴ糖とともに、ビフィズス菌や乳酸菌を一緒に摂ることで、より効果的に腸内の善玉菌を増やすことができるのです。

しっかりとビフィズス菌と乳酸菌を摂るには「乳酸菌革命

 

ですから、「オリゴ糖」+「ビフィズス菌」で相乗効果を目指すなら、カイテキオリゴ」と「乳酸菌革命」の組み合わせが一番のオススメになります。

 

やっぱり強い味方!ヨーグルトをさらに効果的に

残便感解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

ビフィズス菌や乳酸菌が豊富に含まれるヨーグルト。特に便秘がちな方は、普段から意識して摂るようにしている・・・という方も多いのではないでしょうか。

 

でも、ここで一つ注意しないといけないことがあります。日本には7500種類以上のヨーグルトがあると言われています。便秘解消効果や腸内環境を整える効果を期待したいならば、【菌が生きたまま腸に届く】ヨーグルトを選びましょう。菌が生きたまま腸に届かなければ、腸内の善玉菌を増やすことにはつながりません。

 

そして、栄養豊富なヨーグルトに、ぜひプラスワン食材としてオリゴ糖を加えてみましょう。オリゴ糖は効率良く摂れる「カイテキオリゴ」がイチオシで、果物などにも多く含まれているためヨーグルト+フルーツを合わせて摂るのもオススメです!フルーツと一緒に食べることで、食物繊維とビタミンCも摂取できます。水溶性の食物繊維は善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖を助ける働きがあります。

 

さらに強力なケフィアヨーグルト

残便感,悪玉菌,原因,解消,便秘,腸内環境

ヨーグルトを摂って善玉菌を増やすならば、より効果的な「ケフィアヨーグルト」がおすすめです!

 

ケフィアヨーグルト」は、ヨーグルトに似た発酵乳ですが、一般的なヨーグルトが乳酸菌1〜2種類で発酵しているのに比べ、多種の乳酸菌と多種の酵母で発酵しているので、より効果的に腸内の善玉菌を増やす働きが期待できます。毎日のヨーグルト習慣を「ケフィアヨーグルト」に変えるだけでも、非常に効果的。

 

残便感,悪玉菌,原因,解消,便秘,腸内環境

また、ケフィアヨーグルト」は牛乳だけでなく、豆乳や加工乳でも、簡単に自宅で手づくりができて、味や食感が変わるので飽きずに毎日食べ続けられるのも大きなポイントです。そして、「ケフィアヨーグルト」は、元々長寿で有名なロシア・コーカサス地方で食べられている発酵乳ですから、腸内環境を整えて、健やかに生き生きと生活するサポートが期待できます。

 

ケフィアヨーグルト」は、酵母が発酵しているため、スーパーなどでは販売ができず、公式サイトからの購入になります。

ケフィアの詳細と購入方法はこちらから

 

善玉菌増殖に役立つヨーグルトの食べ方ポイント

  • 1日200gを目安とする
  • できれば夕食後に、毎晩食べる
  • オリゴ糖をかけて食べる
  • 果物をたっぷり入れて食べる

 

1日200gというのは意外と量が多いので、朝と昼、朝と夜など分けて食べてのも良いと思います。また量が多い場合は、100g程度でも、毎日食べ続けることが大切です。

 

また、腸内環境をより効果的に整えるならば、オリゴ糖や食物繊維を多く含むはちみつ+ヨーグルト、バナナ+ヨーグルトもオススメですし、イチオシは6種類のオリゴ糖と2種類の食物繊維が配合されている「カイテキオリゴ」です。カイテキオリゴ」スプーン1杯を、「ケフィアヨーグルト」にかけて食べれば、非常に効果的です。

 

そして、なんといっても、毎日継続していくことが腸内環境の改善につながります!

 

乳酸菌たっぷりの「発酵食品」

腸内環境を改善してくれる「乳酸菌」も、便秘に有効であることは広く知られています。「乳酸菌」といえばヨーグルトが浮かびますが、キムチや漬け物、味噌、納豆などの発酵食品にも多く含まれています。発酵食品には生きた菌が含まれていて、腸内細菌のバランスを整えて、腸を活性化させます。

 

普段の食事の中でも、積極的に発酵食品を摂り入れていきましょう。

 

キムチ

販売員の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

キムチに含まれる「植物性乳酸菌」は生命力が強いので、死滅することなく腸まで届く利点があります。
またキムチに使われている白菜は食物繊維も豊富です。

 

便秘解消はもちろん、血流がよくなることで冷えの症状を改善したり、免疫細胞を活性化させたりする働きもあります。

 

納豆

販売員の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

納豆には水溶性と不溶性、ふたつの食物繊維がバランスよく含まれ、納豆菌に善玉菌を増やす働きがあります。

 

大豆が発酵することで、大豆の栄養価がより高くなります。

 

納豆に多く含まれている栄養素としては
・食物繊維
・タンパク質
・ビタミンB2
・ビタミンK
・カルシウム
・鉄
などがあります。
これらの栄養素は、疲労回復、美肌効果、骨粗鬆症の予防、肝機能の向上などに効果があります。

 

発酵食品は便秘や冷えの改善だけでなく、残便感の改善や美容効果も期待できます。

 

覚えておきたい!便秘解消に効果的な食材の組み合わせ

より効果的に便秘解消をするために、覚えておきたい食材の組み合わせがあります。

 

整腸作用(腸内環境を整える)を高めるために、効率の良い食材の組み合わせを覚えておくと便利です。

 

普段の食事でなるべく多くの栄養素を意識的に摂取することが理想的ですが、なかなか難しい・・・という方には、まずは効果的な組み合わせを覚えておくことをおすすめします。食事の献立や食べ方など、少しずつ工夫することから手軽に始められますよ!

 

納豆+α

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

前述のキムチと納豆は、組み合わせて食べるのもオススメです!また納豆+めかぶ、納豆+ひじきなどのように「水溶性食物繊維」を多く含んだ海藻類と合わせるのも効果的です。

 

そして意外な組み合わせですが、納豆+オリーブオイルも便秘解消に役立つ組み合わせです。オリーブオイルにはオレイン酸が含まれており、便を軟らかくする作用があります。オリーブオイルそのものが便通によい食材なのです。納豆の食物繊維+オリーブオイルのオレイン酸の組み合わせが、善玉菌を増やし、腸内環境改善に役立ちます。

 

味噌+α

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

醤油、味噌、甘酒、塩麹、甘麹などは、米や大豆を発酵させて作った健康食品です。米や大豆を発酵するときに入れる麹菌は、デンプンをオリゴ糖などの糖分にかえます。

 

お味噌汁の具としても取り入れやすい、海藻類、キノコ類、豆腐、こんにゃく、ごぼう、オクラなどは「水溶性食物繊維」を多く含んでいます。便を軟らかくし、有害物質を吸着し、体外に排出する働きがあるので、普段から積極的に取り入れましょう。ゴボウや里芋、こんにゃくなどを入れた豚汁やけんちん汁や、味噌汁はわかめやきのこなどで具だくさんにすると、食物繊維もたっぷりです。食事の時に汁物を摂ることは、大腸まで水分が届きやすくなる効果もあるので積極的に取り入れましょう。

 

また味噌+こんにゃくの田楽などのおかずもオススメです。

 

それから、コンビニのおにぎりや弁当で食事を済ませる時にも、インスタントの味噌汁などを追加するだけでも栄養バランスが多少良くなります。とはいえ、インスタント食品ばかり摂り過ぎるのも良くないですので、そこは注意が必要です。

 

残便感,悪玉菌,原因,解消,便秘,腸内環境

腸内環境を整えたら、排便習慣をつけて残便感改善

腸内環境の悪化は、便秘や残便感の原因となります。また腸内環境の悪化から、便秘や残便感の悪化にもつながり、悪循環に陥ってしまいがちです。そのため、腸内環境を整えるのは必須なのですが、腸内環境を整えることの他に、もう1つ大切なことがあります。

 

それは、排便習慣をつけることです。

 

残便感の主な原因は便秘です。便秘を解消するには、腸内環境を整えて、朝のうちに排便を済ませる習慣をつけることが非常に大切です。

 

<排便習慣を身につけるために>

1 朝、時間に余裕を持って起床
2 寝起きに水をコップ1杯飲み、腸を刺激する
3 朝食をしっかりと摂って、腸の蠕動運動を活発化させて、排便を促す
4 朝食後、トイレに行き排便をする

 

初めはトイレに行っても便意が起きなかったり、排便できずに終わるかもしれません。それでもトイレに行く習慣をつけることによって、排便ができるようになってきます。そこで気をつけないといけないのは、10分以上トイレに座って排便しようとしない、必要以上に強くいきまない、ことです。いずれも、痔などのトラブルにつながりやすいです。10分トイレに座って、排便できなければ、その日は諦めてしまいましょう。そして、朝以外に便意を感じた時には、我慢せずに排便をするようにしましょう。便意の我慢は便秘の原因となります。

 

カイテキオリゴ」や「乳酸菌革命」、「ケフィアヨーグルト」などで腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることができていれば、朝の排便習慣もつきやすいようになります。

 

まとめ

1 腸内環境の乱れは、便秘や残便感の大きな原因となります
2 腸内環境の乱れは、腸内細菌の「善玉菌」と「悪玉菌」のバランスが崩れたときに起きるので、「善玉菌」を増やす生活を心がけましょう
3 食生活や生活習慣の乱れ、ストレスからくる自律神経の乱れが、腸内環境に影響し、悪玉菌を増やすことにつながります。腸に影響する自律神経のバランスを保つためにストレスをためないように、リラックスできる時間も大切にしましょう。
4 善玉菌を増やすために、ビフィズス菌、乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維を、効率よく取り入れましょう。
5 特にオリゴ糖商品や乳酸菌サプリメント、ケフィアヨーグルトを摂り入れると、非常に効果的に善玉菌を増やすことができます。
6 腸内環境を整えたら、朝のうちに排便する習慣をつけることが大切です。

【効率良く腸内環境を整えるおすすめアイテム】

腸内のビフィズス菌のエサとなり「カイテキオリゴ
腸内のビフィズス菌と乳酸菌を増やす「乳酸菌革命
善玉菌を増やす発酵乳「ケフィアヨーグルト

 

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る

スポンサーリンク