残便感 原因 便秘 ダイエットと服装

残便感につながる便秘の原因 服装とダイエット

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ
スタイルをよく見せたいためにダイエットをしていたり、サイズが合っていない服装で体に無理をさせていたりしていませんか?

 

特に女性は、自分のスタイルに気をつかっている人が多いです。

 

しかし、きれいでいたい!とがんばっているはずのダイエットが、体に無理をさせ、便秘を引き起こしてしまい、そのためお腹がぽっこり張ってしまったり、お肌が荒れたり・・・などと、かえって悪影響が出てしまうこともあるのです。
またサイズの合っていない服装が便秘を招くこともあるのです。

 

そして、それらの便秘症状から残便感を引き起こすのです。

 

では、どのようなダイエットや服装が、便秘につながってしまうのか、その原因を見ていきましょう。

 

 

ダイエットと便秘の関係

例えば、女性に多いアパレル系の販売員や美容部員などは、仕事柄スタイルを維持するために見た目を重視する傾向があり、無理なダイエットをしてしまいがちです。

 

 

アパレル系販売員

 

残便感,ダイエット,便秘

特にアパレル系の販売員は、自社の服を着るマネキンとしての役割もあり、やはり売っている服をかっこよく着こなすためにも、体型維持には気を遣いますよね。

 

職業柄、シーズンの先取りをするために、冬に春物の服を着て働くなど、無理な服装をしてしまうことも多いのです。
ミニスカートや胸元の開いた服、タイトで薄着の服装など、オシャレに見せることが必要であっても、どうしても冷えやすくなり、体にはやはり無理をさせています。

 

 

美容部員

 

残便感,ダイエット,便秘

美意識の高い美容部員も、自分自身を磨こうと努力する人の多い職業です。
しかしスタイルを気にして無理なダイエットをしたり、矯正下着で体を締め付けてしまっていると、便秘になりやすく、残便感の原因になります。

 

さらには、肌荒れや口臭・体臭の原因ともなります。
常にきれいなお肌でありたいはずの美容部員が肌荒れになってしまっては、ダイエットも意味がありません。
美しい肌を保つためには、便秘は大敵となりますから、無理なダイエットや身体の締め付けは避けたいところです。

 

 

携帯電話のショップ店員

 

残便感,ダイエット,便秘

携帯電話のショップ店員など制服で勤務している販売員も、冷えに悩まされたり、制服のサイズを気にしたりしてダイエットをしている・・・という場合があります。

 

特に女性はスカートの制服の場合は、夏であっても冷房が効きすぎる店内などで働いていると、下半身が冷えがちです。
とはいっても、接客をしないといけないので、下半身を温めるようにストールをかけたりできないのが辛いところです。
そして、制服が決まっていると、サイズオーバーはできないので、ついつい食べる量を減らしてしまうなどの無理なダイエットをしがちです。

 

 

 

仕事柄、どうしてもスタイルを気に遣い、食事の回数や量を減らしたり、栄養の偏よった食事をしたりなど、つい無理なダイエットをしてしまう・・・という人は、ダイエットが便秘の原因になりがちです。
便秘はやせにくい体にしてしまいます。

 

ダイエットをするならば、ジムに通ったりスポーツをするなど、健康的な痩せ方をしましょう。

 

なぜ、ダイエットで便秘になるの?!

ダイエットでどうして便秘になるの?
食べる量も減っているのに・・・と不思議に思う人もいるかもしれません。

 

ダイエットといえば、まず思いつくのは食事制限ですよね。
しかし便秘になる原因の一つが、まさに食生活の変化なのです。

 

 

食事量の減少

 

残便感,ダイエット,便秘

食事の量を減らしたり、一食抜いてしまったりすると、やはり通常の食事量よりかなり減ってしまいます。

 

食べる量が少ないと、便のかさも減ってしまうため、腸の動きが活性化されずに便秘につながるのです。

 

快便であることは、ある程度の食事量が必要なのです。

 

 

 

水分の不足

 

残便感,ダイエット,便秘

ダイエットとして水を多めに飲んでいるから大丈夫!と思っている人もいるでしょう。
食事量が減ると今まで食べ物から摂取していた水分も減ることになります。
また中には、水さえも制限して、痩せるために水分補給をしない人もいるのです。

 

摂取する水分が減ると、水分は体内で吸収されているため、便に含まれる水分は少なくなってしまいます。
そのため便が硬くなってしまい、便が排出されにくい状況を招くのです。

 

 

食物繊維の不足

 

残便感,ダイエット,便秘

食事制限のダイエットは栄養バランスが偏りがちです。
中でも便秘に効果的な食物繊維が不足してしまうと、腸の活動に影響が出てしまいます。

 

サラダなどを意識的に食べている、と思っていても、食事量が減っていると、摂取する食物繊維は足りていないかもしれません。

 

食物繊維には、穀物、芋類、野菜等に含まれる「不溶性食物繊維」と海藻類、キノコ類、こんにゃくなどに含まれる「水溶性食物繊維」があります。
「不溶性食物繊維」は、腸内で水分を吸収する事でふくらみ、便のかさを増やし、腸の蠕動運動を活発にし、「水溶性食物繊維」は、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。

 

これら二つの食物繊維を摂取することで、腸の動きが活発化されるのです。

 

 

脂肪分(油分)の不足

 

残便感,ダイエット,便秘

ダイエットといえば、カロリーを気にして肉類の摂取を控える人も多いでしょう。
確かに肉類の摂り過ぎは腸内の悪玉菌を増やしてしまい腸内環境の悪化にもつながりますし、夕食時間が遅い人には消化に時間がかかるので控える方がいいでしょう。

 

しかし全く摂らないのも、注意が必要です。

 

便を柔らかくするには適度な脂肪分が必要です。
摂り過ぎは禁物ですが、油抜きの食生活では便もガサガサになり、腸内でスムーズに移動しにくくなってしまいます

 

 

ジュースは糖分に注意!

 

残便感,ダイエット,便秘

ダイエット中に栄養バランスに気を遣い、野菜ジュースなどを摂るようにしている人も多いでしょう。

 

市販のジュースを飲むときには糖分に注意しましょう。
糖分は腸内の悪玉菌のえさになります。
無糖のものを選んだり、ミキサーを使って自分で作るなど、工夫をしましょう。

 

 

ダイエットがストレスになっていませんか?

 

残便感,ダイエット,便秘

例えば、○○ダイエットというような同じものを摂り続けるダイエットや、水だけしか摂取しない断食のようなダイエットなどは、栄養バランスも偏る上に、非常にストレスになってしまいます。

 

極端なダイエットは、ストレスを伴うことが多く、ストレス自体、腸の活動に悪い影響を与え、便秘の原因となります。
一時的に体重を減らすことができても、結局リバウンドしてしまったり、便秘や肌荒れを起こしたり、体調にも影響を及ぼすことがあるので、無理なダイエットは行わないようにしましょう。

 

「冷え」は大敵!便秘につながる理由とは?

残便感,ダイエット,便秘

エアコンの効いた売場で終日立ち仕事であったり、座ったままの姿勢であったり、どうしても冷えやすい環境で長時間働くことが多くなりがちの人は要注意です。

 

例えば、デパ地下やスーパーなどの販売員は、冷蔵庫の近くで働くため日頃から冷えに悩まされる人も多いですし、アパレル系の販売員はシーズンの先取りで、真冬に春夏の服を着るなど無理な服装が、冷えを招きます。

 

冷えは、血行が悪くなり、腸の動きが鈍る原因になるため便秘を引き起こしてしまうのです。
また冷えは自律神経にも影響を及ぼします。
腸の働きをコントロールする自律神経のバランスが乱れると、腸の活動に影響し、これもまた便秘の原因となってしまいます。

 

仕事上どうしても冷えやすい・・・という方も、その要因を見直して、冷えを防ぐ対策を心がけましょう。

 

 

ファッション性重視の薄着に注意!

 

残便感,ダイエット,便秘

特にアパレル系の若い女性に多くなりがちですが、脚を出すファッションや、胸元が大きめに開いている服など薄着の場合は、体を冷やしてしまいがちです。
体が冷えると血行が悪くなり、特に腰回りの冷えは腸の血行を悪くし、腸の働きに影響し、便秘を引き起こしてしまいます。

 

また制服での勤務でも、スカートではエアコンの影響で、下半身の冷えに悩まされる人もいます。

 

男性であっても、常に冷えている環境で働いていると、洋服で保護されているのにも関わらず、体は冷え切ってしまっているということがあります。
冷えは女性だけの問題ではないのです。

 

仕事柄どうしても薄着をしてなくてはいけない場合は、最近人気の発熱効果のある下着を着るなど、薄着による冷え対策をしてみましょう。

 

 

下着による締め付けに注意!

 

残便感,ダイエット,便秘

体型をよく見せるために、ガードルなどのきつい下着や矯正下着などを使用している人も注意が必要です。
きつい下着で体を締めつけると、腸の動きを抑制しがちです。
腸を圧迫し、蠕動運動を低下させてしまい、便秘につながってしまうのです。

 

また下着による締め付けは、冷えの原因となることもあります。
腰の周囲が締め付けられることで、血管が圧迫され、血行が悪くなります。
そうして腰の周囲が温まらず冷えてしまい、便秘につながるのです。

 

なるべくきつすぎる下着や矯正下着は避け、圧迫されることのない、少し余裕のあるタイプにした方がいいでしょう。

 

自宅にいる時はなるべくゆったりとした下着と服装にし、リラックスできるように心がけましょう。
血行が改善されると、筋肉の働きもよくなり、大腸の蠕動運動促進につながります。
またリラックスタイムは、腸の動きを司る副交感神経を優位にしてくれます。

 

また下着だけでなく、細く見せるためにウエストがきつめのパンツやスカートをはいている人も、ジャストサイズの服を着るようにしましょう。

 

男性もきつい下着や服装は便秘の原因となってしまいますから、避けるようにしましょう。

 

「健康的なダイエット」で好循環を目指す!

残便感,ダイエット,便秘

便秘はダイエットの大敵です。
便秘になると代謝が悪くなり、やせにくい体になってしまうのです。
ではどのようなダイエットが効果的なのでしょうか。

 

極端な食事制限などのダイエットはどうしても食生活のバランスが崩れるので便秘になりやすくなってしまいます。

 

しかし代謝をよくする「健康的なダイエット」を意識してみると、便秘も解消されダイエットも成功!という理想的な好循環も可能です。

 

「健康的なダイエット」のポイントは次の通りです。

 

1日3食しっかり食べる
善玉菌を増やす
砂糖を控える
水は1日2リットルを目安に摂取
ストレスをためない

 

 

食事制限よりも低カロリーでバランスの取れた三食を

 

残便感,ダイエット,便秘

ダイエット食として、低カロリーでありながら栄養バランスの良い食生活に改善してみると、便秘解消にもダイエットにも効果的です。

 

減らすのは、食事量ではなく「カロリー」です。

 

極端に食事量を減らす事なく、また栄養バランスに気を配り、食物繊維も意識して摂るようにしましょう。

 

肉を中心として食の欧米化が肥満や便秘の原因ともなっていますから、低カロリーな和食を見直してみることも良いでしょう。

 

 

善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす意識を

 

残便感,ダイエット,便秘

腸の善玉菌を増やす「水溶性食物繊維」を多く含まれる食品や、善玉菌を含む納豆やみそ等の発酵食品など、腸の活動に有効な食事を心がけてみましょう。

 

また油分を全く控えてしまうと便がガサガサになってしまうので適度な摂取は必要ですが、肉類を摂りすぎると悪玉菌を増やすことになり便秘につながるので注意しましょう。

 

糖分は悪玉菌のえさになるので、ダイエットをするならば、間食としてのおやつはやめて、栄養バランスを考えた食事をとるようにしたいものです。

 

 

砂糖ではなくオリゴ糖摂取に

 

残便感,ダイエット,便秘

砂糖は悪玉菌のえさになるので、甘さを求めるなら善玉菌のえさになるオリゴ糖がオススメです。
オリゴ糖は、人間の消化酵素で、消化・分解されることなく直接大腸に届く性質を持っています。
またオリゴ糖はビフィズス菌のえさとなり善玉菌を増殖させ、腸内環境を整えてくれる働きがあるので、ぜひ意識して摂取してみましょう。
オリゴ糖は粉末や液体の状態でも販売されています。
ヨーグルトに加えて摂ることもオススメです。
調理の際には、砂糖のかわりに使用してみてはどうでしょうか。

 

 

水分補給を十分に行いましょう

 

残便感,ダイエット,便秘

水分補給は1日2リットルを目安に摂取するようにしましょう。
ジュースなど糖分を含む飲み物ではなく、常温の水を少しずつ飲むのがオススメです。
水分補給を十分に行うことで、便も排出されやすくなり、基礎代謝がよくなります。
代謝が良くなれば「太りにくく、やせやすい体」を目指すことができるのです。

 

 

ストレスをためない

 

残便感,ダイエット,便秘

無理なダイエットはストレスを招きます。
ストレスは、腸の動きを司る副交感神経のはたらきに影響します。
冷え対策にゆっくり入浴してリラックスしたり、ダイエットにも便秘にも適度な運動は効果的です。
自分に合ったストレス解消やリラックスタイムで、ストレスをためこまないようにしましょう。

 

ぽっこりお腹を解消するには、「噛む」ことも大切!

残便感,ダイエット,便秘

職種などによっては休憩もなかなかゆっくり取れず、昼食を急いで食べてまたすぐ仕事に戻らなくてはいけない!という方もいるでしょう。

 

実はそんなところにもぽっこりお腹や便秘、残便感の原因が隠されています。

 

実は噛むことが、腸の動きを促進し、排便を促しているのです。
よく噛んで食べると、唾液の分泌を促進し、消化活動が活性化します。
噛む回数が増えるほど、消化時間も短縮できて、腸の蠕動運動も高まるので、食べたものをスムーズに排出できるようになります。

 

逆によく噛まないで食べる人は、胃や腸に入る食べ物も大きくなってしまい、消化時間も長くかかってしまうため、それだけ長い時間外に排出できなくなってしまいます。

 

また噛む回数が増えると、食べ物が細かく噛み砕かれると同時に、唾液を多く含むので水分をよく含んだ状態になります。
水分を十分含んだ状態は、腸などにたまった老廃物や毒素をスムーズに排出してくれます。

 

そして食べ物を噛むと、脳の満腹中枢から満腹感の信号が送られます。
噛む回数が多いほど満腹感を得られるので、よく噛むことで満腹感につながり、余計に食べてしまうことを防ぐことができ、ダイエット効果も期待できるので、ぜひ噛む回数を意識して増やしてみましょう。

 

残便感を引き起こす便秘になりにくくするには

残便感を引き起こす便秘になりにくくするには、腸内環境を整えてあげることが重要です。
腸内環境が整っていれば、多少のダイエットなどで便秘になる要因があっても、便秘になりにくくなります。
そのためには、サプリメントを上手に取り入れることがオススメです。

まとめ

1 食事制限による無理なダイエットは便秘を引き起こします
 ・食事量の減少
 ・水分の不足
 ・食物繊維の不足
 ・脂肪分(油分)の不足
 ・ダイエットによるストレス
 など、無理なダイエットは便秘になる原因が多く含まれています

 

2 きつい下着で体を締めつけると、腸の蠕動運動を低下させてしまい、便秘につながってしまいます

 

3 便秘になると痩せにくくなります

 

4 サプリメントで便秘になりにくい腸内環境を作ることができます

 

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る