残便感 改善 便秘解消

残便感につながる便秘の原因 ストレス

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ
日常の生活には多くのストレスの要素があり、それらが原因で体の不調を引き起こす事があります。
便秘も例外ではありません。

 

仕事をしていてもしていなくても、人は何かしらのストレスを感じながら生きています。
そして、ストレスは腸の動きに大きな影響を及ぼすのです。

 

ここではストレスが便秘となる原因、またその解消の必要性について考えていきたいと思います。

 

人々はこんなストレスを溜めこみがち!

どんな人でも全くストレスのない環境で過ごすことは難しいでしょう。
その中でも、働いている人は人間関係のストレスも多くなりがちです。

 

そして、ストレスの要因を知り、軽減させることが便秘解消につながります。
人はどのようなストレスをためてしまうのか、原因を考えながら見ていきましょう。

 

 

オーバーワーク

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

職業や役職によっては、常にオーバーワークになりがちです。残業が当たり前になっていたり、業務の遂行状況で残業することが多くなっていたり、定時で帰りづらい雰囲気があったり、様々な理由からオーバーワークになっている人が多いのです。

 

働いていると人との関わりが多い上に、長時間労働になってしまうと、身体的にも精神的にも負担は大きくなります。

 

企業によっては、ノー残業デーやフレックス制を取り入れているところもありますが、まだまだ日本人はオーバーワーク気味の人が非常に多くいます。

 

 

職場などでの人間関係

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

仕事をしていると、必ずと良いっていいほど人との関わりが生じます。職場の人間関係だけでなく、取引先との関係、顧客との関係など、あらゆる人間関係が発生します。人間関係が複雑になればなるほど、人はストレスを感じます。

 

またノルマがある場合は、先輩スタッフの様子を伺いながら売り上げを上げていく・・・という環境においては、非常に働きにくいストレスがたまってきます。

 

売り上げノルマ達成に対する上司からの厳しい指示や、もともとの職場環境など、自分の力だけではどうしようもできないことも多く、改善しにくいのが現実でしょう。

 

時には、取引先や顧客との間でトラブルが起きてしまうこともあります。個人の問題ではなく、会社として動かなくてはいけないことから、よりストレスを感じてしまうこともあります。

 

 

休みが取りにくい

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

シフト制などで働いていると、なかなか急な休みは取りにくいものです。
少ない人数で売場をまわしているところは尚更です。

 

休みを取ろうとすると上司に嫌みを言われたり、どうしても用事があって休みたい日だったのに上下関係の気遣いから休みを取れなかったり・・・など、人間関係も絡んでいることもあります。

 

さらに、子供の長期休暇に合わせて、家族旅行などを計画をしていても、職種によっては長期休暇の時こそ繁忙期だったりもします。
すると、家族からのプレッシャーもストレスの原因となってしまうこともあります。

 

 

休憩が取りにくい

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

業務が立て込んで来ると、休憩時間が取れず、昼食が夕方になってしまう・・・ということもあります。

 

忙しいときには急いで食事を取り、ろくに休憩もできずにまた仕事に戻る・・・という日もあるでしょう。

 

終日、立ち仕事や座り仕事だったり、トイレも我慢しがちだったりする人は、本来は休憩時間をしっかり取りたいものです。

 

 

売り上げのノルマ

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

営業や販売職の場合、一人ひとりに売り上げノルマが課されていることが多々あります。

 

仕事にまだ慣れていない新入社員や、積極的に売り込むが苦手な人にとっては、仕事自体がストレスの一因になるところ、ノルマが課せられればそれは非常に大きな負担となります。

 

個人の売り上げノルマが達成出来ないと、自分の接客・営業方法を指摘され、積極性がないなど性格や人格までも否定されてしまう・・・などというケースでは、かなり精神的に追いつめられてしまいます。

 

そして、管理者であれば、個々人のノルマだけでなく、店舗や部門全体の数字も関わってきます。
自分だけでは大きく結果を変えることができないこともありますので、その分ストレスは大きくなってしまいます。

 

 

プライベートでのストレス

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

ストレスは、仕事をしている時だけでなく、プライベートタイムでも生じます。全くストレスのない状態で生活することはもはや不可能に近く、ストレスは人とは決して切ることのできないものなのかもしれません。

 

では、どのような時に、ストレスを感じてしまうのでしょうか?

 

夫婦や家族、親戚間でのトラブルや心配事によるストレス
友人関係におけるストレス
経済面でのストレス
育児でのストレス
経済面でのストレス
将来に対するストレス
住環境に関してのストレス

 

など、非常に多くの要因が隠れています。

ストレスが便秘の原因となる理由

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

仕事やプライベートにおいて、私たちを取り巻く環境には多くのストレスの元が隠れています。

 

では、これらのストレスがどのように便秘の原因となり、残便感を引き起こすのでしょうか。

 

 

ストレスが原因となる便秘は、「痙攣性便秘」

 

胃や腸などの内臓は、ストレスに弱いため、すぐ影響が出てしまいます。
緊張すると頻繁にトイレに行きたくなったりすることがありますよね。
同じように、頻尿や下痢だけでなく、便秘もストレスが直接原因になっている場合があります。

 

そして、ストレスによる便秘は、大腸が痙攣してしまうために起きる便秘です。
そのことから「痙攣性便秘」と呼ばれます。

 

腸の動きが鈍っているのではなく、逆に動きが過度になっている状態です。
そのために、便秘となることもあれば、下痢となることもあるのです。

 

 

ストレスと自律神経

 

内臓のはたらきは自律神経によってコントロールされています。
そのため腸の動きも自分の意志でコントロールはできないのです。

 

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」があり、両者が切り替わりながら全身をコントロールしています。

 

「交感神経」

活動しているときに優位になり、食欲や腸の働きを抑えます。

 

「副交感神経」

休息、睡眠、リラックスしているときに優位になり、食欲がわき、腸の働きが活発になります。

 

 

腸の動きは「副交感神経」で調節されています。
しかしストレスをかかえると自律神経のバランスの乱れにつながり、副交感神経がうまく働かなくなってしまいます
バランスが崩れ、交感神経が優位になりすぎると、腸の動きが活発化されずに便秘になりやすくなるのです。

 

ストレスによる便秘の特徴

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

便秘になる原因は様々ですが、ストレスが原因である場合、次のような特徴が見られます。
あなたのお通じにはこのような症状はありませんか?

 

下腹部が痛いのに便が出ない
ウサギのふんのようなコロコロした便が少量出る
残便感がある
便秘と下痢が交互に繰り返される

 

ここで注意したいのは、便が出ていたとしても、コロコロとしたウサギのようなふん状態であれば、立派な便秘状態なのです。

 

こういった「痙攣性便秘」の症状が悪化してしまうと、「過敏性腸症候群」になってしまう可能性があります
過敏性腸症候群も残便感の要因となりがちです。

 

「過敏性腸症候群」になってしまうと・・・

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

ストレス性の便秘が悪化し、「過敏性腸症候群(IBS)」を発症することがあります。

 

これはストレスがかかる場所に行こうとすると、急に腹痛が起きてトイレに引きこもる・・・といった状態が続き、ひどくなると通勤なども難しくなってしまいます。
出勤前になると、腹痛が起きるというのもその一種です。

 

また、下痢だけの人、便秘だけの人、便秘と下痢が交互に繰り返される人、その症状には個人差があります。
いずれの症状でも、残便感が伴うのも特徴の一つです。

 

過敏性腸症候群かもしれなチェック項目

出かけようとすると腹痛が起きる
数日間便秘が続くと下痢になる、という症状が1ヶ月以上続いている
会議での発表等、緊張してしまう時になると腹痛が起きる

 

過敏性腸症候群は、日本を含む先進国に多く、日本人の有病率は10%〜15%とも言われます。
腸と脳は神経によってつながっているため、脳が不安やストレスを感じると、それが腸に伝わり、腸が痙攣して蠕動運動が強くなるため、このような症状が発生してしまいます。

 

こういった症状でお悩みの方は、早めに病院で受診することをお勧めします。

 

しかし現在、過敏性腸症候群の特効薬はなく、ストレスを和らげる薬や整腸剤などを使用することで症状を緩和できる場合があります。
腹痛が起きる不安でさらにストレスがかかり、外出さえもできなくなってしまう場合もあるので、まずは受診し、症状を少しずつでも改善していきましょう。

 

と同時に、ストレスの原因となることを解明し、取り除いていくことが大切です。

 

一般的な便秘解消法が逆効果?!

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

便秘が苦しくて一時的に下剤(便秘薬)に頼ってしまう、という人もいると思いますが、ストレスが原因の場合、これは逆効果になってしまいます。

 

ストレス性の便秘は腸が過度にはたらき痙攣することから起きます。
下剤を飲むというのは腸を刺激して蠕動運動を活発にすることですから、すでに痙攣状態の腸をより刺激することで、お腹が痛くなるばかりで効果はあまり得られないのです。

 

また便秘に効果的と言われる食物繊維ですが、これもまた注意が必要です。
野菜等に多く含まれる不溶性食物繊維は腸の中でふくれて蠕動運動を活発にします。

 

しかしこれもまたストレス性便秘には、下剤と同じ理論で逆効果なのです。

食事を見直しながらストレス改善!

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

ストレスがたまると暴飲暴食になりがち、または逆に食欲が落ちる、という人もいるでしょう。
お酒でストレス解消!という方もいると思いますが、弱っている胃腸に負荷をかけては、便秘がますます悪化してしまうこともあります。

 

まず暴飲暴食や過度な飲酒は控えましょう。

 

胃腸にやさしい和食中心の食生活がおすすめです。

 

またストレスで食欲がわかない人は、食事を取らないことで胃散が出過ぎて内臓が荒れてしまう危険があります。
ヨーグルトなど食べやすく、かつ栄養価の高いものを少しずつでもとるようにしましょう。

 

 

無理は禁物!ストレスを溜め込みすぎない生活に

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

ストレス性の便秘は、自分に合ったリラックス方法で体を休めることが、最も効果的な解消法と言えるでしょう。

 

意識的にストレスを溜め込まない生活に改善していく必要があります。

 

しかし、ストレスの中には自覚できていないものもあります。
自分が頑張らなくてはいけないと気を張っていると、そのストレスにさえ気づかずに過ごしてしまいがちです。
気づかない程度なら大して影響はないのでは?と思いがちですが、知らず知らずに体に影響は出てくるのです。
今まで何の問題もなかったのに、急に便秘に苦しむようになった・・・という人は、ストレスが原因かもしれません。

 

残業や休日出勤も見直してみて、休日も無理せず体をゆっくり休めるようにしてみましょう。

 

悩んでいることは溜め込みすぎず、話してみるだけで気持ちが少しでも軽くなるかもしれません。
職場の人間関係の悩み等はどうしても話しにくい、という方は、同じ悩みを抱えるSNSを利用するのも一つの方法です。

 

副交感神経アップを意識してみる!

ストレスは自律神経のバランスを乱し、副交感神経を低下させます。
副交感神経を正常に働かせ、便通を良くするために、普段から副交感神経アップにつながること=リラックスできる時間を作れるよう心がけてみましょう。

 

ゆっくりお風呂に入る

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

ぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。
血行が促進され、冷えの解消、消化機能の動きも活発になります。
お風呂でできるマッサージ等を取り入れて、仕事で疲れた体をケアしてあげましょう。

 

 

食事はゆっくり楽しく

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

食事をすると副交感神経が働き消化活動が始まります。
しかし食事時間が短かったり、急いで食べ物を流し込むような食事では交感神経が優位のままです。
リラックスしながら食事をとれるように意識してみましょう。

 

 

日記をつけてみる

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

スケジュール帳にメモ程度でも構いません。
その日あったことや気になったこと、感じたことなどを書き出すことで、自分と向き合う時間ができます。
気持ちに余裕を持つということが、とても大切です。

 

 

副交感神経を優位にする深呼吸

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

仕事などで忙しい日々を過ごしていると、イライラしたり、気持ちに余裕がなくなったります。そのような時は無意識のうちに交感神経が優位になっていると思われます。
緊張していて落ち着こうとする時に深呼吸をしますよね。
吐く呼吸を長くすることは、副交感神経を優位にさせることにつながるのです。

 

残便感を改善するために、ストレスに負けない腸内環境を整える方法

ストレスは我々の生活と切っても切り離せないものでもあります。まったくストレスを感じない状態で暮らしていくのは非常に難しいでしょう。

 

そのため、多少のストレスを感じても、便秘になりにくい腸内環境を整えることが重要です。

 

 

まとめ

1 我々は仕事やプライベートで、様々なストレスを抱えています。
 ストレスが残便感を引き起こす便秘の原因でもあります。

 

2 胃腸はストレスの影響をうけやすく、ストレスからくる便秘を「痙攣性便秘」と呼びます。

 

3 痙攣性便秘が長期間続いて症状が悪化してしまうと「過敏性腸症候群」になる可能性があります。

 

4 ストレスはなるべくためないようにし、発散することが大切です。

 

5 多少のストレスを感じても、便秘になりにくい腸内環境を整えることが大切です。

 

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る