残便感 原因 便秘 睡眠不足

残便感につながる便秘の原因 睡眠不足

スポンサーリンク

残便感解消,便秘解消法,オリゴ糖,カイテキオリゴ
便秘は残便感につながる大きな要因になります。
そして、便秘解消の基本は、食生活や規則正しい生活など、便秘の原因となるライフスタイルを見直すことから始まります。

 

規則正しい生活と言えば、早寝早起きですが、仕事によってはシフト制の勤務であったり、残業等で帰宅が遅かったり、子育てや家事など、なかなか早い時間の就寝が難しい場合も多いですよね。

 

就寝時間がどうしても遅くなる方も、日によって不規則になってしまいがちな方も、睡眠時間は充分とりたいものです。
睡眠不足は残便感の要因となる便秘をはじめ、さまざまな体の不調を引き起こす要因になります。

 

睡眠不足はなぜ便秘になり残便感を引き起こしやすくなってしまうのか、便秘解消のためにはどのような睡眠が有効のか詳しく見ていきましょう。

 

残便感,原因,改善,便秘,睡眠不足

 

睡眠不足になると、寝ている間に作られるはずの便が作られず、便秘を引き起こします
また、自律神経のバランスが崩れ、腸の動きにも影響を及ぼし、便通異常(便秘や下痢)を起こしやすくなります。

 

便秘や下痢は残便感を引き起こす要因となりますので、睡眠不足は改善するようにしましょう。
また、仕事や生活環境などで改善が難しい場合は、乱れた腸内環境を整えることで、便通改善をするようにしましょう。
腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やすことが重要です。


 

人々が睡眠不足になる理由

睡眠不足は便秘を引き起こし、残便感を招きやすい原因の1つです。
特に、働く人々は睡眠不足に陥り、便秘になりやすいのですが、働く方々が睡眠不足になる理由がいくつかあります。

 

終業時間が遅い

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

中でもフルタイムで働く人々の多くは帰宅時間が遅くなりがちです。

 

残業がほぼ当たり前になっていたり、サービス業で店舗の閉店時間が遅かったり、シフト制勤務で終業時間が遅かったり、とそれぞれに理由があります。デパートやスーパー、小売店などでは、比較的早い閉店時間であっても19時半や20時、最近は21時や22時閉店のお店も多く、さらには深夜営業も増えています。そのような場合、閉店後に事務処理などで残業をしていると、退勤時間は21時から24時になってしまい、そこから帰宅して、どうしても就寝は遅い時間になってしまう・・・というケースも多いでしょう。

 

特に管理者や責任者は最後まで業務をこなす必要があったり、店舗や職場の施錠などもありますから、退社時間は一番遅くなりがちです。
それから、年末や締日、繁忙期は期間限定だとしても、業務量が多くなったり、営業時間が遅くなったり、行うことが多くなり残業時間が増えたりします。

 

閉店時間や退社時間が遅ければ遅いほど、就寝時間が遅くなり、睡眠不足となりがちです。

 

 

24時間営業が増えた

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

24時間営業といえばコンビニが真っ先に思いつきますが、今ではスーパーや家電量販店、ジム、サウナ、漫画喫茶、ファミリーレストラン、ファーストフード店など、多業種で営業時間が延びています。

 

そのため、そのような24時間営業のコンビニやファーストフード店などのサービス業の夜勤で働くこともありますし、顧客として深夜に気軽に利用することも出てきます。通常寝ているはずの深夜に動いたり、サービスを利用することで、当然睡眠不足の要因が増えてしまいます。

 

特に、人間が本来寝るべき時間に働くというのは非常に身体に負担がかかりますし、睡眠不足になりがちです。常に夜勤で働いている人は昼間に十分な睡眠時間を取れれば良いですが、日の光や騒音などで眠りが浅くなりがちですし、昼間にやるべきことや予定があれば必然的に睡眠不足となります。学生や主婦のアルバイト・パートの場合は、昼間も非常に忙しい生活でしょうから、睡眠不足になってしまう可能性が高くなります。

 

それから、顧客としてサービスを利用する場合も、24時間営業でなければ利用せずに就寝したり、翌日にまわしたりするものの、営業しているからこそ夜間に利用し、睡眠時間を削ってしまうこともあります。

 

世の中が便利になることで、睡眠不足になる要因が増えているとも言えます。

 

 

プライベートの充実

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

仕事が終わってからの飲み会やデート、ジム通いなど、プライベートの時間も予定がいっぱい!という人も、やはり帰宅時間が遅くなってしまいがちで、睡眠不足になりやすいのです。

 

例えば、ジムで身体を鍛えることは男女関係なく非常に良いことです。この先も長く健康に働いたり生活していくには体力は必要ですし、鍛えられた身体は魅力的に映ったりもします。しかしながら、ジムに通うために睡眠時間を削ったり、ジムの後に、外食や飲酒などで偏った食生活を送っていたり、夜遅くまで起きていて寝不足となってしまっては、本末転倒です。必要最低限の睡眠時間は確保したうえで、プライベートの充実をはかるのが理想的です。

 

また、夕食から就寝までの時間も非常に大切です。食事会や飲み会などに参加して、たくさん飲んだり食べたりして、家に帰ってきてすぐに寝る、という生活は睡眠不足の他にも便秘の原因を作り出しています。睡眠時間が短くなると、本来、寝ている間に作られているはずの便が作られず、便秘の原因になってしまいます。残便感を感じる人の中には、前日食べたものが残っている気がする、と感じる人も少なくありません。

 

食べたものの消化時間を考えると、就寝時間の3時間前までに夕食を終わらせるのが理想の生活なのです。また時間がない時には、消化の良い食事を摂るようにしたり、食事の支度に時間がかからないよう工夫することが大切です。冷凍おかずの宅配「わんまいる」は、レンジや湯せんなどの利用のみで手軽に食事ができるのでおすすめです。スーパーなどで販売されている冷凍食品とは異なり、高級料亭の味が家庭で味わえる上に、栄養士によって栄養バランの良いメニューとなっていたり、野菜やお肉、魚などの素材にもこだわりをもっていますので、健康にもとても良いです。

 

簡単、便利、美味しい「旬の手作りおかず・健幸ディナー」

栄養価の高い旬の国産野菜を100%使った簡単・便利な人気の冷凍惣菜です。
管理栄養士と老舗惣菜店舗に全面協力を依頼して完成した「旬の手作りおかず・健幸ディナー」は主菜5品、副菜10品でお届けします。
手作り惣菜が1品ごとに個包装されているのでとっても便利!
もちろん合成着色料、化学調味料は無添加です。毎日の食卓を安心で、より健やかにお楽しみ下さい。



 

プライベートの充実も人生の中で大切なことですが、残便感を引き起こす便秘を解消するには、睡眠不足につながるような行動は避けるようにしましょう。

 

睡眠不足が便秘につながる理由とは

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

では、睡眠不足はなぜ便秘になりやすいのでしょうか。

 

睡眠中は、体や脳を休めながらも「副交感神経」という自律神経が活発にはたらいています。

 

自律神経には「交感神経」「副交感神経」があり、休息中や睡眠中は副交感神経が優位に働きます。副交感神経が優位になると、消化管ホルモンである「モチリン」が十二指腸から分泌され、内臓の動きが活発化して、消化した食べ物を腸に移動しやすくなります。しかし本来寝ている時間に起きていると、活動している時に優位になる交感神経が刺激され、副交感神経の機能が低下してしまいます。

 

睡眠をしっかりととらないと、モチリンの分泌が十分に行われず、内臓の動きが活発化せずに、便が作られなかったり、大腸にある便がうまく直腸に送られなくなったりなど、便秘の原因となってしまうのです。便秘は残便感の主な原因となりますので、睡眠不足から残便感を引き起こしやすくなるのです。

 

また副交感神経の機能が低下すると、自律神経のバランスも崩れてしまいます。腸は自律神経によってコントロールされていますから、自律神経のバランスが崩れると、腸の動きが乱れやすくなります。腸の蠕動運動が活発化しなかったり、過剰になったりと、便秘や下痢を引き起こしやすくなります。便秘だけでなく、下痢も残便感を引き起こしやすい要因の一つですから、腸の動きを正常に保つためにも、睡眠時間の確保は非常に重要なことなのです。

 

さらに、副交感神経がはたらく時間が短くなると、便通異常(便秘や下痢)だけなく、体が充分回復できず、疲れがとれなかったり、様々な体の不調も引き起こしたりしてしまうのです。

 

睡眠時間が長くても眠りが浅ければ駄目?!

実は睡眠は時間の長さだけでなく、質がとても重要です。布団の中に入ってもなかなか眠れずに朝を迎えてしまった、何度も夜中に目が覚めてしまった、という経験は誰しもあるでしょう。十分に睡眠時間をとっているようで、実は眠れていない、という状態は睡眠不足と同じなのです。

 

では「良い眠り」とは一体どのような睡眠なのでしょうか。

 

 

1 2種類の眠り「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

寝ても寝てもなんだか疲れが取れない・・・そんな方は眠りが浅いのかもしれません。仕事で疲れすぎていたり、悩みを抱えていたり、大きなストレスを感じていると眠りが浅くなりがちです。また、興奮しすぎていても、なかなか寝付けず浅い眠りになってしまう、ということもあります。

 

通常、睡眠とは<浅い眠り>と<深い眠り>を交互に繰り返しています。「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」です。規則正しく、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を繰り返すことで、質の良い睡眠がとれるのです。

 

レム睡眠=浅い眠り

脳は起きているけれど体は寝ている状態

 

脳は活動し、記憶の整理や固定等をしていると考えられていて、覚醒時よりも知的な活動を行っていると言われています。夢を見るのもレム睡眠中で、この状態に起こされると比較的すっきりと目覚められ、夢の内容も鮮明に覚えている場合も多いです。

 

ノンレム睡眠=深い眠り

脳を休め、ストレスとなる嫌な記憶を遠いものにしてくれたり、自律神経のはたらきを正常に整え、ストレスに対応するホルモンを分泌する働きもあると言われています。

 

脳が休んでいるため、全身の筋肉に命令を下すことが少なくなり、筋肉の活動も少なくなります内臓の機能を調整する自律神経が、副交感神経優位になり、血圧、心拍数も下がります。

 

昼寝や居眠りは、だいたいノンレム睡眠なので、少しの時間でも脳の休息になります。

 

睡眠時間のうち4分の3がノンレム睡眠、4分の1がレム睡眠と言われ、だいたい90から100分くらいの周期で繰り返し、目が覚めるあたりにノンレム睡眠の時間が短くなり、自然に体と脳が覚醒に向かうのが自然の流れです。

 

眠りが浅いと思われる人は、このレム睡眠とノンレム睡眠のバランスが崩れてしまい、レム睡眠の割合が増えてしまっていることが考えられます。

 

 

2 質の良い睡眠をとるコツ

 

質の良い睡眠をとるには、まずは睡眠時間を確保しましょう。短い睡眠時間で質の良い睡眠をとろうと思っても、なかなか思うようにはなりません。また、「早く寝よう!」と身構えても、普段からその習慣がないとやはりなかなか寝付けず、かえって落ち着かなくなり眠れなくなる、ということもあります。

 

まずは眠りやすい環境づくりを心がけましょう。

 

カフェインを摂る時間に注意

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

カフェインは交感神経を刺激し、睡眠を妨げてしまいます

 

カフェインの効果は5〜6時間続くと言われるので、食後にコーヒーや緑茶などカフェインを多く含む飲み物をとる方は、遅い時間は避けた方がいいでしょう。カフェインの影響で興奮状態となりなかなか寝付けなくなります。リラックス効果のあるハーブティーやカフェインの入っていない麦茶などを摂るようにしましょう。

 

また、アルコール類も避けましょう。体内に入ったアルコールを分解するには、大量の水分が必要となり、水分不足を招くことにもなります。水分不足になると、質の良い睡眠がとれても便秘を引き起こしやすくしますので、注意が必要です。

アルコールは水分補給になりません。水分不足は便秘を引き起こします!

 

入眠前のリラックスタイム

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

好きな音楽を聞いたり、本を読んだり、ストレッチなどをすることで、脳や身体をリラックスさせ、眠りやすい環境を作りましょう。

 

ストレッチは冷えを予防するためにも効果的です。冷えは便秘の原因にもなりますし、体が冷えてしまうとなかなか寝付けないこともあります。また、睡眠やリラックスを誘うラベンダーやカモミールなどのアロマの香りで落ち着かせるのもいいでしょう。

 

入眠前には部屋の照明も少し落として、心地よく眠れる準備をしましょう。

 

入浴は就寝30分以上前が目安

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

リラックスといえばゆったり入浴・・・ですが、実は入浴で体をしっかり温めて血行が良くなるとかえって目が覚めてしまう事につながるのです。

 

熱い温度での入浴は入眠を妨げやすくなってしまうので、38〜40℃くらいの温度でゆっくり入浴するのが自律神経を落ち着かせる効果があります。入浴後、徐々に体温が下がり安定してくるころが眠りに入りやすいタイミングと言われ、個人差があるので、自分にとって心地よく眠れるタイミングを探してみましょう。

 

また、シャワーだけで終わらせてしまうのも、体の巡りが悪くなり、便秘の原因となってしまいます。そして、せっかく入浴で体を温めても就寝する頃には湯冷めしてしまってなかなか寝付けない、ということもあります。そのような場合は、「薬用ホットタブ重炭酸湯」を入れてぬるめのお湯でゆったりと入浴するようにしましょう。体の芯から温まり湯冷めを防ぐだけでなく、快眠を誘う効果も期待できます。日中、気候やエアコンによって体の芯まで冷え切ってしまうこともあります。「薬用ホットタブ重炭酸湯」でゆったり入浴することで、体を温めリラックスし、疲れを翌日に持ち越さないようにしましょう。

 

残便感を引き起こす便秘解消をはじめ、毎日健康的に過ごすには、良い眠りを得ることは非常に重要です。
就寝前のリラックスタイムを過ごし、質の良い睡眠をとれるようにしましょう。

 

スマホやゲーム・・・ブルーライトが睡眠不足を招く?!

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

睡眠が浅くなる原因にはストレス、運動不足のほか、スマホ等のブルーライトの影響が考えられます。仕事や家事が終わり、気づけば寝る直前までスマホを見ている・・・という人も多いのではないでしょうか。

 

ブルーライトとは、液晶画面を内側から照らす光のことで、室内灯を消してスマホ等の画面を見ると青みがかって見えます。実はスマホやパソコンなどのブルーライトは脳を活性化させる効果があります。眠ろうとしているときにスマホやタブレット、パソコンなどを見ていると、脳が活発になり、深い眠りに入れなくなってしまうのです。

 

日中仕事や子育てで疲れている分、夜はネットでストレス解消、スマホでゲームをして気分転換、と自分の時間を過ごしているという人も多いでしょう。しかし、夜寝る間際のスマホやタブレット、パソコン等の使用は避けましょう。

 

就寝前は刺激になることは避けて、できるだけゆったりと過ごしましょう。
質の良い睡眠が、自律神経を安定させ、排便リズムを整え、残便感を解消することにつながります。

 

夕食を食べてすぐの睡眠は駄目!

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

生活習慣によっては帰りが遅くなることも多く、夕飯を食べてすぐに就寝、という方もいるでしょう。しかし、眠る直前など遅い時間に夕食を食べると、朝起きた時もまだ胃に食べ物が残っていて、起きた時の空腹感につながらないのです。

 

また就寝前に胃が活発に動きすぎて、体が休まらず交感神経と副交感神経の切り替えもうまくいかなくなります。

 

夕飯は、できるだけ眠る3時間前には済ませましょう。
また、就寝までに時間がない場合は、消化の良いメニューを心がけましょう。

 

 

睡眠不足に関係の深い「モチリン」

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

睡眠中、消化管ホルモン「モチリン」が分泌されるには8時間以上空腹でなくてはいけません。
夕食後8時間睡眠がとれていれば、モチリンが分泌され、腸がしっかりと動いてくれますが、睡眠不足の場合はモチリンの分泌が不十分となり、便秘になりやすくなるのです。

 

またモチリンは消化が終わってから分泌されるホルモンです。
そのため、夕食のメニューは消化を考えてとることが大切です。

 

消化に要する時間は、実は食べ物によって異なります。

  • 果物・・・約40分
  • 野菜・・・約2時間
  • ごはん、パン、うどんなどの炭水化物・・・約2〜3時間
  • 肉、魚などのタンパク質・・・約2〜4時間 ※ソーセージなどの加工品は12時間以上

 

その後、小腸で7〜9時間、大腸では10時間ほど滞在すると言われ、食べたものが排泄されるまでは24〜72時間ほどかかります。

 

どうしても夕食が遅くなりがちで食べてすぐに眠る・・・という方は、なるべく消化の良いメニューにして、モチリンの分泌を促しましょう。消化に時間のかかる肉類を避けるのも一つの方法でしょう。またおなかがすいて眠れない、という方は、温かい牛乳がオススメです。

 

 

眠りを妨げてしまう「寝酒」

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

お酒を飲むとよく眠れそうなイメージですが、寝酒として、寝るためにアルコールの摂取をするのもあまりよくありません。

 

アルコールが体内に入ると、分解するときに分泌される「アセトアルデヒド」という成分がノンレム睡眠を妨げ、レム睡眠の割合を増やしてしまうのです。

 

また利尿作用や血行不良を起こしやすくことも睡眠を妨げる原因にもなります。

 

アルコールによる水分不足も便秘の元

 

残便感,原因,改善,便秘,睡眠不足

アルコールには利尿作用があるため、アルコールでとった水分以上に尿として体外に出てしまうこととなります。
そうすると、体内の水分が不足し、腸内も水分不足となる可能性があります。
これでは、便秘の原因をもう一つ増やすこととなります。

 

アルコールを飲む時には、その1.5.倍の水を飲むことが大切です。

 

 

睡眠不足は朝にも影響

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

睡眠不足は生活の乱れの始まりです。

 

睡眠不足になると朝も起きられず、そのため朝食をとらずに出かけてしまう生活が続き、便秘になってしまう・・・という悪循環に陥ってしまいます。特に独身の一人暮らしの方、その中でも多くの男性は朝食を摂らずに出勤しているようです。

 

しっかり睡眠をとり、朝すっきりと目覚め時間に余裕を持つことで、朝食を摂るようになり、排便につながる・・・という規則正しい生活が、やはり残便感を引き起こす便秘解消には理想的です。朝のうちにスッキリと排便を済ませることで、残便感解消につながるのです。

 

朝の時間に余裕をもって、出勤前に排便を済ませる

睡眠をしっかりととってモチリンの分泌が十分になされていれば、朝起きた時点で便が作られているはずです。

 

その便を、水分を補給したり朝食を食べたりすることで腸を刺激し、蠕動運動を促すことで排泄へと導きます。

 

朝食を食べてから排泄するまで20分かかると言われていますから、朝の時間に余裕がないと、出勤前に排便を済ませて便秘を解消する、という規則正しい生活が実現できなくなります。

 

また、通勤中に便意を感じても、時間に余裕がなければ我慢するようになってしまいます。便意を我慢し続けてしまうと便秘がより悪化して、より残便感が生じてしまいますから、要注意です。

 

便秘そのものが睡眠不足になる?!

実は、こんな悪循環もあるのです。

 

便秘に苦しんでいる人の中には、残便感やおなかの張りで睡眠が妨げられていることもあります。1週間以上便秘が続き、不快感で苦しい場合には、まずは便秘薬の力を借りて、現時点での便秘をまず解消するのも良いでしょう。まずは今の便秘を解消して、改めて便秘にならないような安眠生活を送れるようにしましょう。

 

ただし、便秘薬は常用は避けて!

 

残便感,サプリメント,カイテキオリゴ

あまりにもひどい便秘が続いている時、便秘で苦しくて寝れない時などは、便秘薬の力を借りてでも、腸に溜まっている便を排出することが大切です。

 

長期間便が腸内に溜まっていると、残便感を感じるだけでなく、口臭や体臭肌荒れ吐き気などの症状も出てきますし、場合によっては大腸がんや腸閉塞につながることもあります。それだけ便秘というのは怖いのです。

 

しかしながら、便秘薬の常用は絶対に避けましょう

 

便秘薬を常用していると、便秘薬で腸を刺激しないと排泄できない状態になってしまいます。自力で腸の蠕動運動で排泄することができなくなれば、より便秘を悪化させることになります。また、便秘薬で排泄を促していると、腸内の善玉菌も一緒に排泄されてしまいますから、腸内環境を悪化させてしまうこととなります。腸内環境を悪化させれば、便秘も悪化します。

 

そのため、便秘薬は本当にひどい便秘状態の時だけの使用として、腸内の溜まった便を排泄されてからは、腸内環境を整えて便秘になりにくい状態を作ることが非常に大切です。それから、便秘薬の使用は、市販のものを自己判断で購入するのではなく、必ず専門医の診察を受けて処方してもらうようにしましょう。

 

残便感,原因,改善,便秘,睡眠不足

また、便秘によって腸内の悪玉菌が増えると、その悪玉菌の影響で便秘が悪化してしまうのです。そのように悪玉菌が増えて腸内環境が乱れることで、便秘が悪化、便秘が悪化することで腸内の悪玉菌がより増加、そして便秘がさらに悪化…という悪循環を招いてしまいます。ですから、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えることが非常に重要なのです。腸内環境が整っていれば、多少睡眠不足やその他の便秘の原因となるような食生活や生活習慣の乱れが起きても、便秘になりにくくなるのです。便秘になりにく腸内環境を整えることで、残便感も改善できるようになります。

 

残便感を防ぐ腸内環境を整える方法

 

残便感を防ぐには、なんといっても便秘の解消が一番重要です。便秘の原因となる睡眠不足や他の原因(食生活の乱れ水分不足便意の我慢ストレスダイエットなど)を解消しつつ、乱れた腸内環境を整えることが非常に重要です。便秘の原因がどうしても解消出来ない場合や特定できない場合も、腸内環境を整えることで、便秘になりにくくなりますので、腸内の善玉菌を増やすことを試してみましょう。

 

腸内の善玉菌を増やすには、主に2つの方法があります。

  • 腸内のビフィズス菌(善玉菌)のエサとなるオリゴ糖を摂って、ビフィズス菌(善玉菌)を増やす方法
  • 善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を直接口から摂って、腸内の善玉菌を増やす方法

 

オリゴ糖を摂ってビフィズス菌(善玉菌)を増やそう!

もっともおすすめの方法は、オリゴ糖を摂って、腸内のビフィズス菌(善玉菌)を増やす方法です。

 

腸内のビフィズス菌を増やすのが、一番おすすめで手軽な方法です。ビフィズス菌はオリゴ糖をエサとして、活発化し、増えていきます。腸内に元々ある腸内菌を増やす方が、効果が期待できます。というのは、ビフィズス菌や乳酸菌はたくさんの種類があって、人によってタイプが異なるのです。そうなると、タイプに合わない菌の場合は、体内にとどまらずに排出されてしまうため、腸内の善玉菌を増やすことにはつながらないのです。

 

また、オリゴ糖は大豆やたまねぎなどの食品に含まれていますが、含有量が非常に少ないため、オリゴ糖食品を食べることが効率良くビフィズス菌を増やす方法です。数あるオリゴ糖食品の中でも、「カイテキオリゴ」が一番のおすすめ商品です。カイテキオリゴ」は、6種類ものオリゴ糖が配合されているだけでなく、便通改善に欠かせない2種類の食物繊維も配合。さらに、腸内のすむ30種類以上のビフィズス菌を活性化させることができるのです。ほとんどオリゴ糖商品は1種類で作られており、それだと、腸内にすむビフィズス菌のタイプが合わないと、腸内の善玉菌を増やすことにはつながらないのです。

残便感,原因,改善,便秘,睡眠不足

それから、オリゴ糖には消化性オリゴ糖と難消化性オリゴ糖があります。消化性オリゴ糖は腸に届く前に消化されてしまうので、腸まで消化されずに届く難消化性オリゴ糖を摂る必要があります。しかしながら、スーパーなどで安価に手に入るシロップ状のオリゴ糖は、ほとんどが消化性オリゴ糖が配合されています。また、シロップ状のものはオリゴ糖の含有量よりも糖分(砂糖)の方が多く含まれていることもあり、カロリーの高さも気になるところです。

 

そのため、腸内の善玉菌を増やすには、「カイテキオリゴ」のように、腸内のビフィズス菌をしっかりと活性化してくれるものがおすすめとなるのです。「カイテキオリゴ」は、コーヒーや牛乳に入れたり、熱に強いので直接料理の中に入れたりすることも可能です。手軽に摂取できますので、毎日続けられるのも大きなポイントです。

おすすめ商品:カイテキオリゴ

 

乳酸菌(善玉菌)を食べて、腸内の善玉菌を増やそう!

残便感,原因,改善,便秘,睡眠不足

腸内に善玉菌を増やすには、直接、善玉菌である乳酸菌を口から摂る方法があります。その際に気をつけないといけないのは、必ず、生きたまま腸に届く菌を摂ること、そして、多くの種類を摂ること、です。ヨーグルトなどに含まれるほとんどの乳酸菌は、腸に届く前に胃酸や胆汁によって死滅してしまいます。生きたまま腸に届く菌でなければ、腸内の善玉菌を増やすことにはつながりません。そこでおすすめなのは、「乳酸菌革命」です。

 

乳酸菌革命」には、16種類の主役級の乳酸菌が配合されていて、しかも有胞子乳酸菌のため生きたまま腸に届きます。また耐酸性カプセルを採用しているので、胃酸や胆汁から乳酸菌を守り、腸内の善玉菌を増やす働きをしてくれます。

おすすめ商品:乳酸菌革命

 

残便感,原因,改善,便秘,睡眠不足

 

もっともおすすめの方法は、「カイテキオリゴ」で腸内のビフィズス菌を増やしながら、「乳酸菌革命」を同時に摂って腸内の乳酸菌も増やす、という2つの方法を同時に行うことです。そうすることにより、より効果が期待でき、より早く腸内環境を整えることができます。

 

腸内の善玉菌であるビフィズス菌と乳酸菌を一気に増やすことで、より効果的に便通改善(便秘や下痢)ができ、残便感改善につながります。残便感改善には、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えてあげることが非常に重要なのです。


 

まとめ

1 睡眠不足になると、睡眠中優位になる「副交感神経」の機能が低下し、そのため消化管ホルモン「モチリン」の分泌が不十分となり、内臓の動きをが活発化されず便秘の原因となります。
2 睡眠時間の長さだけでなく、睡眠の質が重要です。眠りが浅いと、副交感神経が優位にはたらく深い眠りの「ノンレム睡眠」よりも、浅い眠りの「レム睡眠」が増えてしまい、睡眠時間を長くとっていても体が回復されません。
3 質の良い睡眠をとるため、カフェイン摂取の注意、リラックスできる時間を大切にし、眠りに入りやすい入浴などを心がけましょう。
4 ブルーライトは脳を活性化させ眠りを妨げるので、スマホなどは就寝前の使用は避けましょう。
5 消化しやすいように、できるだけ寝る3時間前には夕食をとるようにし、アルコールも眠りを妨げるので、寝酒はやめましょう。
6 腸内環境を整えるにはサプリメントに頼ることもオススメの方法

おすすめ商品:カイテキオリゴ

おすすめ商品:乳酸菌革命

 

残便感を引き起こす便秘解消のため、睡眠不足とならないような規則正しい生活と質のよい睡眠を意識してみましょう。

 

そして、仕事や生活習慣で、どうしても睡眠不足が解消されないという場合でも、便秘になりにくい状況作り出すようにしましょう。
そのためには、善玉菌を増やして腸内環境を整えて、便秘になりにくくすることが大切です。

 

 

「残便感改善ナビ」TOPに戻る

スポンサーリンク