残便感 改善 便秘解消

残便感改善ナビ。スッキリ!を取り戻す方法

当サイトでは、「残便感」の原因と改善法について、徹底的に、分かりやすく解説していきます。

 

残便感は放っておくと、口臭や体臭、痔、イライラなどの症状が出ることもあります。また、残便感の陰に大きな病気が隠れていることもあります。

 

中には命にかかわることもありますので、残便感は放っておかずに、早急に改善することが重要です。

 

残便感,改善

 

残便感は、改善することが可能です。
そのためには、まず残便感について知りましょう。まずは、あなたに当てはまる原因を知り、適する改善方法をしっかりと実行しましょう。
そうすることで、スッキリ!と快適な状態を取り戻すことができます!!


 

今からできる! 「残便感」を改善する方法

残便感の原因は、主に、<便秘><病気><自律神経の乱れ>です。
思い当たる病気がある場合は、すぐに専門医師の診察を受けるようにしましょう。場合によっては命にかかわることがありますので、早急に受診することをオススメします。

 

そして、残便感以外に特別な体調不良や症状がない場合は、腸内環境の改善が必須となります。

 

もちろん、残便感の改善には、まずは便秘の原因となっていることを突き止め、改善することが第一です。しかしながら、場合によっては容易に改善できないこともありますし、原因が特定できない場合もありますので、同時に便秘になりにくい腸内環境を整えてあげることが非常に有効なのです。そして、腸内環境が整えば、多少便秘の原因となることが発生しても、便秘になりにくくなります。

 

また、自律神経の乱れからくる残便感の場合でも、腸内環境を整えることで、腸の蠕動運動を正常に近づけてあげることが大切です。

 

残便感を改善するには、腸内環境を整えるということは非常に重要なことなのです。

 

 

残便感,改善

 

残便感を引き起こす便秘の原因となることは、人それぞれ異なります。まずは、各人便秘の原因となっていることを割り出し、改善することが大切です。しかしながら、場合によってはその原因を解消することが難しいこともあります。

 

そのため、便秘の原因を解消すると同時に、腸内環境を整えるようにしましょう。便秘や下痢になっている腸内は、悪玉菌が優勢となっていて、腸内環境が乱れています。善玉菌を増やして、腸内環境を整えてあげることで、便秘や下痢になりにくくなります。

 

そして、腸内環境を整えるには、規則正しい食生活や生活習慣を心がけることも大切ですが、効率的に最速で残便感を改善するには、オリゴ糖や乳酸菌などのサプリメントの力を借りることが非常に有効です。


 

 

残便感改善に有効なアイテム一覧

善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」を摂る

残便感改善には必須のアイテム。腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やすには、エサとなるオリゴ糖の摂取が不可欠です。オリゴ糖を摂ることで、腸内のビフィズス菌を活性化させて増やすことができます。そして、オリゴ糖の選び方を間違えると、善玉菌を増やすことにはつながらなくなりますので注意が必要です。

 

生きたまま腸に届く「乳酸菌」を効率良く摂る

腸内の善玉菌である乳酸菌を増やすには、直接口から摂るという方法があります。ここで注意しないといけないのは、生きたまま腸に届く乳酸菌を摂らないといけない、ということです。ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌やビフィズス菌の多くは、腸に届く前に胃酸や胆汁で死滅してしまうものがほとんどなのです。

 

発酵乳を食べて善玉菌を増やすなら「ケフィア」

発酵乳の代表格であるヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が含まれていますが、腸に届く前に死滅してしまうものがほとんどなのです。生きたまま腸に届き、腸内の善玉菌を増やすにはヨーグルトに似た発酵乳「ケフィア」がおすすめです。多種の乳酸菌と多種の酵母で発酵しており、腸内の善玉菌を効率良く増やします。

 

乳酸菌サプリや発酵乳が効かなかった人のための「乳酸菌発酵エキス」

今まで乳酸菌サプリメントや発酵乳を試しても効果を感じられなかった人におすすめの「乳酸菌発酵エキス」配合のサプリメント。乳酸菌そのものではなく、厳選された乳酸菌を共棲培養して生成させた短鎖脂肪酸が主成分。体に直接有用な成分を届けることができ、体内にしっかりと吸収、善玉菌を増やします。

 

体を芯から温めて残便感改善を助ける「入浴剤」

体が冷えていると血行不良や睡眠不足、自律神経の乱れなどの原因となり、それらは腸の動きに影響し、便秘や残便感を引き起こします。そのため、体を芯から温めることで血行促進、質の良い睡眠の確保、自律神経のバランスを整えることにつながり、腸内環境を整える助けとなるのです。

 

善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」を摂る

残便感の改善には、腸内環境を整えることがもっとも重要です。
オリゴ糖は腸内のビフィズス菌(善玉菌)のエサとなり、ビフィズス菌を活性化させて増やすことができます。
イチオシのオリゴ糖は人気の高い「カイテキオリゴ」、そして100%オリゴ糖でできている「はぐくみオリゴ糖」です。

 

カイテキオリゴ

 

イチオシのオリゴ糖!腸内のビフィズス菌を活性化させて善玉菌を増やす

 

残便感,改善

腸内のビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖ですが、数あるオリゴ糖商品の中でも最もおすすめなのが「カイテキオリゴ」です。「カイテキオリゴ」は6種類のオリゴ糖の他、2種類の食物繊維も配合していて、腸内環境を整えるのに大切な成分が豊富。
しかも、独自の「EOS理論」により腸内にすむ30種類以上のビフィズス菌をほぼ活性化させることができ、非常に効率良く善玉菌を増やすことが可能になります。
そして、生まれたばかりの新生児から高齢者、妊婦まで食べることができて、多くの方が効果を実感している人気商品です。さらに、効果を感じられなければ、全額返金保証があるので、気軽に試せるのも大きなポイントです!

 

商品情報

オススメ度

商品タイプ

簡単度

利用方法

★★★★★ パウダー状 ★★★★★ 1日5g目安、食べるだけ

通販情報

価格

送料

返金制度

購入方法

2,270円〜 有料181円 あり 当サイトからアクセス!


残便感,改善

 

はぐくみオリゴ

 

純度100%のオリゴ糖。難消化性オリゴ糖でしっかりと善玉菌を増やす

 

残便感,改善

「はぐくみオリゴ」は5種類のオリゴ糖が配合されており、100%のオリゴ糖だけでできています。純度の高いオリゴ糖を求めている方や、普段の食生活で食物繊維を十分に摂れている方におすすめ。
また、「はぐくみオリゴ」に含まれるガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース(ビートオリゴ糖)、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖は、腸まで消化されずに届く難消化性オリゴ糖ですので、腸内でしっかりと善玉菌を増やす働きをしてくれます。同じオリゴ糖でも、腸に届く前に消化されてしまう消化性オリゴ糖では、ビフィズス菌のエサとはならないのです。
「はぐくみオリゴ」を3ヶ月以上愛用している人の92.7%が効果を感じている実力派オリゴ糖です。

 

商品情報

オススメ度

商品タイプ

簡単度

利用方法

★★★★☆ パウダー状 ★★★★★ 1日10g目安、食べるだけ

通販情報

価格

送料

返金制度

購入方法

1,840円〜 定期コース無料 あり 当サイトからアクセス!


残便感,改善

 

 

生きたまま腸に届く「乳酸菌」を効率良く摂る

腸内環境を整えるには、直接口から乳酸菌(善玉菌)を摂って、腸内の善玉菌増やす方法があります。
乳酸菌選びで大切なことは、生きたまま腸に届くものを選ぶことです。
オリゴ糖と一緒に摂ることで、より効率良く腸内の善玉菌を増やすことにつながります。

 

乳酸菌革命

 

有胞子乳酸菌サプリ。ヨーグルト10個分の乳酸菌を2粒で摂る!

 

残便感,改善

「乳酸菌革命」は、1日分でヨーグルト10個分の乳酸菌を手軽に摂れることができるサプリメントです。
ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌という話題の3大乳酸菌を含む、16種類500億個の乳酸菌が1袋に含まれています。
しかも、ただの乳酸菌ではなく有胞子乳酸菌なので、耐熱性に優れていて、胃や十二指腸で死滅せずに、生きたまま腸に届く強い乳酸菌になります。また、耐酸性カプセルを使用しているため、酸やアルカリから乳酸菌を守ります。
「乳酸菌革命」は1日2粒で、豊富な乳酸菌を摂ることができ、効率良く腸内の善玉菌を増やすことが可能となります。

 

商品情報

オススメ度

商品タイプ

簡単度

利用方法

★★★★★ カプセル状 ★★★★★ 1日2粒目安、飲むだけ

通販情報

価格

送料

返金制度

購入方法

2,730円〜 無料 なし 当サイトからアクセス!


残便感,改善

 

カルグルト

 

日本人に馴染み深い、こだわりの乳酸菌5種類を厳選

 

残便感,改善

「カルグルト」は顆粒状の乳酸菌サプリメントです。日本人に馴染みの深い「植物性乳酸菌」や「健康な人由来の乳酸菌」である、厳選された5種類の乳酸菌が配合されています。
腸内にすむ乳酸菌は、居住環境や食習慣によって、種類が異なると言われています。そのため、日本人に合う乳酸菌を摂ることで、より効率的に腸内の善玉菌を増やすことができるのです。
また、「カルグルト」は1回分ずつ個別包装されていて、雑菌繁殖の心配もありませんし、持ち運びにもとても便利です。温水や牛乳に溶かしたり、サラダにかけたり、そのまま食べたり、と毎日無理なく、手軽に摂取することができます。

 

商品情報

オススメ度

商品タイプ

簡単度

利用方法

★★★★☆ 顆粒 ★★★★★ 1日1包目安、飲むだけ

通販情報

価格

送料

返金制度

購入方法

980円〜 無料 なし 当サイトからアクセス!


残便感,改善

 

 

発酵乳を食べて善玉菌を増やすなら「ケフィア」

腸内の善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を増やすために、発酵乳を食べる人も多いと思います。
発酵乳といえばヨーグルトが有名ですが、より効率良く善玉菌を増やすなら、「ケフィア」がおすすめです。
自宅で簡単に作れるケフィアをご紹介します。

 

オリジナルケフィア

 

多種の乳酸菌と多種の酵母で発酵、毎日の「ケフィア」習慣

 

残便感,改善

「オリジナルケフィア」は、ヨーグルトに似た発酵乳です。ヨーグルトが1〜2種類の乳酸菌で発酵していることに比べ、ケフィアは複数の乳酸菌と複数の酵母で発酵しているのが大きな特徴で、その分、効率良く腸内の善玉菌を増やすことができるのです。
毎日のヨーグルトを、「オリジナルケフィア」に変えるだけで、グッと腸内環境を整える効率が上がります。
それから、「オリジナルケフィア」は、牛乳だけでなく、豆乳や調整乳、加工乳でも作ることができて、常温で発酵する手軽さがポイントの一つです。いつでも新鮮なケフィアをご自宅で食べることができます。
また、「美容」「健康」「ダイエット」効果まで期待できます。

 

商品情報

オススメ度

商品タイプ

簡単度

利用方法

★★★★★ 発酵乳 ★★★★☆ 作って食べるだけ

通販情報

価格

送料

返金制度

購入方法

980円〜 無料 なし 当サイトからアクセス!


残便感,改善

 

 

乳酸菌サプリや発酵乳が効かなかった人のための「乳酸菌発酵エキス」

今まで乳酸菌サプリや発酵乳を試しても、期待する効果が得られなかった人におすすなのが「乳酸菌発酵エキス」です。
乳酸菌を共棲培養して生成させた短鎖脂肪酸が主成分なので、腸に直接有用な成分を届けることができます。
簡単に食べられるスティックゼリータイプをご紹介します。

 

善玉元気

 

乳酸菌発酵エキスが直接有用な成分を腸に届ける、スティック状ゼリー

 

残便感,改善

「善玉元気」は、一般的な乳酸菌サプリメントとは異なり、無農薬栽培の大豆からとれた豆乳を16種類35株の乳酸菌やビフィズス菌で発酵させて抽出した、乳酸菌発酵エキスでできています。
乳酸菌発酵エキスは、腸内菌を介さずに、直接体に有用成分を届けることができるため、今まで、乳酸菌サプリメントや発酵乳で思った効果が得られなかった人にもおすすめです。
また、「善玉元気」は、1回分ずつ個別包装されたスティック状のゼリーなので、持ち運びにも便利ですし、食後のデザートやおやつ感覚で手軽に食べることができます。ブルーベリー系の酸味と程よい甘みがあり、とても食べやすい味です。

 

商品情報

オススメ度

商品タイプ

簡単度

利用方法

★★★★★ スティック状ゼリー ★★★★★ 1日1包目安、食べるだけ

通販情報

価格

送料

返金制度

購入方法

3,980円〜 無料 あり 当サイトからアクセス!


残便感,改善

 

 

体を芯から温めて残便感改善を助ける「入浴剤」

残便感の要因の一つに「冷え」があります。
体の芯からしっかりとポカポカに温めることで残便感改善の助けになったり、残便感による腹痛などを軽減する効果を期待できます
一般的な入浴剤とは異なる、芯から温まる入浴剤をご紹介します。

 

薬用ホットタブ重炭酸湯

 

血行促進と疲労回復で残便感改善をサポート。他とは違うポカポカ感

 

残便感,改善

「薬用ホットタブ重炭酸湯」は血行を良くし新陳代謝を高めることで、体の芯から温め、残便感を引き起こす便秘や下痢の原因となる冷えの改善や疲労回復効果を期待できます。
「薬用ホットタブ重炭酸湯」の有効成分である炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムが、しっかりと体の芯まで温め、ポカポカの温泉のような温浴効果を体感できます。
また、湯冷めしにくくなることから、質の良い快眠効果も高まり、朝スッキリ起きられるようになります。
体を温めることは、腸内環境を整えるための大きな助けとなります。オリゴ糖や乳酸菌サプリメントなどと一緒に併用がおすすめ。

 

商品情報

オススメ度

商品タイプ

簡単度

利用方法

★★★★★ 入浴剤 ★★★★★ お風呂に入れるだけ

通販情報

価格

送料

返金制度

購入方法

2,430円〜 無料 なし 当サイトからアクセス!


残便感,改善

 

「残便感」とは?

□排便したばかりなのに、まだ何か残っているように感じる
□便意を感じるのに、トイレに行くと何も出ない
□肛門付近に便が溜まっているような感じがする
□お腹がはって、便が詰まっているような感じがする
□1日に何度も排便する、一度の排便量が少ない

 

このような不快感を、「残便感(もしくは「便意感」)」と言います。

 

「残便感」の原因

残便感の原因は大きく3つあります。

 

便秘

残便感の原因で一番多いのは、「便秘」です。
便秘は、腸に何かしらの理由で便が溜まることです。時間が経つにつれ、便は腸壁に水分を吸収され固くなり、排泄されづらくなってしまいます。そのために、一度に排泄されずに腸内に残ってしまったり、便意はあっても排泄されずに残ってしまったりすることにより、残便感を感じるようになります。

 

病気

直腸やS状結腸に、大腸ガン(悪性腫瘍)、大腸ポリープができることで、腸が細くなり便通に支障をきたすことがあります。便秘状態になったり、便が細くなったりし、残便感を感じるようになります。また、出血を伴い、便の色が黒っぽくなることもあります。

 

自律神経の乱れ

腸の働きは自律神経によってコントロールされています。ストレスなどによって自律神経に乱れが生じると、便秘や下痢になったり、便が溜まっていないのに便意を感じる(便の誤認)ようになります。

 

「残便感」によって起きる症状

残便感があることによって起きる症状があります。

 

腹部がはる、溜まっているような不快感、痛み(タマリ)

残便感,改善

 

腹部がはっている、便が溜まっているような不快感、また痛みを感じることがあります。
これは、便秘により大腸に便が詰まっていて、出し切れていないことが原因です。
便秘の状態が悪化するほど、残便感を感じ、腹痛が強くなることあります。

 

 

肛門付近に詰まった感(ツマリ)

残便感,改善

 

便が出てもまだ肛門付近に残っているような、詰まっているような不快感が出ることがあります。
また便意を感じているのにも関わらず、排便されないという残便感が出ることもあります。
これは、直腸に便が詰まっていることにより起きる症状です。

 

「残便感」を感じる時の便の異常

残便感が生じている時には、便に異常が出ていることが多いです。便の種類によって、その原因が推定できることもありますので、便を観察することも残便感改善に役立ちます。

 

ウサギの糞のような固いコロコロ状態の便

残便感,改善

ウサギの糞のようなコロコロした小さく丸いもの。

 

便が腸内の長く留まったことにより、腸壁に水分を吸収され、固くなった状態です。水分が少なくなった便は排泄されづらく、残便感の原因となります。
これは、「便秘」が原因で起きることが多いです。

 

 

細くて長い状態の便

残便感,改善

いわゆるバナナうんちと言われる正常な便に比べて、細くて長い便

 

これは、腸内にポリープやガン、痔核などができることにより起きます。腸内がそれらの障害物により狭まり、その狭くなったところを通ることで、便が細く長くなります。
また、加齢などにより便を押し出す力が弱まり、細く長くなることもあります。

 

 

軟便や粘液状の便

残便感,改善

軟便や粘液状の便によって、1日の排便回数が多くなったり、1回の排便量が減ったりすることで、残便感が出ることがあります。

 

これは、ストレスなどによる自律神経の乱れが原因で起きます。
痙攣性便秘よる下痢や過敏性腸症候群、稀に薬などの服用によって生じます。

 

「残便感」改善のために

残便感を改善するには、原因に合わせた対処をとることが大切です。

 

便秘の解消

便秘による残便感の場合は、便秘を解消することが重要です。残便感のほとんどがこの便秘から引き起こされています。また、一言に便秘といっても、「器質性便秘」「一過性便秘」「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」と種類がありますので、ご自身の便秘がどれにあてはまるのかを知ることが大切です。

 

それから、便秘になる原因も知ることが大切です。原因によって、便秘の解消方法も異なってきます。

  • 睡眠不足

睡眠不足になると、自律神経のバランスが乱れ、便秘になりやすくなります。また、睡眠中に便を作る動きが鈍り、便秘を引き起こします。(詳しくはコチラ)

 

  • 食習慣

一般的に、食物繊維が不足すると便秘になりやすくなります。また、現代の食の欧米化が便秘を引き起こしていると言われています。(詳しくはコチラ)

 

  • 水分不足

体内の水分が不足すると、便に含まれる水分も不足し、固く排泄しづらい状態となることで便秘を引き起こしてしまいます。(詳しくはコチラ)

 

  • 便意の我慢

便意があるにも関わらず、排泄せずに我慢をし続てしまうと、だんだんと便意を感じなくなり、直腸性便秘となってしまいます。(詳しくはコチラ)

 

  • ストレス

ストレスを感じると自律神経のバランスが乱れ、腸の蠕動運動に支障をきたしやすいです。その結果、便秘や下痢を引き起こしやすくします。(詳しくはコチラ)

 

  • 服装とダイエット

体型に合っていない服装で体を締め付けたり、極端な食事制限をする無理なダイエットをしたりすることが、便秘の原因となることがあります。(詳しくはコチラ)

 

  • 腸内環境の乱れ

悪玉菌が優勢となり、腸内環境が乱れていると、便秘や下痢になりやすくなります。逆に、腸内環境が整っていれば、多少の便秘の原因となることがあっても、便秘になりにくくなります。(詳しくはコチラ)

 

加えて、便秘(や下痢)が原因で、切れ痔(裂肛)・いぼ痔(痔核)・あな痔(痔瘻)ができてしまったことによる残便感もあります。痔自体の改善も必要ですが、痔の原因となる便秘(や下痢)を解消しない限り、痔は悪化・再発するものです。根本的な解消をしないと、残便感はいつまでもスッキリしません

 

また、便秘の原因に関係がなく共通していることは、便秘(や下痢)になっている時には腸内に悪玉菌が増え、腸内環境が乱れていることです。そして、腸内環境が乱れていると、より便秘(や下痢)を悪化させる原因となってしまいます。そのため、善玉菌を増やし腸内環境を整えることが必要ですし、腸内環境が整うことで多少の便秘の原因となることが発生しても、便秘(や下痢)になりにくくなります。実はこの、腸内環境を整える、ということが一番重要なのです。

腸内環境を整える、おすすめのアイテムはこちら

 

 

専門医を受診

ポリープやガンなどによって引き起こされている残便感の場合は、専門医の受診が必要です。原因を特定し、それを治療すること。すでにポリープやガンが発症している場合は、自己改善による残便感の解消は難しいです。便秘の中でも「器質性便秘」の場合は、やはり何かしらの病気による便秘症状となりますので、同じく医師の受診が必要となります。

 

便は出ていても細く長いもの、便秘ではないのに残便感を感じる、という場合は早急に病院に行くようにしましょう。

 

それから、何かしらの疾患の治療や手術のために、残便感があることもあります。人によっては、腸内環境を整えることで改善したというケースもありますので、試してみる価値はあるでしょう。

腸内環境を整える、おすすめのアイテムはこちら

 

 

自律神経の乱れを改善

腸は自律神経によりコントロールされていますので、自律神経の乱れは排泄に直接影響してきます。腸の蠕動運動が正常に働かなくなり、便秘もしくは下痢気味となったり、便意の誤認が起きるようになったりし、残便感が出てきます。

 

ストレスなどにより自律神経の乱れを感じている場合は、その原因を明らかにし、解消すること、自律神経の乱れを整えることが重要です。自律神経は、寝不足や不規則な生活、更年期などによっても乱れます。

 

また、原因となることをすべて解消できない場合、原因を特定できない場合などは、腸内環境の乱れを整えることで、腸の調子を整えるようにしましょう。腸内環境を整えることで、多少のストレスを感じても、残便感などの排便障害が生じにくくなります。

腸内環境を整える、おすすめのアイテムはこちら

 

残便感改善!腸内環境を整えることは非常に重要!!

 

残便感は思っている以上にストレスを感じるものです。そして、そのストレスによって、さらに腸内環境が悪化し、残便感を深刻化させることもあります。

 

また、残便感をそのまま放置すると、腸内環境の悪化により、

などの症状やリスクが生じてきます。

 

残便感,改善

残便感は、絶対に放置してはいけないのです。

 

そして、残便感の原因となっている便秘や下痢、ストレスなどは、引き起こしている要因を解消することはもちろんのこと、腸内環境を整えることで改善につながるのです。

 

残便感改善のカギは、腸内環境の改善、と言っても過言でないほど、腸内環境を整えることは非常に重要なのです。